FC2ブログ

閑人帳 

閑人帳
07 /31 2020



●貧乏症

 特別給付金10万円が入ったら寿命がきたプリンターとシェーバーを買い替えようと予定していた。予算は両方で1万5千円ナリ。
 6月1日、申請書を郵送した。
 6月2日、冷蔵庫が故障した。
あちゃ~~・・。このタイミングの良さ、いや、悪さ。うちには貧乏神が住みついておる、と確信したのであります。本当は寿命がきて、たまたまその日に運転停止しただけのことですが、それを貧乏神のせいにする。貧乏神ではなく己の貧乏性が正しい。しかし、冷蔵庫は貧乏主のために16年間コツコツ働いて疲れ果てた。主が申請書を書いてポストへ入れに行くのを見届けて息絶えた、と思えば腹は立たない。よく働いてくれたと感謝するべきかもしれない。

 なんて、感傷にふけってる場合か。再び貧乏性のスイッチがONになって庫内の食品を救済すべく電器店へかけつける。運良く前と同じ220Lの商品があって注文した。ブランドはYAMADAとある。ヤマダデンキがどこかに作らせているらしい。値段は39800円。その安さに驚きつつ手配してもらって食品は捨てずに済んだ。ここでは貧乏性が役立った。(消費税や旧商品引取費用合わせて合計52500円)

 キヤノンのプリンターも8年間故障無しで働いてくれた。インクタンクが無駄にならないよう、ご機嫌を伺いながらヨレヨレ状態で使い、なんとか使い切った。新しく買ったのもサイテークラスの商品でヨドバシカメラに注文したのはインク付き・税込み・送料込み・で6600円。ならば本体は4000円以下かもしれない。どう考えても赤字製品だけど、インク代で仇をとる、というのがプリンターメーカー共通の作戦です。

・・・というわけで、プリンターとシェーバー合わせて11000円と予定より少し安くて済んだ。シェーバーはIZUMIという、聞いたことのないメーカーの充電式。という案配で、あの世が近づけばブランドなんかぜんぜん気にならないのであります。

スポンサーサイト



閑人帳 

閑人帳
07 /31 2020



●ジャンボピーマン

 2個120円で買ったピーマンはやたら大きくて写真の大きい方は長さが18センチもあります。食べてみたら普通のピーマンと変わらない。大きい割には皮が薄くて中は空っぽです。
 ピーマンとパプリカは親戚だから、こんな大きいものも簡単に作れるのかもしれないが、まあ、無意味なジャンボサイズですね。スーパーで見かけないのはサイズがばらばらで包装しにくいからだと思います。


ピーマン


閑人帳 

閑人帳
07 /26 2020


●そーりだいじんは忙しい

 テレビやネットでは伝えないニュースの一つに総理大臣の一日の行動を記録したレポートがある。〇〇録といった見出しで新聞の政治面の隅っこに載っている。政治家や官僚との会議や国会出席、外国要人との折衝などが主だが、晩飯はどこで食べたか、という下世話な話も書いてある。

 とにかく、毎日猛烈に忙しい。仕事は1分単位で記録される。7月22日は官僚の人事異動による当事者の挨拶訪問もあって延べ60人以上の来訪があった。退任する人、新任の人、両方がやってきて「お世話になりました」「これからよろしくお願いします」と型どおりの挨拶だが、恐らく執務室のドア外で並んで順番待ちしていると思う。因みに、総理に直接挨拶できる公務員って位はどのレベルだろう。この記録から察すると審議官以上かな?という感じ。政策推進に直接関わることのできる役のローエンドが審議官なのかもしれない。(不詳)

 記録を見ると、総理大臣って仕事の大半は「人に会うこと」でありませう。一人でじっくり考え事をする・・時間はほぼゼロと思われます。これに耐えられる人だけが勤まる職業であります。皇居での式典(顕彰など)から戻って即災害現場へヘリで飛ぶ・・なんてのも日常で、こんなのフツーのおじさんには耐えられない。大企業の社長さんでも酷かもしれない。そんな行動の予定を立てる側近もどれだけしんどいか、普通のサラリーマン感覚では勤まらない。

 夕方、やっと仕事から解放されて晩メシを食べに行く。誰とどこへ?・・7月22日の場合、コロナ感染症の政府対策本部会議が終わったあとの6時18分、官邸を出て銀座のステーキ店「銀座ひらやま」へ出かけた。メシ会参加者は、2F幹事長、林幹雄幹事長代理、ソフトバンクの王貞治球団会長、俳優の杉良太郎、政治評論家の森田実、画家の絹谷幸二・・。なんというイレギュラーな組み合わせやねん。
 誰かが書いていたが、こんなメンバーの場合、政治の話なんか一切しない。馬鹿話、ダジャレが飛び交う、普通のサラリーマンの居酒屋会合と変わらないリラックスタイムだという。そりゃそうでせう。こんな席でコロナ問題出されてはたまりません。そこんところが分からない人物は絶対招かれることはない。しかし、このヘン(失礼!)な参加者の人選、総理や2F氏が決めてるのか?
他人事ながら気になりまする。


一日でこれだけの人物と会見した。
nitiroku

半畳雑木林をつくりませんか

半畳雑木林をつくりませんか
07 /24 2020


●今年の「半畳雑木林」

 はや八年目になる半畳雑木林。昨年の秋に入院したおり、小さな鉢はみんな処分して大きめの鉢、六つのみ残しました。樹種はセンダン、モミジバフウ、シマトネリコ、ザクロ、ムクロジ、と樹種不明が一つ。センダンは一昨年の台風で倒れた長居植物園の大木の遺児?です。ムクロジは東京産。真夏のベランダはコンクリートのままだと太陽の輻射熱がすごいのですが、ちょっとグリーンを置くだけで熱がやわらぎ、見た目も涼しげになります


DSCN1570 (3)






閑人帳

閑人帳
07 /23 2020


●洪水被災地の風景を「美しい」と報ずる中国メディア

 下のURLが伝える洪水情報を見た人はみんなアゼンとする。中国政府系のメディアがインチキ情報を流すのは常識として、今回は洪水に襲われた街や山野の風景を「美しい光景」と説明したのだから被災者はたまらんでせう。それも一回でなく、あちこちの洪水被災風景を素晴らしいと賞賛している。また、先日は住民が撮影した被害の光景を政府関係者は「事実ではなく、住民の錯覚だ」と切り捨てた。

 前にも書いたが、中国政府は洪水規模のあまりの大きさに死者や被災者数の把握もできなくなっている。被災者数は千万人台から4500万人と増やしたが、死者数は半月前の情報、142人のままだ。1998年の大洪水の死者4000人を遙かに上回ること必定だが、犠牲者の正確な数は永久に発表しない、というか、できない。(調査不能のため)

 政府にすれば、国民の千人や万人が死んだところで、それがどうした、という感覚である。救助後、持病が悪化して亡くなった人を災害関連死者としてカウントする日本人の感覚とは天地の違いがある。

それにしてもキンペイ政権はえらいピンチに陥りました。
●米国との摩擦激化
●香港問題
●インドとの国境紛争
●尖閣諸島や南シナ海一帯での軋轢
●コロナ問題の収束
●そして、今回の大洪水と新たな疫病発生の懸念

 破壊されたインフラの復旧だけでも何兆円もの資金が要るかも知れず、財政の悪化は避けられない。民間企業、個人の被災額も天文学的になる。日本と同じくらいに保険が普及していたら、間違いなく保険会社は破綻する。じわじわ増え続けていた失業者が生産機能の停止で一気に増える恐れもある。

 もし、被災者が一億人に迫り、当然、彼らの所得が減ると「日本へ観光旅行」どころではない。よって、日本も得意先を失って景気が低迷する。他人事ではないのであります。それはともかく、キンペイ政権が一番恐れているのは外国の動向ではなく、国民の反政府感情の高まりでありませう。怒りを「倍返ししたる」と思う人がン千万人もいます

 来年の東京オリンピックはコロナ問題で、再来年の北京冬期オリンピックは中国の社会情勢で中止になるかも知れない。まあ、何よりメンツを大事にする国だから必死に対応すると思いますが。


洪水風景が美しいと伝える、反政府系?のニュースサイト
https://www.youtube.com/watch?v=9RhT_tsXxPI





閑人帳

閑人帳
07 /21 2020



●毎秒5万トンのド迫力  ~三峡ダム~

 6月上旬からもう一ヶ月以上降り続いてる中国南部の雨。一日当たりの雨量では日本の九州などより少ないが、長期間の累積雨量が多いので洪水被害範囲が大きい。昨日のニュースでは三峡ダムへの流入量を減らすためダムより上流の川の堤防を爆破したとのことです。
 前に書いたように、ダムの上流、下流、両方の地域で洪水が起きているためダムはもう治水の機能を失っている。とりあえずダムに流れ込む水は全量放流しようとゲートを全開したら下の写真のようなすごい光景になった。毎秒5万トン・・ということは、10万トン積みタンカーのタンクをたった2秒で満タンにできる水量です。


img_ee71a753272342d6a178c6c42e1d0250166446.jpg





読書感想文

読書感想文
07 /21 2020



●ショウペンハウエル著「読書論」を読む

 いや、もう・・目からウロコの論です。ショウペンはん、ええこと言うなあと感心しました。以下、肝心なところを丸写しします。(青色文字)

 読書は、他人にものを考えてもらうことである。本をよむ我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるに過ぎない。習字の練習をする生徒が先生の鉛筆書きの線をペンでたどるようなものである。だから読書の際にはものを考える苦労はほとんど無い。自分で思索する仕事を辞めて読書に移るとき、ほっとした気持ちになるのも、そのためである。
 だが、読書にいそしむ限り、実は我々の頭は他人の思想の運動場にすぎない。そのため、時にはぼんやりと時間をつぶすことはあっても、ほとんどまる一日を多読に費やす勤勉な人間は、次第に自分でものを考える力を失ってゆく。常に乗物を使えば、ついには歩くことを忘れる。

 しかし、これこそ大多数の学者の実像である。彼らは多読の結果、愚者となった人間である。なぜなら、暇さえあれば、いつでもただちに本に向かうという生活を続けて行けば、精神は不具廃疾となるからである。実際、たえず手職に励んでも、学者ほど精神的廃疾者にはならない。手職の場合にはまだ自分の考えにふけることもできるからである。だが、発条(バネ)に他の物体を載せて圧迫を加え続けると、ついには弾力を失う。精神も他人の思想によって絶えず圧迫されると、弾力を失う。

 食物をとりすぎれば胃を害し、全身を損なう。精神的食物も、とりすぎればやはり、過剰による精神の窒息死を招きかねない。多読すればするほど、読まれたものは精神の中に、真の跡をとどめないのである。つまり、精神は、たくさんのことを次々と重ねて書いた黒板のようになるのである。したがって、読まれたものは反芻され熟慮されるまでに至らない。だが、熟慮を重ねることによってのみ、読まれたものは真に読者のものになる。食べ物は食べることによってではなく、消化によって我々を養うのである。

 それとは逆に、絶えず読むだけで、読んだことを後でさらに考えてみなければ、精神のなかに根を下ろすこともなく、多くは失われてしまう。しかし、一般的に精神的食物も普通の食物と変わりなく、摂取した量の五十分の一も栄養となればせいぜいで、残りは蒸発作用、呼吸作用その他によって消え失せる。
 さらに、読書にはもう一つ難しい条件が加わる。すなわち、紙に書かれた思想は一般に砂に残った歩行者の足跡以上のものではないのである。歩行者のたどった道は見える。だが、歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分の目を用いなければならない。
  ~以下略~

 本自体にクオリティがあるように、読書姿勢にもクオリティがある。真にエライ人は読書の質量を吟味するとともに、栄養の吸収率がうんと高い人なのでありませう。駄目男のようにB級本をC級理解力で読んでる者はしょせん「年をとっても馬鹿は馬鹿」の域を出ないのであります。 (2013年 岩波書店発行)

◆ショウペンハウエル wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%BC


dokusyoron

閑人超

閑人帳
07 /18 2020


●対日本のサプライチェーン、大丈夫?

 相変わらず日本のメディアは中国の洪水被害に知らん顔していますが、現地の状況は深刻です。今年の春はコロナ禍で中国からの輸入が止まり、その影響がいちばん分かりやすかったのが100円ショップ。欠品が増え、陳列棚がガランとしている場面が目立ちました。この状況が改善されはじめたところで今回の水害、もし、長江流域に消費財生産の工場がたくさんあれば又影響が出そう。(そういう商品の生産は広東周辺に多いみたいですが)コロナ禍+水害で日本向けのサプライチェーンがまた乱れる。農産物など食糧供給でも影響があるでせう。

 三峡ダムは役に立たない・・中国国民の多くは今回の水害でこのことをしっかり認識したと思われます。世界一の規模を誇るダムが役にたたないとは情けない。10日くらい前の情報では流域全体での降雨量が多くて、ダムが満タンになり、上流からの流入量と下流への放流量が同じになった。つまり、放流をコントロールして水害を防ぐという機能を捨ててしまった。ぞの量、毎秒5万トンというからものすごい。これで武漢が水浸しになった。水死者もたくさん出ているはずですが、ニュースでは「死者141人」と一週間前の数字を繰り返している。もう役所が調査能力を失ってしまったと思われます。このあと、上海にどれほどの影響を及ぼすのか、武漢みたいなひどいことにはなりませんが、物的被害はあるかもしれない。

●近藤大介氏のレポート 7月15日版
https://www.youtube.com/watch?v=2TrpOoYGcjk
 


「水都」になってしまった武漢の光景
bukan 


「おっちゃ~~ん、こんなとこマスク要らんのとちゃう?」
「せやかて ここは武漢やさかいなあ、ようはずさんは」
「さすがは本家の人やわ、コロナと水害、両方がんばってや」
bukan

 






閑人帳

閑人帳
07 /15 2020



●名勝・桂林の山水も泥の海に・・
      ~ケタ違いに大きい中国の洪水被害~

 ・・ケタ違いに大きいというタイトルは駄目男の想像でありますが、動画を見れば大げさでないこと納得できます。長江(揚子江)はもう川の輪郭を失ってしまっており、とてつもない広大な泥の湖ができた。三峡ダムの上流、下流とも川沿いの街や村はとんでもない規模で水没している。役所も軍隊も必死の作業をするが、川岸で重機を100台くらい使っても、何の効果もない。まずは人命救助優先で住民をボートで拾い上げている。

 大都市重慶はほぼ水浸し、武漢も街ごと水没しそうで、もはやコロナ問題なんかにかまっておれない。流域には日本の企業もたくさんあるが、今後、深刻なニュースが届きそうだ。前回記事で被災者は3000万人云々と書いたけど、さらに増えるのは確実だ。中国の「常識」では三峡ダムが決壊したら被害を被る国民は最大6億人に達する。しかも、エリアは経済、産業の中枢地である。ヘタすれば習近平政権が崩壊する。

 ・・と巷のよれよれオジンが心配しているのに、今日15日現在、この大災害を 大きく報じた日本のメディアはありませんね。中国政府に気兼ねしてる? 何千人もの日本人駐在社員の生命にも関わる問題なのに知らん顔していてええのでせうか。数年前、タイでも水害があってホンダ?の工場が浸水被害を受けたときは被害状況や見通しをかなり詳しく伝えていたが、モロに日本の経済事情に影響を与える中国の災害には知らん顔。中国の不幸を報道してキンペーの機嫌を損ねるのが怖いのか。まあ、大手メディアが知らん顔しても世間にはリアルな動画情報が溢れています。画質は悪いけど洪水の怖さは実感出来る動画です。(動画は削除されてることがあります)

https://www.youtube.com/watch?v=jXu6ld5RrVk

桂林の美しい風景も水没した
https://www.youtube.com/watch?v=CmaL_W9qZb8

大都市重慶も水没状態
https://www.youtube.com/watch?v=jboe1Z_Y_Qg


閑人帳

閑人帳
07 /13 2020



●中国でも記録的豪雨で大洪水発生

 中国の三峡ダム周辺で大雨が続き、ダムが満タンに近づきつつあるというニュースは先月から繰り返し報道されており、ネット情報であらまし知っていた。最新の情報では下流の湖が氾濫して大きな被害が出ている。中国政府の発表する被害の数値は常に少なめだけど、それでも被災者数は3000万人以上という、日本ではあり得ない規模になっている。(これだけ被害を被っても死者は100人台というのが笑える)

 農地の被害は270万haに及び、日本の全農地(450万ha)の6割というスケールだ。事実なら食糧供給で大ピンチになり、外国へ輸出するゆとりがなくなるかもしれない。

現地の動画はたくさんあるが「大紀元」の映像を紹介。
https://www.youtube.com/watch?v=NTmxWyLc2LE

閑人帳

閑人帳
07 /12 2020


●コロナ禍の先のオンライン社会を考えると・・・
   
 リニア新幹線は要らない?

 静岡県の知事がリニア新幹線工事の件でJR東海にイチャモンをつけて工事がストップしている。県内のルートを認めると富士山麓の地下水の流れに悪影響を及ぼすという理由でありますが、この件が落着しないとリニア新幹線の開業が遅れてしまうのでJRは大弱りだそうです。

 シモジモの民には「それがどないしてん」感覚の話でありますが、コロナ禍でステイホームを強いられてるなか「?」と感じたことがあります。コロナVが半ば強制的に推進しているオンラインシステムやテレワークの将来を考えると、人の移動を早くするだけのリニア新幹線って無くてもええんとちゃいますか、という単純な発想が生まれました。ま、単純過ぎですけど。

 10~20年先にリニア新幹線が全通すると、東京~大阪間の所要時間が現新幹線利用より1時間あまり少なくなります。2時間半が1時間20分くらいになる。たしかに便利ですが、あくまで人の移動が早くなるだけです。情報やモノの伝達、移動には関係が無い。この先、オタオタしながらもオンラインシステムが発達すると、人の移動だけが早くなるリニア新幹線の有り難みは減ってしまうでせう。しかも、有り難さを享受できるのは、東京、名古屋、大阪圏の人だけです。途中にも駅はできるけど、有り難みはほとんどない。

 一方、東京から福岡へ行く場合、東京からリニア新幹線と在来新幹線を乗り継いで行く人がいるでせうか。いません。みんな空路を使います。運賃や所要時間では新幹線に勝ち目はありません。他の地方都市にとってもリニア新幹線開業は「それがどないしてん」の出来事でしかない。
 ということは、北海道や九州の人から見れば、リニア新幹線は、東京~大阪間の運賃が割高な「ローカル線」に思えるのではないか(笑)。

 いや、リニア新幹線は速さだけをウリにしてつくるのでありません。現在の新幹線が老朽化したとき、又は災害などで長期間の運休が生じたときの代替手段として必要です、という。それなら富士山爆発のリスクも当然想定しなければならないが、恐ろし過ぎて考えたくないのかもしれない。リニア新幹線が企画されたとき、人間が高速で移動できることがビジネス社会では有利になると考えた・・のか。高度の情報化社会ではそんなメリットはB級のネウチしかないように思えます。

 幾多の困難を乗り越えて2007年、東京~名古屋間が開通したとする。5~10分毎に発車するリニア列車が意外にガラ空き・・のこわ~い場面、あり得ます。発車間隔を10分以内にしないとリニアの意味が無くなる、というのが恐ろしい。営業面からいえば、東京、名古屋間を毎時数千人以上往来しないと採算がとれないのではないか。オンラインビジネスが発達した社会でそんなに多人数の往来があるだろうか。
 そして乗車すれば終点まで暗やみの地下鉄路線。イラチのビジネスマン以外にこんな乗物を必要とする人がどれほどいるでせうか。(注)リニア新幹線の正式名称は「中央新幹線」です。
 
DSCN1555 (2) 




 

ウオーキング・観光

ウオーキング・観光
07 /10 2020


●ハルカスまでアルカス ~日本一長い商店街散歩~
 
 10年ほど前につくった大阪市内のウオーキングコースをアレンジして首題のような散歩コースをこしらえました。全長5200m、日本一長い商店街歩きです。(天神橋筋商店街は2600m)起点は本町駅、終点はあべの(天王寺駅)。日本一高いビルを目指して日本一長い商店街を歩かせるコースだから「ハルカスまでアルカス」です。

 船場心斎橋商店街から心斎橋筋、道頓堀、千日前、道具屋筋、日本橋筋、新世界、ジャンジャン町、西成の商店街を経てハルカスに至ります。廃業が決まった「づぼらや」二店(道頓堀店・新世界店)前も通ります。このコースを一度に歩いた人はたぶん筆者以外に一人もいません。なぜなら、用事がないからです。心斎橋と西成の商店、両方に用事のある人っていませんからね。しかし、用事がなくても歩くのが散歩です。

 コロナVのせいでインバウンドが消えてしまい、商店街の風情はガラリと変わりました。正しくは「元通りになった」といえるかもしれません。そしてこの先、また大変化が起きる可能性があります。早急にインバウンドが戻らなければ、さらに、コロナ感染の行動規制が続くなら、商店、特に飲食店は半分くらい無くなることもありそう。必死の生き残り作戦がはじまります。

 まちライブラリー@もりのみやで柱一本を借りて商店街の写真展示をしています。地図もサービスしていますので、われこそ閑人と思う方はどうぞ。(展示は8月8日まで)

arukasu




arukasu 







プチ・ケチの研究

プチ・ケチの研究
07 /06 2020



●バナナの長期保存

 近所の安売り店でバナナ12本を200円で購入。一度に12本も買うのは生まれて初めてのこと。しょーもない「人生初体験」です。どうして腐らさずに保存するか、が問題ですが、以前、ここで紹介した「一本ずつラップでくるむ」方法で試しました。(今までは一週間が最長)
 6月25日から毎日一本ずつ食べ始め、今日、7月6日、12日目で食べ終わりです。このラップでくるむ方法、正解です。写真の最後の一本、皮はすっかり黒ずんでいるけど、実はきれいで何の問題もありません。ラップなしで保存すると皮の変色とともに実も黒くなりますが、その変色が避けられます。(少々変色しても食べられますが)

 店の段ボールに「田辺農園」の印刷があったのでネットでググってみると、これはエクアドル産でした。広島の田辺さんが現地で経営してる農園での栽培、ローソンで売ってるバナナはこの農園のものでした。(注)ラップでくるむときは首の部分をしっかり、ていねいにくるんで空気に触れないようにする)

田辺農園のバナナはローソンで売っている
https://www.youtube.com/watch?v=a3AbHRqWJPo
https://www.youtube.com/watch?v=eBGtZpumzoQ

購入時(6月24日) 12本で200円 消費税ナシ
DSCN1478 (2)


保存12日目(7月6日)の状態(冷蔵庫の野菜庫で保存)

DSCN1526_2020070622283999e.jpg







閑人帳

閑人帳
07 /04 2020



●映画「パラサイト<半地下の家族>」鑑賞

 タダ券を頂いてアポロシネマで鑑賞。もうとっくに公開が終了しているはずの作品だけど、コロナ禍で映画館が長期間閉鎖されたために半年遅れで鑑賞することになった。映画館も大損害を被ってしまいました。

 昨年のカンヌ国際映画祭と米国のアカデミー賞でトップに選ばれた作品。まずは、韓国にこんな有能な監督がいたのかと感心させられた。ポン・ジュノ監督は脚本も自ら書いてるが、これが大成功のモトだと思いますね。普通は最初の数分間で物語の背景をさりげなく説明するところ、それをナシにして、いきなり貧乏家族の暮らしぶりを描く。その貧乏家族がセレブ家族に運転手や家庭教師として取り入っていく(即ち寄生する)さまを描く。少なめのセリフが話の進行をスムースにし、カメラワークも素晴らしい。

 観客は、これは貧乏人が金持ちをだまして金を巻き上げていくコメディふう作品だと思う(自分はそう思った)しかし、結末は相模原の福祉施設であったような惨劇だった。この展開を読めた人はほとんどいなかったのでは、と思いますね。ポン監督さん「してやったり・・」と出来栄えのよさに十分満足したのではないか。
 見終わってから、この悲劇には二重のパラサイト(寄生)があることに気づいた。一つは主人公の四人家族が金持ち宅に寄生する話。もう一つは、四人家族が寄生するまで金持ち宅で家政婦として働いていた女とその夫。夫は金持ち宅の地下にあるシェルター(核戦争が起きたときに避難する地下室)に潜んでおり、金持ちはそれを知らない。この家政婦ペアこそ純度の高い「寄生(虫)」だった。惨劇の犯人は誰にも存在を知られていなかった家政婦の夫だった。

 さて、ポン監督はどのような意図でこの作品をつくったのか。
(1)現代の韓国が抱える深刻な格差社会を告発する作品。
(2)格差社会をネタにした、誰でも理解できる娯楽作品。
自分の考えでは(2)だと思いますね。シリアスドラマにしてはご都合主義のええ加減なシーンが多すぎる。リアルさに欠ける場面には目をつむって楽しんで下さい・・というメッセージが感じられます。それでも世界中の映画ファンや制作関係者に高く評価された。その一番の功績は脚本の良さだと思います。

 韓国国民にとっては大ハピーな授賞になりました。しかし、娯楽作品としても韓国のひどい格差社会のありようを世界中に発信してしまったのだから、めでたさも中くらいなり・・ではないでせうか。

 作品はモノクロ・字幕版で鑑賞しました。カラーより良かったのではと思います。また、字幕を見て韓国語には日本語をまんまコピーした単語がたくさんあることに気づきました。「物価」「家族」といった単語が日本語発音のままでてきます。反日思想の面からは無くしてしまいたい言葉だけど、今から別の語彙をつくるのは大変でせう。ハングルオンリーの世代の人は日本語という認識すらないまま使ってるのではと思います。(6月29日 アポロシネマ・上映は7月2日終了)


parasaito   







読書感想文 

読書感想文
07 /01 2020



●きだてたく著「愛しき駄文具」を読む

 駄文具とはなんぞや?・・おもろいけど役にたたん文房具のことであります。売れる見込みがかいもくない商品を真剣に?開発し、販売したけど、やっぱり売れなかった。いっぽうで、そんなしょーもない文房具をまじめにコレクションし、ついに駄文具本を発行してしまった、というのが本書です。では、あんたらアホちゃうか、アホに決まってる、とバカにしながらこの本を楽しく読んだワタクシはカシコイのでせうか。アホに決まってますがな。(2014年 飛鳥新社発行)


まずは一番シンプルな駄文具。説明の要なし。こんなもん、誰が買うねん。
dabunngu


鉛筆削り機・・猫のお尻に鉛筆を差し込んでグリグリ回すと、なんとも哀れな声で鳴き声を出す。よって、著者はこれで鉛筆を芯まで削ったことが一度もないそうだ。
da 


1センチの定規・・高級金属チタンでつくった定規。100均ショップなら30cmの定規が100円で買えるから1cmなら3円ちょっとという計算になるが、この1cm定規は4000円もする。これで30cm定規をつくったら12万円もするのだ。これじゃ買う人いないから1cmにしました。
da 

豆腐一丁ふせん・・付箋なんて四角い紙であれば用がたりるのでデザインのしようがない。でも、あきらめなかったメーカーがある。付箋の束を豆腐に見立てたらおもろいんとちゃうか。ふつうは「ちゃうか」で発想がとまるのでありますが、このメーカーは商品化しました。さらに、やるならとことんリアルに、と木綿と絹漉し、二種類つくって紙表面の質感で違いを表現した。出来栄えのリアルさにメーカーは満足したのではと思いますが、これが大ヒットしたという話は聞かない。ま、紙製の豆腐だから腐る心配はありませんけどね。
da 

da 

書き損じを薦めるレポート用紙・・普通は片面に罫線が薄く印刷されてるだけですが、これは裏面になんか図柄が印刷されてます。そう、書き損じてくしゃくしゃに丸めるとサッカーボールのデザインになるのであります。きれいに清書したら役に立たないレポート用紙です。
da 


怪物ふう筆入れ・・なんか愛嬌のある怪物です。デザインも楽しいが、この怪物はジッパーをどんどん開けていくと最後はヒモになってしまう・・というのがウリです。つまり、小さいものでも必ず見つかるはず。なるほど親切な設計だと気に入って最後まで開ける人いるでせうか。
da


DSCN1479 (2)






 dameo

■10年続けた<快道ウオーキング>を改題しました。
■《手づくり本》の研究は、大事なことは紙に記録しようという、アナログ爺のレジスタンスです。お問い合わせは【拍手ボタン】押してコメント欄からどうぞ。内容は非公開です。
■下記のカテゴリーが趣味をあらわしています。
■ニックネームはdameo(丸出駄目男)です。
■1939年大阪生まれ