大阪日暮綴



●ガメラシュミルコが二連覇・・大阪国際女子マラソン

 寒風ものかわ、長居陸上競技場へ駆けつけて・・実は買い物の帰りに寄り道してゴールシーンを見物。残念ながら、今年もウクライナのお姉さんがトップをさらい、期待された赤羽有紀子は2位に終わりました。
 だれがトップであれ、場外からトラックへ入ってきた瞬間は感動します。二番手との差が大きいときは、感動的+孤独感も強い。無人のトラックを一人旅してるって感じ。しかし、ゴールテープを切れば,一転歓呼の中のヒロインに。


ゴールテープを張って迎えてくれるのは8位までです。8位のランナーがゴールインすると、テープ係のおねえさんは、そそくさとテープを片付けてしまい、9位のランナーは単なるゴール通過人。この格差感、現場で観ると切ないくらいです。でも、勝負の世界だ、しゃーないか。(1月26日)


トップ、ガメラシュミルコのゴール
女子マラソン


2位、赤羽有紀子のゴール。このレースで引退するらしい。
女子


9位のゴール。テープは片付けてしまってます

女子 


寒いのに大勢の見物人で賑わいました。
女子

スポンサーサイト