FC2ブログ

閑人帳

閑人帳
09 /30 2019


●「フェイク美空ひばり」AI創造の苦労 ~Nスペ~

 9月29日、たまたま見たこの番組、30年前に亡くなった美空ひばりをAI技術で蘇らそうという企画で、準備、制作に一年がかりという。こんなゼニと手間のかかる番組はNHKしか出来ない。ひばりの歌や人相、体格、しぐさ、全部AIに入力し、自ら学習させて新しい歌を歌わせる。要するに、ひばりの再生ではなく、創造であります。彼女が生きていたら、この新しい歌はこんなふうに歌ったはず、と想定し、スタジオにひばりのファンを招いてコンサートを行った。伴奏のオーケストラは生身の人間であります。

 なぜ、この番組に興味があったのかというと、かねてより、美空ひばりの歌が独特の歌唱力、雰囲気をもっているのは、違う周波数の声を同時に出して歌ってるのでは、という疑いをもっていたから。楽譜通りのメインの音程とそれより弱くて音域の高いサブの音程を同時に出してるのではないかと疑っていた。これがコンピュータの解析でアタリだったと分かりました。(番組では高次倍音と言っていたような・・)
 こんなの天性のワザで他人がマネできない。のど自慢なんかでひばりをマネする人はたくさんいるけど、声の質は似ていてもそっくりとはほど遠い声しか出ない。

 番組では、その例として「川の流れのように」を取り上げていたけど、もっと分かりやすいのはスローテンポの「悲しい酒」だと思う。図太いといえる低音とその何倍か高い高音を同時に出していてとても魅力的であります。ひばりを師と崇めている天童よしみの声を聞き比べたらよく分かる。

 ひばりの声の再現、創造にエンジニアがものすごく苦労したことを詳しく伝えていて、それは納得しましたが、肝心の画像がイマイチでリアルさが乏しい。デジタル技術の限界かな、と思わせます。亡くなった人をAIで三次元再生することには道徳上の問題もありそう。実在した美空ひばりと架空の初音ミクを一緒に扱ってよいのか、ということです。賛否を問われたら、自分は「死者の再生」には反対であります。不完全な再生より、イメージのなかで生き続けるほうが良い。
 

リアルさはイマイチの再現美空ひばり像。マイクを持つ手が不自然に小さい。
ひばり

フェイク美空ひばりの歌に涙ぐむ天童よしみ。右は息子の加藤一也氏
ひばり


スポンサーサイト



半畳雑木林をつくりませんか

半畳雑木林をつくりませんか
09 /23 2019


●蒔かぬ種が生えた!

 今年の春、センダンほか3種の木の種を小さい鉢に蒔いた。5月中頃にセンダンの芽が出たが、同時に別の芽も出た。蒔いた覚えがないのに芽が出る。たぶん雑草だろうと思って放置した。続いて他の鉢でも同じ形体の「蒔かぬ種」が発芽した。日が経つにつれ、草ではなさそうだと思ったが、三つの鉢に余分な種が混じるなんて多分、自分のミスではない。

 怪しいのは百均店で買った腐葉土と赤玉という園芸用の土。この土の中に見知らぬ樹木の種が紛れ込んでいたのではないか。赤玉の場合は直系3ミリくらいの種なら見つけやすいが、腐葉土の場合は見つけにくい。よって、腐葉土が原因だと勝手に決めた。自分が蒔いた種以外の植物の芽が勝手に生えてくる・・ これって商品として明らかに不良品です。一袋100円だから、全国で何万、何十万袋も流通して、その購入者の何割かが「蒔いた覚えのない種」の発芽に困惑している。こんなトラブル、しょっちゅう起きてるのだろうか。店に文句言った人はいるのだろうか。いないような気がします。

 蒔いた覚えのない種は何者か。成長は遅いが7月に15センチくらいになったのでシゲシゲと眺めてみた。葉は対生で茎に鋭いトゲがある。なにげに葉っぱをさわってみると強い香りがした。山椒の香り・・これって山椒の木だったのか。ネットで調べると同じ情報が得られたので山椒に決定です。100均ショップの腐葉土の中に山椒の種が紛れ込んでいたことになります。


勝手に生えた山椒
サンショウ









読書感想文

読書感想文
09 /13 2019


●長浜浩明著「日本人ルーツの謎を解く」を読む

 何十年か前、韓国の南部で前方後円型の古墳が見つかった、というニュースを耳にした覚えがある。日本の前方後円型古墳の手本になった先輩古墳だと思った。自分だけでなく、日本人みんながそう思ったはずだ。日本の文明文化の多くは大陸から朝鮮半島を経て日本にもたらされたというのが鉄板に近い常識だった。

 しかし、その後、研究が進んで先輩古墳の話は大逆転する。韓国の前方後円型古墳のデザインは日本がオリジナルで、それを韓国に伝えたというのだ。日本が先輩だった。ガガ~ン。
 研究の結果、韓国の同型古墳はすべて日本の古墳より築造が新しいと分かった。五世紀から六世紀にかけての話である。古代においても日本より先進国だと自負していた韓国人にとってはえらいショックだった。

 本書で語られるのは、古墳よりもっと大昔の話、縄文時代がテーマである。この時代のはじめのほう、1万5000年前というと、日本列島はまだアジア大陸と陸続きで日本海がなかった。従って、文明文化が海を超えて渡来した、という常識の当てはまらない時代である。
 現在の常識とされる人類の発祥地がアフリカだとすれば、何百年、何千年かかってアフリカから東アジアまで旅した人間がいてもおかしくない。そんな人物の一部が今の日本の土地に住み着いて日本人の始祖となった。縄文人であります。なんか、気宇壮大な話ではありませんか。

 著者は当然考古学者だと思っていたら違いました。東京工大出て日建設計に勤務、設備設計の仕事に携わったサラリーマンです。しかし、本書を読めば、趣味でここまで書けるのかと思うくらいの博識家であります。プロの研究者と議論で渡り合えるくらいの自信をもってるに違いない。

 本書で著者は何を言いたいのか。はじめに書いた「日本の文明、文化のモトはすべて大陸からもたらされた」説の否定である。国家の形成期には中国から文明文化をせっせと輸入したが、その数百年間を除いた時期、とくに縄文時代においては日本独自の文明文化が育ち、輸入どころか、むしろ海外へ積極的に出かけて自分たちの文化を売り込んだ。そのセールス品のなかに前方後円型古墳があり「あのね、日本では親分が死ぬと墓はこんなデザインにしますねん」とか言ってメイドインジャパンの墓を売り込んだ。むろん、売るだけでなく、現地のよい物は仕入れて帰った。

 しかし、教科書や報道で擦り込まれてしまった知識は簡単にチェンジできない。今でも日本人のほとんどは「文明文化は大陸、朝鮮からもたらされた」説を信じている。そんなインチキ情報で影響の大きいものに「NHKスペシャル」というドキュメント番組があり、何度も文明文化渡来説を報道して視聴者を洗脳している。ドキュメント番組だからウソはないと思い込んでる人が多すぎる。
 著者が「無知の象徴」としてボロクソに批判しているのが司馬遼太郎サンであります。司馬氏の晩年のころには古墳の情報など知れ渡っていたはずなのに司馬氏はひたすら中国、朝鮮を崇める姿勢を崩さなかった。きつい思い込みは事実を拒否するものらしい。

 なんでもかんでも渡来説が正しいのなら、先月、ここで紹介した本「土偶界へようこそ」に出て来る土偶も、その原形が大陸や朝鮮で見つかるはずである。しかし、そんなもの一つもない。縄文土器は日本のオリジナルである。稲づくり(水田耕作)も渡来文化というのがなんとなく常識になっているけれど、渡来説の時期よりはるか昔の水田跡が九州で見つかっている。歴史教科書も信じてはいけない。

 8月末、まったく偶然に見たBS番組で古代史のなかの縄文人をテーマにしたものがあり、我ら縄文人は大陸の陸づたいに小舟で北上し、ベーリング海経由でアメリカ西部の海岸にたどりつき、そこで定着した。すなわち、彼らが最初のアメリカ人であるという。縄文人が元祖アメリカ人になったという。なんだかおとぎ話のような内容でした。ま、好きにしてんか。(平成22年 展転社発行)

古墳








読書感想文

読書感想文
09 /10 2019


●竹澤團七・荒木雪破著「文楽芸談」を読む

 Tさんから恵送された本なのでタダ読みできました。感謝。万年ビギナーの鑑賞者である自分には、高邁な芸術論よりこんな「芸談」のほうがずっと楽しい。御年84歳の竹澤團七のつれづれ話が面白くて、なんとか本に仕立てようと聞き書きから編集、装幀まで一人でこなしたのが荒木雪破氏、という関係です。さりとて、竹澤氏は人間国宝とかのエライ師匠ではなくて、だから砕けた芸談ができる。

 後半のほうで三味線自体の構造や耐久性について語るところがあって、こういう話が興味深い。劇場で鑑賞すればすぐ分かるが、太棹の弾き方は力強くて音が大きい。ということは、物理的負担が大きく、傷みやすい。なんか、一生道具のように思っていたが、そうではない。ボディや棹は何の木でつくるか。答えは「紅木」。インドで取れるものすごく硬い木。そりゃそうでせう、松や檜ではぜんぜん音が響かないでせう。
 
 撥(ばち)は象牙。これは誰でも知っているが輸入禁止の材料で超貴重品。なのに、これが消耗品に近い。デデ~ンと弾くと糸との摩擦ですり減る。長い曲をやると、四日目くらいですり減って使えなくなる。で、専門家に頼んで治してもらうが、費用がやたら高い。

 皮はご存じのように猫の皮をなめして使う。今は中国や香港からなめした状態で輸入している。生きものを加工するのだから厚みや強度にバラツキがある。それに弾き手の好みもあるから胴に張ってベストな状態に仕上げるのはなかなか難しい。これも職人は減る一方で、人材の育成、補充が問題だが、いまどき「三味線の皮張り」をしたいという若い人はいない。そして、これがまたよく破れる。一回張り替えたら、張り替えちん4万円ナリ。運の悪いときはひと月の公演で三回も破れた。

 糸は滋賀県の木之本町あたりの村落で生産している。考えてみれば、胴、撥、皮、みんな輸入品で糸だけが国産品。これをぎりぎり締めあげて張るのですが、演奏中に緩んでくる。長い曲では演奏中の調整だけでは追っつかないので、途中で三味線ごと取り替える。文楽ではないけど、先日観た「熊谷陣屋」では黒衣さんがそっと出て来て取り替えていた。三味線ってなんか純和製楽器のように思っていたけど、材料の調達はグローバル化した楽器でした。師匠曰く、「同じ弦楽器でもヴァイオリンと違って何百年も使えない。消耗品に近い。従ってストラディヴァリウスのような「名器」はありません」

 インド産、アフリカ産、中国産、国産、の部材を寄せ集めてつくった三味線で「チン」と一音鳴らす。これで江戸時代の里にしんしんと降る雪の情景を表す・・あるいは悲劇のはじまりを暗示する・・これぞ「芸」であります。昨年入門したばかりの若者に弾けるワケがない。では、先輩は後輩にどうして教え込むのか。技術は教えないそうであります。実は「教えられない」らしい。手や指の操作方法で教えることはできない。ひたすら年期を積んで自分で学ぶ。名人のワザを盗む。才能の無い人は脱落する。文楽に限らず、芸の世界は同じようなものでせう。(2019年 東方出版社発行)


文楽芸談





閑人帳

閑人帳
09 /07 2019



●人と金の無駄遣い ~NHKニュース番組~

 NHK午後7時のニュースでは、ときどき画面に三人のアナウンサーが登場する。ニュースを伝えるのになんで三人も出てくるのか。普通に考えたら人が余ってるから、としか思えない。
 これだけでも違和感があるのに、二人の男性アナのどちらかが現場取材に出かけて中継や録画で画面に登場する。例えば、大阪で大きめの事件が起きると、彼らのどちらかが大阪へ飛んでリポートする。なんでそんな必要があるのか。大阪にはNHK大阪放送局があるから、そこの記者なりアナを使えばよいではないか。わざわざ東京からやってきてもレベルの高い取材ができるわけでもない。(民放では東京から遠いところからのリポートはすべて現地に近い放送局のスタッフがやる)

 しかも、NHK大阪放送局には25人ものアナがいる。地方の取材は地方に任せたらよいではないか。細かいことを言えば、東京からアナが来るときは、アナ以外にディレクターや録音係も随行するから費用もバカにならない。こんな取材に何の意味があるのだろう。
 ニュース報道に過剰な演出はいらない。人気アナが現地出張しても事件の解決にはなんの役にも立たない。これを視聴者へのサービスだと思っているなら自惚れも甚だしい。視聴者はそんなサービスを求めていない。

 で、結論。NHKはたっぷりの予算を使い切れず、人も金も余っている。なので、ニュース番組に三人ものアナを登場させ、無意味な出張をさせて人件費と経費を膨らませている。東京の二割か三割しか仕事が無い大阪放送局でなんで25人ものアナが必要なのか。彼らは毎日実働何時間の仕事をしているのか。疑えばキリがない。要するに、金余り、人余りが常態化しているにちがいない・・のであります。 NHKのニュース番組で一番好感のもてるのはBSのニュースである。女性アナが原稿を棒読みするだけの無愛想な画面。これで十分、何の不満も感じない。

NHKのすべての番組に腹を立ててるわけではない。「日曜美術館」や「クラシック音楽館」「日本の芸能」とスポーツ中継なんかは十分楽しんでいる。それでも基本的にNHKには嫌悪感を抱いている。受信者の半分くらいはNHKに嫌悪感をもってるのではないか。今どき、これほど「甘えの構造」に浸ってる組織は珍しい。自分はN国党の支持者ではないけど、「NHKをぶっ壊す」のは大賛成であります。


NHKニュース7


アートシーン

アートシーン
09 /06 2019



●東大阪市文化創造館 オープン

 6月に堺の「フェニーチェ堺」(10月1日オープン予定)の見学記、感想文を紹介しましたが、これより一月早く、9月1日に東大阪市の「文化創造館」がオープンしました。施設全体のサイズは同じくらいですが、大ホールは堺の2000人に対して東大阪は1500人と一回り小さめ、人口の差を考えたら妥当な大きさでせう。
 外観のデザインについて、フェニーチェ堺は正面玄関前が駐車場になっていてブサイク、と悪口を書いたので、東大阪はどうするのか、興味ありましたが、こちらは素直に?芝生の広場になっていました。下の写真で見比べて下さい。堺の玄関前駐車場風景はどうにも無粋、ブサイクだということ、お分かり頂けると思います。設計施工業者のブランドでは堺のほうが一流だったにもかかわらず、お粗末な設計になったこと、悔やまれます。しかし、駄目男のように、堺と東大阪の両方を訪ねて比べるなんてヒマジンは稀だから、堺の人が気分を害することはない。ホールの玄関つてこんなもんか、と思えば、それで済んでしまいます。

 唯物的にはなんの不利益はないにしても、これから音楽を聴きにいく、芝居を見に行くと期待に胸はずませてホールへ向かう道が駐車場まえの道か、芝生広場の道か、どちらが気分がよいか言うまでもない。このビジターの感性を無視したのが残念であります。(注)東大阪文化創造館の駐車場はホールの背後にあり、表からは見えない。

フェニーチェ堺の玄関前は無粋な駐車場
東大阪文化創造館


東大阪文化創造館の玄関前は芝生広場
東大阪

東大阪 


●ピアノのお披露目演奏会

 新しいホールができるとホールにマッチした新しいピアノが購入されます。ホールのグレードが高いほどピアノの選定も慎重になり、お金もかかります。東大阪文化創造館では3台のピアノを購入し、そのテスト弾きが公開されたので聴きにいきました。予定では小ホールを使うことになっていましたが、希望者が増えて急遽、大ホールでのテストに変更されました。調律師さんはえらい苦労したのではと察します。

 ピアノの選定とテスト演奏は久元祐子さん。なんか聴いたことのある名前やなあ、と思っていたら、神戸市長、久元喜造さんの奥さんでした。試し弾きは誰でも知ってる「トルコ行進曲」など数曲と、モーツアルト「ピアノ協奏曲20番」オケの代わりにピアノが編曲版を演奏します。
 見た目にはぜんぜん変わらない三台のピアノが、弾いて見ると、音量や音色でえらい違いがある。ピアノコンクールでスタインウエイがもっともよく選ばれるということがなんとなく納得できるシーンでした。もっとも、ご本人はベーゼンドルファーの愛好家である由。

大ホールへ入ったとたん、わ、そっくりやんかと驚いた。ステージ回りのデザインが西宮の「兵庫県立芸セン」とそっくりさんでした。
東大阪


新規購入の3台のピアノ。左2台がスタインウエイ(中央が大ホール用のD-274)右がヤマハ。値段は3台で約6000万円。
東大阪


2階のサイド席はとてもゆったりした空間。しかし、ステージ手前が見えないかも。(当日は立ち入り禁止で確かめられず)
東大阪


●ここにも「まちライブラリー」ができた

 まちライブラリーの発明者?礒井氏の奮闘であちこちに新しいライブラリーができていて、この文化創造館でも蔵書数は少ないながら、9月1日にオープンしました。市民からの寄贈本だけで運営するので、新規開業では本が集まらず、もりのみやライブラリーから1000冊以上がここへ引越しました。駄目男がぜひ陳列してほしいとお願いした「絶対ゆるまないネジ」も早速、棚で見つけました。(著者の経営するハードロック工業が東大阪市にあるからです)
 しかし、この「絶対もうからないライブラリー」のシステム、どんな運営方法で維持しているのか、よそもんながら気になります。

なお、東大阪市文化創造館は近鉄八戸ノ里駅から北へ250m。


オープン三日目のライブラリー
東大阪


駄目男の寄贈した本
東大阪 







閑人帳

閑人帳
09 /02 2019



●ココルームがTVに登場 ~ABC放送~

 9月2日の夕方のニュース番組にココルームが登場。釜ヶ崎になんで クラシック音楽バーがあるねん!の興味から取材されたみたいです。この手の企画にしては長い時間の放送で15分くらいありました。 店主も変人なら客も奇人変人が多いのはこの環境の宿命、ま、客どうし喧嘩せんように、おだやかにたのんます。それにしても、ワーグナー聴きながら、大学教授とドヤ暮らしの労務者が隣どうしで飲むバーなんて、日本中でここだけでせう。


ここ 


ここるーむ 


ここ 





 dameo

■10年続けた<快道ウオーキング>を改題しました。
■《手づくり本》の研究は、大事なことは紙に記録しようという、アナログ爺のレジスタンスです。お問い合わせは【拍手ボタン】押してコメント欄からどうぞ。内容は非公開です。
■下記のカテゴリーが趣味をあらわしています。
■ニックネームはdameo(丸出駄目男)です。
■1939年大阪生まれ