閑人帳



●映画「ペコロスの母に会いに行く」キネマ旬報第一位に

 きなこさんからの情報。認知症をテーマにしたこの地味な映画が昨年度のナンバーワン作品に選ばれました。森崎東監督はじめ、スタッフ、キャストの努力が報いられて「風立ちぬ」なんかも押さえての一位です。この賞が如何ほどの権威をもってるのか知りませんが、大作=優秀作みたいな傾向で選んでいないことは今回の授賞で納得できます。


ベスト10のうち、駄目男が見たのは、「ペコロス」のほかに、二位の「舟を編む」七位の「風立ちぬ」の三本。「風立ちぬ」はもっと上位になっても・・と思うけど、なにが足を引っ張ったのでせうか。八、九、十位の作品は、存在すら知りませんでした。情報に疎いB級ファンなので仕方ないか。


キネマ旬報 ベスト10作品一覧
http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/2013/award/index.aspx#japan 


キネマ旬報


スポンサーサイト