閑人帳



●フジテレビ「地獄絵図」ポスター撤去

 7日の閑人帳に書いた、謹賀新年のポスターに地獄絵図の記事、フジテレビへの抗議殺到?で7日に撤去されました。フジは「予定通りの撤去」と言ってるそうですが、謹賀新年をうたう広告はふつう15日までが多いから、実際は抗議、苦情に耐えかねて撤去したのだと思います。


原画料、制作費、壁面のレンタル料、設置と撤去費用、合わせてン千万円の投資が全く広告効果を生まず、逆に企業の甚だしいイメージダウンを招く結果になりました。ポスターは撤去しても、フジテレビに対する悪印象は消えず、WEB上には画像を含む膨大な情報がストックされてしまったので、今後、コトあるたびにこの一件が攻撃材料に使われるでせう。それにしても、フジの経営者、幹部のアタマの悪さには感心するばかりです。


日本人は地獄に堕ちろ、とハデに訴えたのに、なんのことはない、フジテレビ自らが地獄へ転落してしまいそう。経営陣、株主をごっそり入れ替えないと再生は難しい。


■参考記事と画像
http://news.livedoor.com/article/detail/8414279/


悪評のため、わずか一週間で撤去された巨大ポスター
フジテレビポスター撤去
 



スポンサーサイト