閑人帳



●思わず誉めそうになった・・北ICBM

 ほんの一年前までは「発射に失敗」「発射直後に爆発」が半分近くあった北のミサイルが、今年になって俄然、技術的進歩をとげ、日米も唖然とするくらいであります。特に最新の「火星14号」は米国本土に届く射程の長さを得た。今まで上から目線で「ま、大したことないやろ」と軽く見ていた米国もさすがにあわてはじめた。


駄目男が感心するのは発射装置のシンプルさです。ミサイルを大型トレーラーでのどかな里山風景の一画に運び、トレーラーから下ろすと同時にコンクリートのベースにセットする。ミサイルや大型ロケットの発射には大層な構造の発射台へのセットが普通でしたが、そんなもんナシです。本体を支えるホルダー(支柱)がなくて、ミサイルの底面が地面に接してるように見えるくらいイージーな装置に見えます。この安直な装置で金委員長が「ほな、行くで」と指令すれば、ズズズガーン・・と上昇する。


発射の瞬間、衝撃でわずかでも揺れたり、傾けば安定を失ってコケる、あるいは、静止状態で風速10mくらいの強風が吹いてもコケる・・大事故を想像してしまうのですが、そんな駄目男の心配をよそに見事に宇宙へ飛んでいくのであります。打ち上げ花火でさえ「発射筒」を使って方角を制御するのに1万キロ飛ぶ大陸間弾道弾がこんなにイージーに発射できるなんて、ホンマ、えらいやっちゃ、と思わず誉めてしまいそうになりました。


このようなイージーでシンプルなミサイル発射の技術、アメリカやロシアでももっていないのではと先輩国を疑いたくなります。というのは、米・ロなどは、ICBMの発射装置をつくったのはもう何十年も昔のことで、以後、技術的進歩がなかった。(発射を迫られるような国際情勢がなかった)しかし、北朝鮮は下町ロケットのおじさんたちのように、少ない資金と人材でコツコツ研究を続けた。といっても、技術ベースはロシアなどからのコピーだろうし、あの巨大なトレーラーはシナ製という情報もある。どっちにしても短期間ですごく技術が向上したことは事実であります。ロケット開発といえば、未だに設計段階でもたついてる韓国からみれば、賞賛、羨望、嫉妬、の念、むんむん状態であります。


ミサイルを日本海へ着水させる練習はそろそろ終わりです。次はハワイ近海?・・「撃つぞ」と脅迫すれば、キューバ危機以来の大ピンチ。対するアメリカが最初にやることは、在庫ん十年のミサイルのサビ落としだったりして。



花火を打ち上げるような感じで大陸間ミサイルを打ち上げる
ミサイル 




ミサイル 






スポンサーサイト

閑人帳


●太陽光発電事業の怪しさ・・の見本

 前回は太陽光発電事業は発電能力は小さいのに環境破壊などのリスクは大きいと書きました。念のために「リスク」を検索すると、それ、いわんこっちゃない・・そのまんま、大問題になっている事案があります。静岡県伊東市における「伊豆高原メガソーラーパーク発電所」(仮称)計画です。大室山の近く、観光、保養地に近いエリアで、敷地は104ha(大阪城公園と同じ広さ)のうち、半分の面積で森林を伐採し、12万枚のパネルを設置する。傾斜地なので雨による土砂の流出は避けられず、深刻な環境破壊が予想され、地元で反対運動が起きています。


開発会社は韓国資本の会社、社長は韓国人。これだけでも「?」でありますが、実は親会社が韓国有数のパネルメーカーです。つまり、自社でつくったパネルを自社開発した敷地で使うわけで、大幅なコストダウンが可能です。開発許可についてはすでに法律上でクリアしており、市が着工を阻止するのは難しいらしい。業者は9月に工事をはじめる予定。


開発計画を知って、地元住民は危機感をもち、業者に詳しい説明を求めた。しかし、住民も、行政も開発工事を阻止する術をもたない。土地自体は地主から業者に譲渡済み・・となると、あとは市や住民が「開発をやめて下さい」とお願いするしかない。こんな状況です。
 土地を売り渡した数十人?の地主は今どんなにつらい思いをしているか。無知、不勉強ゆえに業者の巧みな誘導でハンコを押してしまい、結果、近隣住民を裏切ることになってしまった。いたたまれない気持ちでせう。なお腹立たしいことに、こんな怪しげな発電事業にも、住民は(全国民は)再エネ賦課金を強制徴収されて事業を援助することです。


詳しいことは参考情報を読んで下さい。静岡の田舎で起きているトラブルなので全国ニュースにはならず、駄目男も知りませんでした。実は、これと同類の環境破壊発電事業が各地で起きている。太陽光発電はクリーンエネルギーである。どんどん増やすべき、と安易に考えている人がいたら、A級の世間知らずです。


参考情報
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakamuratomohiko/20170613-00071994/
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4911.html
http://izu-np.co.jp/ito/news/20170614iz0000000009000c.html

伊豆高原メガソーラー計画
so-ra-

近ごろ、こんな醜悪な風景をあちこちで見かけます
so-ra-





閑人帳



●猛暑の日々、電力は大丈夫?

 例年、大阪の暑さのピークは天神祭から立秋ごろまでの約半月、毎日35度前後の日が続きますが、今年は電力事情がぜんぜん話題になりません。ということは大丈夫なのでせう。そこで関西電力のHPを開けてみると、電力消費グラフが大丈夫を示していました。最低3パーセントが必要な予備供給力が、今年は5~10%あり、余程のトラブルが起きない限り、ピンチの心配はありません。


余裕ができたのは、むろん、原発が再稼働したからです。高浜の2機で約170万kw、年間840億円もの利益が増えます。なので、来月から値下げになります。(家庭用で3%くらい)10月には大飯原発も稼働するのでさらにコストが下がり、再値下げが期待できます。
 一方で、いつか、ここで書いた「再エネ促進賦課金」はじりじり増えて、標準家庭では月間1000円をこえる負担を強いられています。個人住宅の太陽光発電に関しては、どう考えても「貧乏人が金持ちを援助する」システムになっており、早晩、消費者からブーイングが起きるでせう。


関西電力は堺の埋め立て地に大規模太陽光発電施設をもっています。敷地面積は約20㏊、甲子園球場の5倍以上の広大なものですが、発電能力はわずか1万kw。但し、これはカタログ性能で、実際の能力は半分以下です。規模に比べてなんともみみっちい能力ではありませんか。山あいの無人水力発電所のほうがよほど効率がよくて安上がりです。


秋に再稼働が予定されている大飯原発は1基で100万kwの発電能力があります。もし、同じ100万kwを太陽光で発電すれば2000haのフラットな土地が要ります。甲子園球場の500倍、大坂城公園の20倍、万博記念公園の10倍の広さです。これを山間部で開発すれば大規模な自然破壊が、平地に分散しても深刻な景観破壊、公害が起きる。要するに、太陽光発電が原発に代わるほどの規模になれば、国土破壊は避けられない。現に、事業者と住民の争いは各地で起きています。さらに、バックアップ用の火力発電所の建設も必要です。


関西電力が稼働している堺の太陽光発電施設
関電



リアルタイムで表示される「今日の電力事情」
関電 
関電

大阪日暮綴



●松竹座「七月大歌舞伎」鑑賞

 昼の部メインは「夏祭浪花大鑑」で、これは2004年に勘三郎(当時は勘九郎)が平成中村座公演で取り上げた。但し、野田秀樹がとんでもない脚本に書き換え、ニューヨークで公演して大受けした、その凱旋公演を見た、という次第。本当は親殺しの悲劇なのに、ドタバタ喜劇に仕立て直したのが大成功で、勘三郎(当時は勘九郎)亡き今はもう二度と見られない。あのキャラを再現できる役者さんはいませんね。


・・というわけで、今回はまじめな「夏祭浪花大鑑」。主役、団七は市川染五郎が初役で勤め、なかなかの熱演でした。大阪弁も無難にこなし、違和感なしなのは鴈次郎あたりがねちねち教えたのかもしれない。尾上松也もかっこいい。最後の場面は団七が舅、義平次にいびられた末、堪忍袋の緒が切れて斬り殺してしまうというアクションシーンですが、ちょっと長すぎる。もう5分くらい縮めたらどない?と思うのであります。


憎いとはいえ、義理の親子の間柄、あんなに長時間の「殺意の持続」は不自然であります。しかも、最後に後悔の台詞を述べるのだから、だったら、途中でハンセーして救急車呼びなさいよ・・は、ないか。殺される義平次役はたいへんな重労働で、逃げ回り、切られたうえに泥池にざんぶと放り込まれたりして、3週間、毎日これを続けるのは大難儀であります。(だから、アクションタイムを縮めろというのであります)


もうひとつの「二人道成寺」。道成寺バージョンの一つで、長唄囃子連中をバックに、時蔵と孝太郎がデュエットで舞う。公演期間の後半なので舞も囃子もこなれてリズムはきっちり決まり、ひととき、極楽気分を味わえます。舞踊のさなかに北朝鮮製ICBMがびよ~んと飛んで来て松竹座に命中しても文句は言いませんです。ハイ。(7月21日)


歌舞伎




大坂日暮綴



●はじめてサッカー試合を見物

 セレッソ大阪には何の義理もないけれど、ホームスタジアムが歩いていける近場にあるのに一度も観戦に出かけたことがありませんでした。それに、あろうことか、セレッソは現在リーグトップにいる。さらに、今度の試合は地元サービスみたいな割引きチケットを販売する・・というので、ようやく出かける気になりました。チケット代1500円ナリ。


キックオフは19時なので、TVで大相撲を見、晩飯を食べてから出かけても間に合います。今回の試合は本来の「キンチョウスタジアム」ではなく、となりの大きい「ヤンマースタジアム」で開催です。相手が浦和レッズで大入りが期待できるため、レンタルしたものです。(キンチョウスタジアムは観客数を増やすため、改装工事をします)。


1500円の席はスタンドの最果て(野球場でいえばバックスクリーンの横)であります。しかし、隣は浦和のコアな応援団席で2000人くらいの応援団が指揮者のもと、試合前から大声援を発しています。それに比べて割引き1500円券のセレッソ応援団席は「ちょっと、来てみましてん」の自分と同じような冷やかし?見物人中心で、セレッソの応援コールを歌える人なんか一人もいないのでした。そうか、チケットの金額によって応援のボルテージが違うのだ、と気づいたのであります。


試合がはじまると応援の声、わめきのボリュウムがものすごい。審判のホイッスルの音が全然聞こえない。大音量に加え、この試合、セレッソのチームカラーがピンク、浦和がレッドだから、スタジアム全部が赤く染まったみたいで、視覚的にも暑苦しいことこの上ない。この阿鼻叫喚の騒音地獄が90分続くのか、と思うと気が重くなりそうですが、幸い、セレッソが4対2で勝って、まずはメデタシでした。全体に大味な試合運びになったのは暑さのせいですか。(7月22日)


J1リーグ 成績表
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1



向かって右側がセレッソ応援席。観客は3万2千人だった。
サッカー




せめて散水で涼感を出そうと・・
サッカー 



偶然、ゴール場面が撮影できた
サッカー 



向こう側が浦和の応援席、サポーター同志がケンカしないように、境界に幕を張り、空席をつくって衝突を防ぐ。
サッカー 







大阪日暮綴


●「かっぱ横丁」古書店が移転していた

 阪急梅田駅高架下の「かっぱ横丁」の古書店が、紀伊國屋梅田店のとなりに引っ越している・・ということを知らなかった。四月末に移転して再オープンしたそうです。新しい店は、木質感、和風の外観で統一されていて、以前より高級感が増しましたが、そのぶん、ちょっと入りにくくなった感じもあります。この機会に、二、三の店が廃業したそう。


古い「古書のまち」は1975年の開業だから、もう40年以上経っている。茶屋町界隈に戦前築の木造民家がたくさん残っていた時代です。新しい通りは「うめ茶小路」といい、通りの西側は紀伊國屋書店なので、両方訪ねたい人には便利になりました。


新しい古書店街
かっぱ横丁 




オーキング・観光



●草間彌生展 鑑賞 ~フォーエバー現代美術館~

 こんな美術展、美術館、ご存じない方が多いと思いますが、そのはずで、先月、オープンしたばかりです。草間作品を大量にコレクションしている団体が、京都・祗園の「八坂会館」の一部を借りて開催しており、10月末までの期間限定をうたっています。しかし、内部の改装にかなりの投資をしているので、こんな半端な運営ではモトが取れんやろ、と貧乏性駄目男は余計な心配をするのでありました。


別の用件で京都へ行った、その帰り道に寄りました。36度の猛暑のなか、ご苦労さんでおます。会場は古い木像建物なので、展示室はすべて畳敷きです。草間作品のイメージからすれば別世界みたいな雰囲気ですが、べつに不快ではない。むしろ、外国人鑑賞者などは、このミスマッチぶりが心地よいかも、と想像しました。和室といっても、ちまちました小部屋ではなく、五十畳とか百畳敷きの広い部屋で、天井も十分高い。この大空間が快適さを生んでいます。広幅の廊下から庭園を見渡せるのも気持ちいい。


作品のほとんどはシルクスクリーンですが、1970年ごろから最近まで、モチーフは相変わらず水玉、カボチャ、花木、がメインながら、ずいぶん華やかに、かつ、洗練されてきたことが分かります。原画をかっこよく表現できる技術の進歩もなかなかです。優れたエンジニアやデザイナーのサポートがしっかりしていることが想像できます。そのぶん、アート作品からグラフィックデザイン作品に移行しているような印象もあります。初期の偏執狂的おどろおどろしさというか「ゲージツは爆発だ」みたいな、原初的なエネルギーは感じない。はじめて草間作品に接する若い人は、華やかさやセンスの良さで評価してしまうかもしれません。草間センセに「偏執狂」を感じる人は少ないでせう。


ビジターの3~4割は外国人、全体の8割は女性。広いカフェもあって草間作品ふうの甘党メニューがおばさん、おねえさんをユーワクします。おっさん、おじいさんは眼中にナシという明快なコンセプトでつくられた美術館であります。キッパリ、バリアフリーも無いので年寄りはご用心くだされ。(不親切なのではなく、古い建物の構造上、改修ができない)



玄関前におなじみのカボチャがどて~ん、と。

草間


お庭の散策は自由にできる
草間彌生 



句sマ 



ミュージアムカフェ
草間 


ケーキも草間流にお化粧します。
草間 



展示室の一部(公開画像を引用)
草間 





読書と音楽の愉しみ



●渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」を読む

 2012年発売後、累計200万部以上売れたという大ヒット本であります。本書を発行する前、著者はすでに10冊ほど同工異曲の本を出版していたが、ヒットはしなかった。本書が突然ヒットしたのは、内容より題名によるところが大きいと思っています。それまではキリスト信仰をテーマに「心の~~」とか「愛が~~」という題名で、まあ、ありきたり、陳腐なものでした。発行所はPHP研究所に限られていました。それが、題名を「置かれた・・」に変え、発行所も、やり手社長、見城徹氏が率いる幻冬舎に変わると、パンパカパ~ン、大ヒットしたのでした。


似たような内容でも、題名を工夫するだけでこんなに売れるという見本です。著者は2016年に亡くなりましたが、苦節50年、名誉も報酬も最高のものを得て旅立たれました。苦労は十分報われたと思います。 さてと、本書を読んでみると、この本がなんで大ヒットしたのか、よく分からないというのが正直な感想です。カトリックの教えを強くうたわず、上から目線で説かず、といったソフトな語り口が読者に受け入れやすかったではと思いますが、基本は、題名のように、多くを求めず、感謝と寛容のこころをもって生きなさい、ふうなことを説いています。


若者が読めば人生の指針になるような内容であっても、60歳過ぎて、世間の波にもまれてきたじいさん、ばあさんには何ほどの有り難みも感じない本でせう。ありがたい説話も「それがどないしてん」な感じ。但し、著者の父親が二・二六事件で反乱者に襲われ、9歳だった著者の目の前で絶命した事件は生涯トラウマになり、それでも晩年に至って加害者を許す決心に至るのは、常人にはできないことであり、信仰という心の支えがあればこその大決断です。あなたに出来るか、と問われたら「でけまへん」と答えます。


本書は中央図書館の7月読書会の指定本。無難な感想を述べた人が半分、あとは結構きつい批判の発言で、200万部セラーのヒット作品とは思えないイジられ方でした。年寄りは意地悪でおます。(2012年 幻冬舎発行)


置かれた場所で・・ 




 

閑人帳



●「黙秘します」=サイコパス?

 前回、サイコパスのことを書いたばかりなのに、神戸の街はずれでこれに該当するかもしれない大事件が起きた。引きこもりの男が身内や近所の人、5人を殺傷したという。容疑者の男は取り調べが始まると「黙秘します」と言った。黙秘しても死刑は確実で延命には役立たないのに。
 最近になって、逮捕後「黙秘します」で対処している重大事件の容疑者が三人いる。福岡で妻子三人を殺害し、放火の疑いもある現職の警官。1971年の渋谷暴動事件で警官を殺害した容疑で半世紀近くたってようやく逮捕された大坂正明容疑者。そして、今回の事件の容疑者。


彼ら三人に共通していることは「黙秘します」の対応とともに、凄惨な事件を起こしたにしてはえらく落ち着いていることで、普通の人間なら恐怖や後悔の感情で錯乱状態になるのに、平然としている。まして、福岡と神戸の二人は家族を殺しているのだから、平然はあり得ないと思うのが常識でせう。戦場で敵兵を殺しても深いトラウマに苦しむ兵士がいるのに「人を殺しても平然としておれる」という感覚は常人には理解できない。持って生まれた不幸な資質=サイコパスと考えてしまう。


不幸な生い立ちや辛い人生がサイコパスを生むのではない。裕福な家庭で大事に育てられてもサイコパスになる。要するに、人口の一定の比率で存在する。家族の愛情や友人の善意、熱心な教育やしつけなど何の役にも立たない、というところが恐ろしい。2014年、長崎県佐世保市で起きた「佐世保女子高生殺害解剖事件」が典型的な例で、記事を読んでも俄に信じられないくらい酷い事件だった。


サイコパスの研究が進み、その概念が普及すれば、うろたえるばかり、という世間の反応も少しは変わるかもしれない。その上で、とても辛いが、不幸な資質をもった人間が一定の比率で存在することを受容する。「サイコパス」の著者、中野信子氏は、サイコパスの比率は百人に一人くらい、とさらりと書いているが、高額宝くじの当選よりはるかに高い確率で共生していることになる。(注・サイコパス全てが悪人というのではない)できれば、百分の一より、千分の一、万分の一の世間で人生を終えたい。

中野信子著「サイコパス」の紹介
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%91%E3%82%B9-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%B8%AD%E9%87%8E-%E4%BF%A1%E5%AD%90/dp/4166610945


閑人帳



●<電通>という名のサイコパス

 社員の過労自殺で訴追された電通が、事務的な手続きで終わる略式起訴ではなく、正式の裁判で裁かれることになった。小さな仕事に明け暮れる東京簡裁が判断した。簡裁のええかっこしいと思えなくもないが、ここは素直に英断と受け止めよう。しかし、電通の社長以下、幹部連中にとっては最高にいやらしい判断であります。略式起訴なら、ハンコ押して罰金払って、ハイ終わりなのに、裁判となれば被告席にすわらされて己の罪状を聞かなければならない。忙しいのに、なんという鬱陶しいことか。


中野信子著「サイコパス」を読んでから、現実にどういう人物がサイコパスなのか興味をもって世間を眺めるようになりました。断っておきますが、サイコパス=悪人ではない。各界の指導者や一流企業の経営者にもサイコパスとみなされる人がいる。中野信子氏はトランプ大統領をサイコパスでは、と疑っている。駄目男が一番わかりやすい例として認識しているのが、青酸カリで夫を次々毒殺したと疑われている筧千佐子被告です。悪意や強欲だけでは理解不可能な人間性を考えるにサイコパスの概念があてはまるような気がします。

サイコパスの重要な要素である
・他者に共感できない(人を殺しても心が傷まない)
・平気でウソをつける才能がある。
彼女の特異性はこの二点でサイコパスと理解できる。
 ビジネス界では、有名なブラック企業の社長W氏が典型です。


電通の不幸は企業風土がサイコパス状態であることです。誰がそんな企業風土をつくったのか。言わずと知れた、四代目社長、吉田秀雄氏です。 有名な「鬼十則」では、やる気を出せ、人を出し抜け、責任を取れ、と勇ましい言葉が並んでいて、昔風ど根性主義丸出しです。こんなしょーもないアジテーションを受容し、励みにした社員が日本一の広告会社に成長させた。ダサイ「鬼十則」が存在すること自体、二流企業の証しみたいに思ってしまいますが、これで、電通というサイコパスが出来上がってしまった。(事件後、鬼十則は社内で削除された)


失礼な想像ながら、先代、現在の社長さんも、生まれつきかどうかはともかく、サイコパス、またはサイコパスもどきでせう。でなければ出世するはずがない。日本一の広告会社、電通が、今は「まつりさん殺しの電通」というマイナスイメージの方が強くなった。裁判が成立すれば、社長が犯罪人というレッテルも貼られる。人間関係が特に大事な仕事ゆえに、このレッテルは辛い。そんなこと、さほど問題では無いと開き直るようでは純粋サイコパスであります。ブラックにしてサイコパス・・「冷血企業」という呼び方はどうでせうか。

プチ・ケチの研究



●目玉焼きの研究

100円ショップのツールを使う
 黄身にもそこそこ熱の通った目玉焼きの作り方を調べると、100円ショップで目玉焼き用ツールを売っていることが分かった。要するに、白身が広がりすぎなければ良い。で、写真のツールをダイソーで購入。(円形が良いけど、ハート型しかなかった)パーツはステンレスの枠と取っ手の2ピース。取っ手を枠に取り付ける方法は、ビスとナットでなく、<かしめ>で取り付けるが、戸惑う人が多いと思う。金槌か強力なペンチが要るので、道具がなければお手上げです。この取り付け方の説明がぜんぜんない。


試しにつくってみると、なんとか想定どおりにできましたが、取っ手が熱くなって火傷する。フライパンの底面が完全にフラットでなければ、白身液が漏れでる、など難点あり。(円形の場合は白身液漏れはなさそう)手間と効果を考えると、再度使う気にならない。


鋳物の鍋(?)を使う
 100円ショップでなく、普通のキッチン用品売り場で、直径12センチ、鋳物製の鍋?を見つけたので、これは目玉焼きに使えるかもと購入(560円)。鋳物だから、ちっちゃいのに650gもあって重い。見た目はとてもブサイク。これって、何をつくる鍋なのか分からない。
 鋳物だから表面がざらざらで油をひいても無茶くっつく。なので、くっつかない表面処理をしたアルミホイルを敷いて試すと・・想定通りの目玉焼きができました。


この、小さくてブサイクな鍋とアルミホイルを使うと・・
・油を使わないので、洗う手間が省ける(洗剤の節約も)
・鋳物は保熱力が高いので、火を止めた後の余熱で焼ける
・ホイルの費用が必要
など、メリット、デメリットがありますが、今後はこれで目玉焼きをつくることにしました。鍋の寿命はン十年もつでせう。


ダイソーの「デザイン目玉焼き器」100円
目玉 


 試し焼き
目玉焼き


鋳物の鍋?
目玉 


アルミホイルを敷いて焼く
目玉 


こんな感じに焼ける
目玉 




閑人帳



●案の定、朝毎はボコボコに・・
     ~YTV「そこまで言って委員会」~

 久しぶりにYTV「そこまで言って委員会」を見た。(7月9日)今回のテーマは大手新聞は国内外の重要な問題をどう伝えているか、で朝日、毎日、読売、産経、日経、東京、の6紙を対象にした。また、読売と産経は論説委員が参加、朝日と毎日は現役の記者や編集者は参加せず(参加を求めても応じないはず)元朝日、元毎日の記者が火だるま覚悟で?参加していました。両人は現在、フリージャーナリスト、大学教授と別の道に進んでいます。


読売テレビの番組だから、読売というポジションで企画、構成されていて、パネリストも読売TVが選んでおり、朝日、毎日がバッシングの対象になるのは自明のこと、ご両人はアルバイトのつもりで参加した、と割り切っていたかもしれません。当然、発言の自由は社員時代より10倍あるはずですが、発言の基本スタンスは現役時代に近いものでした。それは当然で、朝日、毎日を辞めたからといって読売の論調にすり寄るなんて見え見えの変節はあり得ないでせう。


元朝日の高橋氏が言うに「朝日の報道姿勢は一貫していて、安倍内閣を倒せるなら、どんなネタでも使う。記事の公平性なんかどうでもいい。現在なら加計問題や森友問題。実際は小さな問題なのに、目一杯ハデに扱って打倒安倍政権の手段に使う」という趣旨の発言でありました。これが朝日のホンネでありませう。(現役記者ならこんな発言はできない)
 第一次安倍政権ができたとき「安倍の葬式はウチで出す」(某論説委員の発言)とか、「打倒安倍はうちの社是です」と威勢のいいことをぶち上げたのに実現の見込みなく、逆に慰安婦問題や吉田調書問題でドジを重ねて大量の読者離れを起こしてしまった。


元毎日新聞の森氏は安保や沖縄問題での基本的な認識が素人レベル?で、無知や発言の矛盾を突かれ、しどろもどろの場面が多々。パネリストに上から目線で論破され、もう二度とこの番組には出ないでせう。 サヨクやリベラルの人たちの言論は、仲間うちでは勇ましいが、保守的思想の人に対しては論理的な説得力がぜんぜん無い。なぜか。現実をしっかり見ていないからです。


朝日の場合は、朝日の思想に合わせて事実をねじまげる。あるいは、無いものを有ると「捏造」する。福島原発事故の「吉田調書」問題が典型的な例で、過去に遡れば他紙に比べて虚報や捏造の「前科」が圧倒的に多い。自社の思想優先でええ加減な記事を書くのは朝日の「社是」になっている。


北朝鮮のミサイル、核開発問題は日本にとっても深刻な脅威になっている。しかし、これをどう伝えるかは各紙にバラツキがある。読売や産経はふつうに「深刻な脅威」ととらえるが、朝日と毎日が同じように深刻ぶって報道すると自然に「脅威に備えよ」の論調になり、社の基本思想である「護憲」と矛盾が起きてしまう。で、キッパリ北朝鮮を悪者扱いにできない。同じネタでも表現にビミョーな違いが出るのであります。


慰安婦問題謝罪以後、朝日は人材の劣化が著しい。年収の大巾カットなどで社員に嫌気を起こさせ、人員減をはかる。しかし、普通は優秀な人から順に退職してゆく。高橋氏が優秀だったかどうかは知らないが、気骨のある人から去ってゆく。これでは困るのでありますが、もう、そんなこと言ってられないのか。先月も大阪本社の編集委員がツイッターで米国イージス艦事故絡みで非常識な文を発信して顰蹙をかった。(二日後、謝罪、削除した)ほんと、朝日さん、大丈夫かい?と心配してしまう。


先日、元朝日の社員、長谷川煕氏が書いた「崩壊 朝日新聞」という本を読んだけど、数ある朝日批判本の中では一番取り組みが真摯で、戦前のゾルゲ事件まで遡って左傾した事情を論じている。著者によれば、朝日には、未だに社会主義国家への幻想を抱いてる記者や編集幹部がいるという。化石みたいな人間が新聞をつくっている。


左・元朝日の高橋氏と右・元毎日の森氏
そこまで  

そこまで







たまには外メシ



●奈良・学園前「エスト」のランチ

 Kさんの案内で大和文華館へ行く前に昼メシ。近鉄学園前駅から2分、地味な構えの店があります。洋食店?フランス料理店?・・と、どっちつかずな感じですが、雰囲気からは洋食店のほうが合ってるみたい。定番のランチは1600円でコーヒー付き、若い人なら物足りないかもしれないが、ロージンにはちょうど良いボリュームと味つけでした。当店はご近所のオバサン連中の会食によく利用されるそうで、平日でも予約がベターとか。大衆店でも高級店でもない、ハンパさがプラス評価される例といえます。


ランチ 


ランチ 


メインディッシュは、魚、ミニステーキ、ビーフシチューから選べます。
ランチ  

店から大和文華館まで5分以内
ランチ





プチ・ケチの研究



●これでいいのだ!・・7040円の東芝製掃除機

 19年間使った掃除機がこわれたので新品を買いました。旧来の紙パック式でヨドバシなら7040円ナリ。最低でも一万円はするだろうと思っていたので、予想外の安い買い物です。もちろん、シナ製ですけど。19年昔の掃除機とどこが変わった(進歩した)か。吸い込み仕事率が200wから470wへアップと電源スイッチが本体操作から手元操作になっただけです。重さや騒音レベルは同じ、即ち、進歩改善なしです。デザインに関しては古いほうが優れています。


掃除機に関するユーザーレビューを読むと、意外に多いのが「サイクロン式を使っていたが、紙パック式に買い替えました」の投稿。新型から旧型へ逆戻りです。これなら、紙パック式掃除機は早晩「絶滅危惧種」にならないでせう。但し、駄目男が紙パック式を買ったのは「お金がないから」であります。ユーザーレビューなんぞ関係ありませんです。


サイクロン式が嫌われるのは、週一とかのゴミ掃除が面倒なうえ、ゴミを捨てるときにホコリが舞って不潔だから。だったら紙パック式のほうが楽ちん、というわけです。(但し、紙パック購入費用が要ります) 売り場に行くと、掃除機の中心価格帯は3万~5万円で、7040円の安物は実物展示ナシ。「お取り寄せになります」とかで、東京から送ってもらった。こんな安物売ってたんじゃ、商売になりませんて。


家から消えゆく「ナショナル」「サンヨー」製品
 壊れた掃除機はサンヨー製品。これが消えると、我が家のサンヨーブランドは扇風機だけになります。これは1991年 マレーシア製、26年間使って故障なしのスグレモノです。ナショナルブランドは炊飯器が現役です。1980年代製だから30年以上使ってます。電源スイッチとタイマーしかない低機能なうえ、消費電力300wという非力ぶりが時代を表しています。


ついでに、他の家電とメーカーを書くと・・エアコンは三菱、洗濯機は東芝、冷蔵庫は日立、テレビと電子レンジはシャープ、ラジカセはパナソニック、パソコンは富士通・・・結構、まんべんに買っていました。


サンヨーの扇風機 26年使用
扇風機



ナショナルの炊飯器(3合炊き)30年以上使用
炊飯器 





読書と音楽の愉しみ


●山下裕二著「驚くべき日本美術」を読む

 日本美術の鑑賞ガイドにこんな楽しい本があるとは知りませんでした。驚くべき美術ガイドブック・・とヨイショしておきます。時代に沿って流派や作品の解説をする通常の本とは大違いです。
 本来の専門は室町時代の雪舟などの研究ですが、そこはアカデミックな見方にとらわれず、興味あればなんでも研究する。話転々として横尾忠則やつげ義春まで登場する。脱線しすぎやろ、という批判はあるだろうけど、とりあえず面白い、退屈しない。


一方で、こんなエグイことも言う。「日本画独特の描線の達人は、鏑木清方と上村松園をもって終わった」と。そういえば、そんな気もします。文章が面白いのは、有名人や大家の作品について忖度しないから。
 あの有名な俵屋宗達の「風神雷神図」。これを写した尾形光琳の作品は失敗作だとキッパリ! なんで?・・雷神が背負った太鼓の環が宗達作品では屏風のフレームからはみ出してるのに、光琳はフレーム内に収まってる。これがイカンというのであります。この見方に駄目男は賛成です。大方の美術ファンは同じ意見ではないでせうか。でも、ふつう、シロウトが「尾形光琳作品は失敗作」なんてオソロシクて言えませんよね。


あちこち間口を広げているうちに岡本太郎作品にも関わるようになる。伝統的日本画とは対極にあるようなゲージツですが、太郎のアンチ思想への共感からです。・・というわけで、ハチャメチャな美術論てんこもりでありますが、大いに楽しませてもらいました。(2015年 集英社発行)


驚くべき 






たなかよしゆきさんの古道紀行予定一覧  



●2017~2018 
古道紀行 おおばこの会  ~予定表~

**********************
主宰はたなかよしゆきさんです。お問い合わせは
電話・ファクス 0745-79-6452
ケータイ 090-3485-6452 へお願いします。
**********************


2017年 後半
oobako


2018年 前半
oobako



ウオーキング・観光



●模型づくりの凄ワザを見た
       
     ~景観模型工房 作品展~

 
 CGやVRがもてはやされるこの時代に、敢えて手作りの模型で建築や風景をリアルに表現するのがこの工房です。標準は300分の1のサイズでつくるそう。これでは人間のサイズは5~6ミリになってしまう。そんなの、どだい無理でせう、と思うけど、それができちゃうのですね。


こういうのを「クソリアリズム」と言うのでせう(笑)。その特殊な技術が認知されて注文続々?なのか、あるいは物珍しさもあってかメディアの取材や外国人の見学が多々ある。工房は大阪府箕面市にあって、スタッフはわずか7人という零細企業なのも好ましい。これって、もう有名になった食品サンプルメーカーに似た存在といえるでせう。貧乏性の駄目男はつい「こんなもん作って儲かりまっか」と心配してしまいますが、いかがでありませうか。


会場は中之島図書館の3F、入場無料なので、閑人はお出かけあれ。7月29日まで。日曜・祝日休館 会場は撮影禁止なので、下の写真は工房のHPから引用しています。
http://keikan.art.coocan.jp/


阪神甲子園球場の模型。これを30センチくらいの巾でつくってある。それにしては、看板の文字のリアルさや身長5ミリの観客の姿など、従来の模型の概念を越えた表現力に驚く。
模型


鳥取県三仏寺の「投入堂」の冬の風景。どうしてつくったのか、ツララがすごくリアル。岩をよじ登る人物がいることで臨場感が増す。
模型


住友本家須磨別邸の再現模型。芝生や樹木をリアルに表現することで、建物も立派に見える。
模型


会場風景
模型

●♪~見下げてごらん 夜の星を~♪

 上記模型展はTさんの「おもろいで!」案内で参りましたが、外へ出ると人の流れが上流のほうへ向いている。今日は七夕、大川で天の川イベントがあるので、みなさん天満橋方面へ向かってるとのこと。みんなにつられて難波橋までくると、その上流がイベント会場になっていました。天の川は見上げるものですが、都会では見下げるかっこうで、何万個という青いボールが星であります。これを最初に思いついた人、エライ。


天神橋から上手はたいへんな人出で・・ということは常連さんが多いのでせう。浴衣姿が目についたのは地元住民が多いということか。遊覧船もたくさん出ていましたが、さぞかしビールが旨いでせう。なんぼぎょうさん人出があっても、一夜限り、というのがよろしい。


模型


模型







犬町・猫町情報



●大泉緑地 緑陰散歩 ~7月例会~

 日中は30度を超える暑さながら、広い森の中は涼風も流れて、さほど不快にはならない環境。何より人の少ないのが快適のモトです。秋にはこの森のなかで「豚汁」例会を復活するプランも決まりました。(参加8名)


ゆっくり歩けば一周に一時間くらいかかる「樹のみち」
大泉


珍しい花「ルリマツリ」
大泉緑地


気味悪いキノコ
大泉 

大泉







閑人帳



●めざすは「小池総理大臣」

 自民をボコボコにして圧勝した都民ファーストの会、その代表だった小池氏が勝利の翌日に「都知事職に専念したいから」といって会の代表をやめた。理由は「二元代表になることへの懸念」でしたが、支持者は、小池さんが率いる都民ファーストの会だから一票を投じたのではなかったのか。??・・納得できない人、少なくないでせう。この変わり身の早さ、いつもの小池流です。


二元代表への懸念をいうなら、大阪は松井知事が維新の会の代表も兼ねていて、要するに「二元」問題の当事者というか、前例をつくっている。これに対して府民からブーイングが起きているということはない。 ま、小池流の思惑による代表辞退であります。では、後を託された野田氏は都民ファーストの会をしっかり掌握して円滑に運営できるだろうか。できないと思います。早晩、内輪揉めが起き、結局、小池院政でまとめるしかない。都民ファーストがするりと小池ファーストにチェンジする。選挙前より、小池都政への信頼度が高まることはないというのが普通の見方でせう。


小池氏にとっては、オリンピック問題や豊洲市場問題という大テーマも俗事でありませう。防衛大臣を担い、環境大臣をこなし、東京都知事という晴れ姿を経験しても達成感はない。しょせんは通過地点にすぎない。で、目指すは総理大臣であります。口には出さねど、これが最終目標であります。いや、ま、駄目男が勝手に思ってるだけですけど。
 好きではないけど、こういう女性が登場してほしかった。国家のリーダーを目指すくらいの野心と情熱をもった女性・・はこの人しかいない。ハンパでない嫌われかたも屁のカッパ、我が道を行けるのは小池氏だけです。


ほめられても、けなされても、都知事を二期やることはない。なんとか失脚せずに知事の任期をまっとう出来たとして70歳目前であります。権力者(総理)になるにはワンチャンスしかない。そのとき、都民ファーストの会はどうなっているのか・・躍進、内乱、消滅、身売り、なんとも予想しにくい。会がどうなっても、小池氏はマキャベリの本に書いてあるような権謀術数を駆使してトップを目指すでせう。


小池対小泉の一騎打ちを期待
 そのとき、最大のライバルは誰か。小泉進次郎、というのが駄目男の見立てであります。ミーハーの願望ではありますけどね。70歳対41歳。年齢的にはメルケルとマクロンの争いみたいな老若のバトルでもある。 これ以外にどんなトップ争いの構図が描けるでせうか。シモジモの民から見れば、巌流島の決闘みたいなわかりやすい絵になります。小池武蔵対小泉小次郎。だったら、勝負はついているからおもろない?。ま、シナリオはめいめい考えるとして、キャラクターはなんとなく似ているような気がします。

小池






ウオーキング・観光



●ハスが見頃・・長居植物園

 琵琶湖の一部では蓮池のハスが全滅した・・なんてニュースもありますが、幸い、長居植物園の大池では今年もたくさんのハスが咲き誇っています。9日(日)までは通常より開場時刻を早め、7時30分オープンです。(ハスの花は昼ごろには閉じてしまうから) ハスの写真を撮るには薄曇り~曇りの天候が良いようで、カンカン照りは敬遠されるらしい。池の東寄りでは、ピンクと黄色のスイレンも見頃になっています。(7月3日撮影)


ハス長居 

ハス 




ハス  
 



ハス 






閑人帳



●時代とはいえ・・地形図の売上げ20分の1に激減

 かつては山男、ハイキングファンの必携資料だった地形図がスマホの普及などで売れ行きが激減しているという。このニュースは地形図大好きの駄目男にはなんとも悲しい。残念だけど、時代の趨勢だから仕方ないと諦めるしかなさそう。わずか十数年前に地形図を使った「湯めぐりマップ」や「快道」シリーズマップをつくったのに、今や紙の地図が化石みたいに思えてしまうから、月日の経つ早さが恨めしい。


ニュースは「地形図の売上げは、2016年度は計47万2951枚と、記録のある1946年度以降の最低を更新、最高だった81年度の約910万枚の約20分の1まで激減したことが20日、販売を担当する日本地図センター(東京・目黒)の調べで分かった」と伝えています。2,5万地形図は全国で4400面あるので、僻地や離島などでは一年に一枚も売れなかった図巾もかなりありそうです。ちなみに、一番良くうれたのは、北アルプス「穂高岳」の1921枚。「京都東北部」1667枚が三番目です。


地形図再利用「地図扇子」がバカ売れ
地図は新しい版に更新されると、古いものは廃棄(古紙リサイクル)されます。地形図はとても上質の紙を使っているのでゴミにするのはいかにも惜しい。そこで、販売店の頭の良い人がなんとか有効に使いたいと扇子に貼ることを思いついた。ほんま、グッドアイデアです。
 これを1000本つくって売り出したら、意外や大好評、早々に売り切れたそうで、まずはメデタシメデタシであります。扇面としてのデザインがユニークだし、なんといっても丈夫、長持ちします。(写真参考)


捨て魔の駄目男は、地形図もパカパカ捨てていますが、それでも100枚以上、購入価格にしたら3万円ぶんくらいは残っている。上記の「扇子」のアイデアに習い、なんとかゴミにしなくて良い方法を考えたい。

地形図を使った扇子 図巾は北海道「増毛」日本地図センター
地図扇子


参考情報
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H8O_R20C17A4CR0000/
https://www.tbsradio.jp/159601
 



犬町・猫町情報



7月~8月プラン ご案内
       イラスト 梅本三郎



プラン


                梅雨の晴れ間


********************


●7~8月プラン ご案内

くちまめさんは7~8月は休み、次回は9月14日の予定です

7月プラン 大泉緑地 緑陰散歩 ~担当 小西~

 大阪府内の都市公園では一番ナチュラル感が高い大泉緑地。その森林エリアに設けられた、ふんわりクッションの「樹のみち」を歩きます。
天気予報の「曇」をアテにした日程です。(当プランは申込み不要)

■実施・・7月6日(木曜日) 雨天の場合は7日(金曜日)
■集合・・11時00分 地下鉄御堂筋線 新金岡駅改札口
(梅田から約30分 難波から約20分 なかもずから約3分)
■弁当持参要(駅にコンビニありません)
■コース・・新金岡駅~金岡団地~大泉緑地(昼食)~緑地新金岡口~カフェ「ミント」~新金岡駅 徒歩5~6キロ
■予約不要

大泉緑地「樹のみち」
プラン




***********************


8月プラン その1(追加情報)
 ~コンサートガイド~  
美術館で「四季」を聴く

天王寺美術館のエントランスホールでテレマン室内オーケストラの演奏会。おなじみの曲をならべたポピュラーなプログラムです。
〇バッハ・・G線上のアリア  〇パッヘルベル・・カノン
〇ヴィヴァルディ・・「四季」全曲 ほか

■8月5日(土曜日)
■会場 天王寺公園 大阪市立美術館 玄関ホール
■開演 午後7時 終了 午後8時45分
■チケット料金・・2500円 全部自由席(250席)
■ご希望の方は7月10日までに小西あてお知らせ下さい。
■チケット売切れの場合はご容赦下さい。


天王寺美術館エントランスホール
テレマン


***********************


8月プラン その2
 
ハルカス de ちょい呑み    ~担当 小西~

地上300mで夕景、夜景を眺めながらのビアタイム。「平日限定お手軽プラン」で訪ねます。

■実施・・8月30日(水) 雨天の場合は31日(木曜日)
■集合・・5時00分 地下鉄御堂筋線 天王寺駅
西改札口出たところ右手 花屋の前に集合
■費用・・3800円+α(ハルカス展望所入場料金+ビール・ソフトドリンク+おつまみ4品)飲み物は飲み放題、αは追加フードの料金です。
■申込み・・前日までにお知らせ下さい(キャンセル可)
■最少催行人数・・3名


ハルカス夜景
プラン



***********************


●残念、早すぎました・・ジャカランダ
 6月14日の例会、昨年の満開風景、6月14日と同じ日で設定しましたが、早すぎてまだ咲いていませんでした。年によってかなりブレがあるようです。参加8名。


■例会企画はだれでも出来ます。プランがあればお知らせ下さい。