ウオーキング・観光



●富山へ日帰り欲張り旅行(その3)


■松川の夜桜見物

 本日(4月9日)が富山市の満開日とネットで確かめて出かけました。町の中心部、県庁や市役所があるビル街に花見の名所があります。「日本さくらの名所百選」に選ばれてるそうです。大阪の大川端の花見風景をうんと圧縮した感じ。川幅は京都の山科疎水と同じくらいです。


桜は樹齢100年近い老木が多く、間隔も狭いのでボリュウム感たっぷりです。今日は平日なのでオフイス街から繰り出したサラリーマングループがしっかり場所取りして宴会。ブルーシートの上にダークスーツの面々、なんだかなあ、の光景であります。新入社員が自己紹介している場面もあって、当人には大変な緊張シーンです。楽しいどころか、逃げて帰りたい人もいるはず。でも、ここでは毎年繰り返される定番風景なんでせう。


日が落ちるとライトアップされて余計なモノが見えなくなり、なかなかいい雰囲気です。夜店も10軒くらい出ていて呼び込みに必死、まあ、どこにでもある風景ですが。
 さうだ、家へ帰らなくては・・。そこらへんの居酒屋へ立ち寄りたいところ、我慢して富山駅へ。昼メシはコンビニおにぎりとあんぱん一個だったので「鱒寿司」と若鶴酒造「苗加屋」(砺波市)を買って19時56分発のサンダーバード最終列車に乗ります。ケチな発想ながら、十分中身の濃い日帰り旅ができました。(交通費約14000円=ジパング利用)



夜桜 

  

夕映えの水面
夜桜 




準備完了、みんなの来る前にグイッと・・。
夜桜 




貸し切りの遊覧船もあります。メニューはすき焼きらしい。
夜桜 




照明の色によって花の色が違って見えます。
夜桜 



そろそろ帰らなくては・・・ 。富山駅まで歩いて15分で行けます。
夜桜 





スポンサーサイト