読書と音楽の愉しみ



●百田尚樹著「至高の音楽 ~クラシック永遠の名曲~」を読む

 映画「永遠の0」鑑賞の帰り道に原作者、百田尚樹の本を2冊購入。本書と、もう一冊は「モンスター」

 著者は、レコードやCDの蒐集が2万枚を超えるという音楽マニア。原稿を書くときはBGMとして常に音楽を鳴らせている。「永遠の0」の感動シーンではマスカーニの「カヴァレリア ルスティカーナ」間奏曲をかけ、キーボードに涙をポタポタ落としながら執筆したという(ホンマか?)


本書では百田流名曲セレクションとして26曲を選び、解説や自分なりの思い入れを短く書いている。誰でも知っている「運命」や「第九」も入っているが、バッハの「平均律クラヴィーア曲集」とかラヴェルの「夜のガスパール」といった、ややなじみの薄い名曲もある。(付録に26曲のサワリが聴けるCDがついています。2013年12月 PHP研究所発行)


至高の名曲 


駄目男選「あの世でも聴きたい名曲CDベスト10」
 そこで、駄目男も思いつきました。百田センセイより余命が短いことから「あの世でも聴きたい名曲CDベスト10」を選びました。もっとも、あの世が極楽ならいいけど、ウン悪く地獄行きならCD持ち込み禁止、24時間労働になるやも知れず、名曲鑑賞どころではないでせう。


 1・バッハ「無伴奏ヴァイオリン パルティータ」
 2・バッハ「ゴルトベルグ変奏曲」
 3・モーツアルト「弦楽五重奏曲 ト短調 K516」
        モーツアルト「アヴェ・ヴェルム・コルプス」
 4・ベートーベン「交響曲第三番」
 5・ブラームス「交響曲第四番」
 6・ベルリオーズ「幻想交響曲」
 7・ブルックナー「交響曲第八番」
 8・ブルックナー「交響曲第九番」
 9・マーラー「交響曲第二番 復活」
10・シベリウス「交響曲第二番」


2014年1月現在で選んだら、こんなもんですか。交響曲が多くて重苦しい感じがします。ま、来年になったら3割くらい入れ替わったりして。百田センセイの選曲と重なっているのは、バッハのゴルトベルク、ベートーベンの3番、ベルリオーズの幻想、ブルックナーの8番、と4曲もあります。好みが似ているのか。ブラームスは、一番か四番か、迷いましたが、知名度は低いけど、思い入れの強い四番を選びました。



旅立ちの音楽はこれ!
あの世で聴きたい名曲は以上の通りですが、あの世へ行くときの、旅立ちの音楽として、ぜひ聴いてほしいのが,モーツアルト「アヴェ・ヴェルム・コルプス」です。短ければ2分30秒、長くても4分くらいの演奏時間。短いけれど、よくぞこんなに美しいメロディが書けたもんだと感心する、駄目男推薦「至高の音楽」です。

日頃、神も仏もあるもんかと、信仰心ゼロで暮らしてる人も、思わずしんみりしてしまいます。心が清められる音楽。キリスト云々はさておいて、世界中の人の魂を魅了できる名曲です。この曲を聴きながら息を引き取る・・を想像してみて下さい。最高のラストシーンだと思いますよ。


■歌詞はこのように訳されています。

めでたし、まことの御体、
処女マリアより生まれた方。
あなたは本当に苦しみを受け、犠牲となられた。
十字架のうえにて、人のために。
あなたの脇腹は刺し貫かれ、
 水と血が流れいでた。
私たちの先駆けとなってください。
死の試練の時に。 


■聴いてみたい人はこちらでどうぞ。(拍手が邪魔です)
http://www.youtube.com/watch?v=NIIwWaI6yNg


■このアカペラもすばらしい
http://www.youtube.com/watch?v=pLJXJCmrzQE



■少年合唱団が歌えば・・
http://www.youtube.com/watch?v=BGv7aveIEf4 



スポンサーサイト