FC2ブログ

プチ・ケチの研究



●経験で学んだエアコンの上手な使い方

 今月の電気代(7/24~8/23)は6,056円で、昨年の同期間より3%使用量が減っていました。この期間、35度以上の猛暑日が21日とかで、昨年よりずっと厳しい暑さが続きました。なのに電気消費量が減ったのはなぜか。べつに昨年より外出時間が多かったわけでもなく、逆に、猛暑で在宅時間は増えてるかもしれないのに。


むろん、常に節電は心がけているけど、今年はエアコンの使い方が上手になったからではないか、と思っています。その節電方法とは・・・

・運転を「自動運転」に任せた。
・1~2時間の外出ではOFFにしない。
・ 扇風機を活用する(25cm卓上型)
・エアコンの設定室温は27~28度。

 この使い方が「プチ・ケチ」に役だったのではと思います。以前は、除湿運転の設定や風速を手動で選ぶなど、マニュアル運転の時間がけっこう多かったけど、これを全部「自動」にまかせた。説明書によると、設計上、この自動運転が一番消費電力を小さくするようになっています。(単に、操作が面倒くさくなったせいもあります)

 照明器具などとちがって、エアコンは「こまめなオン・オフ」は節電にならないことを学びました。起動時には「ならし(自動)運転」時の10倍もの電力を使います。これをしょっちゅう繰り返していたら電気の無駄遣いになるばかりか、恐らくエアコンの寿命も縮めると思われます。近所に買い物に出かけるくらいならつけっぱなしで大丈夫です。


その他に、フィルターは半月ごとに洗うとか、室外機に直射日光が当たらないように、プレート(70×45cm)を載せる。屋外の配管は丁寧にウレタンフォームを巻き付けるといった、プチ・ケチ対策をしています。現在使ってるエアコンは2010年に購入した8畳用ですが、その前に使っていた1990年製(8畳用)では、真夏の電気代が11,000円かかったことがあります。20年後に新しく買い換え、使い方を工夫したら、45%も安くなりました。ちなみに、今月は全日、昼夜運転です。


こと「エアコン」に限っては「こまめな操作」と「長持ちさせる」という節約精神は逆効果になります。正しいケチンボになるには、いろいろ勉強が必要です。


ところで、じいさん、ばあさんの中には「寝るときはクーラーを止める」という人がいるけど、なんで止めるのか分からない。快適さより電気代がもったいないという気持ちのほうが強いのかな。または、新型のエアコンの性能を知らないのではないか。夜間にエアコンを使わないために熱中症で救急搬送なんて、かなり恥ずかしいことに思えるのですが。


風向板(上下・左右)の設定を正確にすることも大事
エアコン



スポンサーサイト

読書と音楽の愉しみ



●氏家幹人著「大江戸死体考」を読む

 書名の通り、おどろおどろしい内容であります。時代小説に詳しくない人でも名前は知っている「人斬り浅右衛門」こと、山田浅右衛門が活躍?した時代の「死体の扱われ方」を詳しく記した本です。
 今じゃ、道ばたに犬や猫の死骸さえめったに見かけなくなりましたが、江戸時代は道ばたやお堀、川に死体を見かけるのは日常的光景でした。あの「四谷怪談」の戸板がえしのような場面も大ニュースではなかった。死体は自殺や心中、行き倒れによるものが多いけど、強盗や辻斬りで殺された者もいる。タテマエとしては奉行所が捜査することになってるけど、数が多いと処理しきれずに放置されることもままある。死体=粗大ゴミ扱いの時代でした。


そこで思い出すのが爆笑落語「らくだ」です。フグの毒に当たって死んだ貧乏男の死体を友人が背負って大家の家へ出かけ、びっくりさせて酒をせびる話です。こんなの、実際にあったら腰を抜かしますね。
 しかし、江戸時代も進んで平和が続くと、辻斬りのような無意味な殺人は減ってくる。すると、武士なのに人を一度も斬ったことがないという人が増えてくる。さりとて、刀の手入れは怠ってはならず、常に斬り合いの準備は必要だ。ハテ、俺の刀は実戦で本当に役立つのか。切れ味は大丈夫なのか。(わら人形をいくら斬っても、実戦感覚は得られない)


で、浅右衛門の登場であります。彼は浪人という武士社会ではフリーターの立場だったけど、刀の鑑定ができるだけでなく、刀の「切れ味テスター」でもあった。実際に人を斬って切れ味の評価ができる。こんなエグイ人、そこらへんにいませんよ。なので、人斬り淺右衛門と呼ばれた。
 人体を使っての試し切りやなんて、どどど、どうやってテストしますねん! そのオソロシイ場面がたっぷりと説明してあるのですが、割愛。


一つだけネタを明かすと、テスト用人体は刑場で首をはねられた罪人だった。これをモノとして扱い、依頼品の刀の切れ味テストをした。かくして、淺右衛門が職業として斬った人体は3000人にのぼるという。(もっと多い先輩がいた)なんと因業なプロフェッショナルでありませう。
 牛や豚を処理する職人、業者でさえ、永く非人として差別視されたのに、彼は人体を扱ったのだから最たる極悪非道人間である。世間でもの凄く蔑視されて当然であります。本当にそうだったのか。


違うのであります。山田家は九代続いたが(公には八代)貧乏暮らしなどではなかった。鑑定や試し切りの依頼人は一般武士だけでなく、将軍、大名もいたから高額の料金が得られた。そして、何と言っても有利なのは「オンリーワン」ビジネスであること、他の業者と相見積もりなんてなかった。
 その上、もう一つの独占事業があった。死体から取り出した肝や腎臓や睾丸などを加工して、高価な薬品、健康食品として販売した。これもライバルなしだから飛ぶように売れた。かくして、江戸末期には敷地一万二千坪を有する大屋敷に住む身分になった。ただし、本当の身分は「浪人」のままだったけど。


明治時代になって、ついに山田家の最期がくる。明治13年、法改正により、死刑は斬首から絞首刑に変わって仕事は途絶えた。斬首制度の最期に浅右衛門が手がけた罪人は、知る人ぞ知る「高橋お伝」だった。(1999年 平凡社発行)


処刑される高橋お伝
大江戸死体

大江戸




読書と音楽の愉しみ



●村田紗耶香著「コンビニ人間」を読む

 第155回芥川賞受賞作品。著者は現役のコンビニ店員で、受賞後もアルバイト店員として働く。・・のであれば、コンビニや業界の悪口を書くはずはなく、真逆に、コンビニにぞっこん惚れ込み、コンビニ店の「部品」として働くことに無上の生きがいを感じている。食うためのアルバイトなんて失礼な! コンビニ=命、であります。


作品はむろんフィクションで、体験や業界の内側をセキララに描いたものではないけれど、体験者でなければ書けない仕事のディティールが描かれて興味深い。例えば「マニュアル化徹底」の話。コンビニは10人くらいのスタッフで店を回していて作業や顧客サービスについてはマニュアル化が徹底されており、特に、客の印象を左右する挨拶の表現は、声の出し方、イントネーションまでとことん練習させられる。なので、各社が「これがベスト」と思う表現を取り入れると、結局、セブンもローソンもファミマも同じものになってしまう。看板を見ずに店を訪ねたら、どの店か分からない。


そんな無個性、均一化のマニュアルに普通は抵抗を感じるはずだけど、著者はむしろ快感を覚えるくらいの同化ぶりであります。それじゃダメじゃん、文学作品なんか書けるわけがないと思うのがシロウトの浅はかさで、村田サンは見事に芥川賞を獲得した。快挙であります。
 だからといって、コンビニ店員でも芥川賞作家になれる、と早合点してはいけません。著者はすでに野間文芸新人賞や三島由紀夫賞を獲得しているプロ作家であり、十数年の作家実績をもった上での今回の受賞です。


話は、前半はコンビニライフにどっぷりはまった様を描き、後半、店で新採用したけどすぐにクビになるスーパー駄目男「白羽」君との奇妙な同居生活がはじまるところから「芥川賞」のコンセプトに沿った内容になります。珍しくユーモアを散りばめた文章が続き、これが得点を稼ぐことになるのですが、ぬるま湯的でやや物足りない。(かといって、爆笑させるようでは吉本のセンスになってしまうし)


今回も月刊「文藝春秋」(950円)を購入、本編をナイフで切り取って読むという貧乏性丸出し読書になりましたが、審査員全員の選評と著者インタビュー記事も読めるので、単行本(1300円)よりずっとお得感があります。



コンビニ




たまには外メシ



●食べる日本酒?・・大倉本家の「濁酒」

 連日35度超の猛暑が続きます。ビールメーカーはホクホクでありますが、たまにはキリッと冷たい日本酒も美味しいですよ。 西成の「ココルーム」で賞味したのは、奈良県香芝市の大倉本家がつくる濁り酒。昔は県内の各神社に奉納するためにつくった酒だったという。
写真のようにもろみで真っ白で酒には見えない。これをキンキンに冷やして呑めば、日本酒にサイダーを加えたような口当たりの酒になります。


こういう酒もあったのか。濁り酒といえば、京都の「月の桂」が有名ですが、これより上品でフルーティな感じがします。呑むというより、食べる酒、みたいな気がしますけど。お酒の精製過程のなかでつくられる半製品みたいなものだから、よほど気をつけないと品質が変わってしまう。蔵人さんたちの精進の賜みたいな希少な酒です。(完売・在庫なし)

大倉本家のHP
http://www.kinko-ookura.com/index.html

ココルーム 


開店4ヶ月目のココルームは、早くも、店の中も外もカオス状態。
ココ 






読書と音楽の愉しみ



●篠田桃紅著「103歳になってわかったこと」を読む

 この人、いつまで生きるつもりや、という失礼な興味で見ているのが、著者、篠田センセと日野原重明センセ(医師・105歳)のお二人。 100歳過ぎてなお現役というのはそれだけでニュースバリューがあります。
 篠田センセは本書で言う。「100歳過ぎたら治外法権」だと。この感覚はなんとなく分かります。100歳になったら、もう敵をつくることもなく、敵にやられることもない。なにをやっても許されると言うのです。少々ヘンなこと言うても「ま、100歳やし」で終わり。つまり、心身健康なら、100歳からはパラダイスなのであります。お二人は、健康で長生きで幸せなモデルではないでせうか。でも、凡人はマネはできないのが悔しい。


この、100歳治外法権論のほかにはさほどユニークな考えは書いていないけど、100年の人生を振り返ってみて、結局、どういう生き方が幸福なんだろうといくら考えてみても答えはでないという。だったら、そこそこ自由でマイペースの暮らしを得ることで十分幸せではないか。他人の何倍もの財産を築いたなんて、つまらぬ自己満足にすぎない。
 さりとて、無駄を省き、つましく生きよ、と説いてるのでもない。無駄が一切ないような、合理主義の権化のような生き方は1+1=2の生き方、無駄や失敗のなかで、1+1=10の有意義な人生を送ることができると言う。結論。篠田センセや日野原センセのいつまでも前向きなライフスタイルを続けられる源泉は、途切れない「好奇心」と「向上心」でありませう。これを追求する暮らしのなかで、ある日、ふと気が付いたら「あの世」へ引っ越してしまっていた・・。ほんと、え~じゃないか。(2015年 幻冬舎発行)


103歳


ウオーキング・観光



●外国人に人気の観光スポット

 ・・と言えば、京都や奈良の神社仏閣が定番ですが、最近はネット情報の普及で異色の人気スポットが生まれています。下の表は投稿によるランキングで、15位までのうち、6カ所が京都、人気トップが伏見稲荷大社というのが「なんで?」と訝ってしまうけど、あの赤い千本鳥居がとてもチャーミングに映るらしい。


異色なのは6位の「サムライ剣舞シアター」と9位の「アキバフクロウ」剣舞シアターを思いついた人、エライと思いますね。海外でも人気のあるサムライの姿をお客さん自身が体験できる。日本人がみれば、なんかキワモノのイメージになるけど、外国人が昔の日本人に化けて刀を振るなんてオンリーワンの経験でしょう。単に仮装するだけでなく、日本人による模範演技も見てもらって剣舞のカッコよさをしっかり記憶に刷り込む。それなら「スターウオーズ」の仮装と同じ・・ように思うけど、「いや、ちがいますねん、これはこれ」のオリジナル性が人気なのだと思います。

引用元
http://www.samurai-kembu.co.jp/samurai/


サムライ剣舞シアター
プロによる模範演技のあとに「なりきり体験」をする
人気


家族でこんな体験したら、一生忘れませんね。
人気  


人気 

「アキバフクロウ」
 ネコカフェもそこそこ人気があるけど、ユニークさではフクロウが断トツに勝ります。これも思いついた人、エライ。ネコよりずっと過敏な生きものだから、準備やトレーニングにはずいぶん苦労されたのではと察します。種類によって人相、いや、鳥相がいろいろで、写真でも可愛らしさが十分伝わるから、ライブでは魅力百倍でせう。 写真を見ると、飛ばないように足にリードが付けてあり、これでは飛行は無理で、じっとおとなしくして接客するらしい。料金は入れ替え制で1時間1500円ナリ。しょーもない映画を見るよりずっと癒やされそうな気がします。

引用元
http://news.mynavi.jp/news/2015/05/25/283/


人気スポット 


見よ、このイケメンぶり
人気

 


こちらさんは、なんだかゆるキャラふう
人気 






読書と音楽の愉しみ



●新発想の図書館 「まちライブラリー」

 図書館と言えば公共施設というのが常識だけど、最近、発想も運営も民間で行う新しい図書館があちこちに出来ています。ある人の熱心な活動の成果で、名付けて「まちライブラリー」。
 公共の図書館との最大の違いは、市民が自前の本を持ち寄って蔵書にすることです。そこでストックされた本を借りて読む。他人の誰かさんが寄贈した本を読むので、本の仕入コストはタダです。むろん、図書館に比べたら数はわずかだし、分類、整理して並べるわけでもないから、管理は不行き届きが普通です。


6月から出入りするようになったライブラリーは中央区の「もりのみやキューズモール」の中にあります。昔、日生球場があったところを東急が再開発した商業、スポーツ施設です。ライブラリーは2階にあって、200㎡くらいに広さ、奥にカフェがあります。2015年にオープンしたところ、以後、一年二ヶ月ほどのあいだに市民から持ち込まれた本は約一万冊、訪れた人は20万人になったそうです。


中で本を読むだけならタダですが、借りるには会員登録が必要で、登録費用500円が必要です。借りだし出来るのは2冊まで、期間は2週間。本棚はごく大まかに、文芸作品、実用書、美術関係と分けられているけど、本の書名を決めて探すのは無理で、逆に、ぐちゃぐちゃに並んでる中から行き当たりばったりに選ぶのが楽しい。その点、古本屋を彷徨う感じに似ています。昨日の記事「日本酒。」やその少し前の絵本「あらしのよるに」はここで借りたものです。図書館では、わざわざ絵本コーナーに行くことはないけど、ここでは自然に目に入るというわけです。


面白いのは、表紙裏に「読書感想カード」をつけてあることで、寄贈した人、借りて読んだ人が数行の感想文を書き込みます。むろん、匿名OKですが、ちょっぴり、コミュニケーションが生まれる。人気のある本は書き込みも多くなります。駄目男も何回かに分けて30冊くらい寄贈する予定です。自宅で所蔵すれば、いずれはゴミになる本も、ここに置けば誰かが読んでくれるかもしれません。要するに、本の使い回しで、本屋さんから見ればイヤな存在でせう。

 なお、大阪市内には、なんば近くに「まちライブラリー@大阪府立大学」もあります。


まちライブラリー紹介のHP
http://machi-library.org/

もりのみやキューズモールのライブラリー
まちラ 


まち 


まち 


3階には人工芝のジョギング、ウオーキング用トラックがある。
まちラ 


読書感想文カード
まち


なんば近くの大阪府立大学ライブラリー
まち 


まち 






読書と音楽の愉しみ



●dancyu編「日本酒。」を読む

 いまや日本酒は百花繚乱の時代・・なんちゃって、下戸の駄目男が言うても、なんの説得力もないのでありますが、それにしても、安くて美味しい日本酒がドドと出回って、マルビ人も幸せな時代になりました。 本書はカタログ雑誌みたいな編集ですが、dancyuが過去に特集した日本酒記事を再編集したもので、手軽な日本酒入門書になっています。


若い経営者が酒造りを革新
 いま、日本には1000社くらいのメーカーがあるけど、その殆どは中小企業、当然、後継者不足で廃業続々・・もあるけど、一方で、代替わりをチャンスとみて、若いオーナーが伝統にとらわれない発想で酒造りにチャレンジ、成功している例が多い。ニュースバリューではトップの「獺祭(だっさい)」の旭酒造がそうだし、ここで何度か紹介した奈良の「風の森」油長酒造の社長は30代半ばです。


旭酒造では、杜氏の経験とカンが頼りという伝統的手法とキッパリ決別し、工程のほとんどをコンピュータ化した。さらに、酒は冬につくるものという概念と決別して、年中、同じ品質の酒をつくるようにあらためた。中小企業にとっては大英断であります。こうすれば、職人は季節労働という不安定な身分から年中雇用になり、人手不足の苦労もなくなります。さらに、最近では女性の経営者=女性の杜氏もいるし、現場に外国人も登場した。昭和時代には考えられなかった大革新です。


一方で、灘の「剣菱」のように、ウチは何も変えまへん、を貫くメーカーもある。百年前に確立した技術は変える必要が無いというすごい自信、自負があり、それでちゃんと経営が成り立っている。


磨くのか、磨かないのか
 吟醸は60%、大吟醸は50%以下、というのが米の精米度。数字が小さいほど雑味の少ない美味しい酒になるという目安で、かの「獺祭」には23%なんて強烈な精米度をうたうものもあります。ところが、近年、逆に精米度80%なのに旨い酒が登場しました。なるべく削らないで米本来の味を出そうという作り方です。広島の「亀齢」や和歌山の「紀土(きっど)」、奈良の「風の森」の一部など、80%の精米なのにヒット商品になっています。どちらが美味しいのか、といえば、どちらも美味しい。日本酒ファンはますます多彩な味を楽しめるようになりました。


「旨い酒」の概念は時代で変わる
  安いけどまずい「2級酒」がメインだった時代の次、1960~70年代には「最近の酒は甘口になったとお嘆きの貴兄に」のCMで菊正宗が辛口の酒で名を売りました。バブル景気の時代は「淡麗辛口」酒が旨い酒のスタンダードになる。その後、各地の地酒がどんどんレベルアップして美味しさの巾も広がります。現在の傾向は「濃淳甘口」がメインだそうで、さらに設備も技術も進歩し、次の「旨い酒」を模索中です。願わくば、もう少しアルコール度数を低く、12%くらいにすれば需要が増えるような気がします。欧米で食中酒として飲むには、ワインと同程度が望ましい。日本でも、そのほうが女性のファンが増えるのではないでせうか。(2014年10月 プレジデント社発行)

日本酒



日本酒 


上は玄米、左は50%精米、右は23%精米
日本酒 



日本酒