FC2ブログ

読書と音楽の愉しみ



●井沢元彦・和田秀樹著
 「日本史 汚名返上 ~悪人たちの真実~」を読む 

 日本人は善悪をはっきり決めたいタチなので、日本の歴史のなかでも、ヒーロー(正義・善の人)と悪者、いずれかに区分する傾向があります。不幸にも「ワル」にされてしまった人物は本当に悪い人間だったのか、検証してみようというのが本書の趣旨です。


和田秀樹氏は心理学者で、その専門知識を生かしてワルにされた人物の人間的資質を再考する。むろん、歴史通でもあります。本書は二人の対談形式で編集されており、発言の過半は井沢氏ですが、その博識ぶりには驚いてしまいます。


取り上げられたワルは10人。平将門、徳川綱吉、道鏡、田沼意次、蘇我入鹿、井伊直弼、吉良上野介、平清盛、足利尊氏、織田信長。なるほど、お主ら、ワルよのう・・な面々、まずは順当な選択だと思います。織田信長は功罪相半ばという気もしますけど。


いちいち紹介できないので、ここでは、駄目男が一番興味をもって読んだ、井伊直弼だけ取り上げます。かの「安政の大獄」で悪評紛々の家老です。

 幕府家老のトップ、井伊直弼はアメリカから通商条約締結を迫られていた。是か非か、どちらの場合も最終的には天皇の承諾が必要だが、当時の孝明天皇は強烈な攘夷思想の持ち主で、到底OKは期待できず、さりとて締結しなければ武力攻撃される懸念がある。井伊直弼は苦渋の決断で「条約締結」してしまった。当然、攘夷派からは非難の嵐。その挙げ句、あの「桜田門外の変」テロで殺されてしまう。


井沢氏の井伊直弼擁護論は明快です。もし、あのとき、条約締結を拒んだら、アヘン戦争における中国(清)のように、欧米各国から武力でボコボコにされ、支配下に置かれたことは確実だ。ヘタすれば白人社会の植民地にされた。攘夷派の思想「日本は清浄な神の国であり、外国と交流する必要などない」はあまりにとんがったナショナリズムである。


攘夷派の本家は水戸藩、対して、薩摩や長州は開国推進派。選択を迫られて、井伊直弼は「勝ち目の無い戦争は避けるべき」と開国の決断をした。これは、長い目でみれば正しい判断だった。もし、攘夷派に組して開国拒否にしていたら・・その後の日本の有り様を想定すれば、文明文化の発展した一流国になり得たか、いささか疑問であります。植民地にされていたら、50~100年は暗黒時代を送るハメになり、現代の私たちの暮らしはあり得ない。


なのに、井伊直弼はなぜ悪者扱いされるのか。それは彼の反対派に対する怨念と意趣返しが激しすぎたから。吉田松陰や橋本左内のような開明派を含めて、好かんタコは全部粛清した。百人以上が死罪にされた。このえげつなさが世論の反感を買う。まあ、仕方ないですね。
 死罪でなく、島流し10年とかの刑にしておけば、これほど憎まれなかったかも知れず、暗殺も免れたかも知れない。ともあれ、国家を左右する大きな決断を強いられ、開国をOKしたら、恨まれてあの世行き。損な役回りでした。(2014年 光文社発行)



汚名返上






スポンサーサイト

読書と音楽の愉しみ


●芦屋交響楽団 第84回定期演奏会

 数年ぶりの鑑賞。当楽団は、関西のアマ・オケでは、技量と規模においてトップ。集客力でもナンバーワンを誇ります。2000人のホールをいつも満杯にできるアマ・オケはここだけでせう。


今回のプログラムは・・
ベートーベン・・「エグモント」序曲
ラフマニノフ・・パガニーニの主題による狂詩曲
マーラー・・・・交響曲第一番「巨人」

 おなじみの曲ばかりなので気楽に聴けます。ラフマニノフでピアノを弾いたのは、指揮者、黒岩英臣さんの息子さん。珍しい親子共演です。彼はアンコールでベートーベンの「エリーゼのために」を弾いたが、これは珍事と言えます。ゆっくりしたテンポで情感たっぷりに弾いて、おばさんたちのハートを掴んだことでせう。


文頭で「関西ではトップ」のオケと書いたが、無い物ねだりを言えば、弦楽器のユニゾンで音色に色気がない、テンポにゆらぎが欲しい、など勝手なことを言いたくなります。技量がハイレベルであるゆえに、贅沢な不満も湧きます。・・ゴメンナサイ。


マーラー「巨人」はホルン8本をそろえて、これが大健闘。ほかのオケにはできないダイナミックな音を響かせました。コーダでもアンサンブルが乱れず、ピシッと締めくくれたのは鍛錬の賜です。次回はR・シュトラウスの「英雄」をやるというので、これも楽しみです。普通のアマ・オケが尻込みするような難曲を「やってみなはれ」精神でチャレンジするところがこの楽団の魅力、プロも一目おいてる元気オーケストラです。(11月15日 兵庫県立芸術センター大ホール)


芦饗ならではのリッチなプログラム

芦屋交響楽団





たまには外メシ



●ヘルシーランチの店「NATURA」 ~空堀商店街~

 久しぶりに空堀商店街へ。あいにくの雨天でしたが、通りがひっそり・・というほどではなく、昨今では、元気な商店街といえるでせう。

 Tさんのおすすめで、玄米ごはんが美味しいというこの店で「野菜畑定食」(880円)を注文。名の通り肉類ゼロのベジタリアン向きレシピです。玄米は滋賀県産ということで、味、食感とも普通のご飯と変わらず、美味しい。若い人はお代わりしたくなるかも。
 おかずが野菜サラダだけ、というのは自分の習慣にないので、なんか物足りなさを感じますが、たまには胃の負担が少ないこんなメニューもありか。当然というか、客は女性ばかりでした。


ぐるなびでご案内・・・
http://r.gnavi.co.jp/b6vagys70000/


玄米ご飯、野菜、味噌汁とデザートつきで880円ナリ
野菜ランチ





半畳雑木林



●ナンキンハゼの紅葉

 久しぶりの「半畳雑木林」画像です。今年の雑木林は、ナンキンハゼとモミジバフウの二種類共演で紅葉を楽しむつもりでしたが、モミジバフウがなぜか成長せず、ナンキンハゼの独演になりました。植木鉢七つに、一年生、二年生、合わせて約20本による紅葉風景です。二年生は約1メートルに成長して不安定になり、鉢が小さいので少しの風でコケてしまう。これ以上の成長はアウトです。
 上手く写せないけど、午後の陽光で逆光になると紅の葉がきれいに映え、殺風景なベランダがちょっぴり華やぎます。


ナンキン 


ナンキンハゼ




南京 



ナンキン 







読書と音楽の愉しみ



●堀辰雄著「風立ちぬ」を読む

 いまどき、こんな古めかしい恋愛小説を読む人なんていないだろうと思って新潮社文庫版の奥付を見ると、平成23年で115刷、ドヒャ~であります。他社からも数種類の同じ本がでているから、ものすごいロングセラー。改めて「こんな本、誰が読んでるねん」と怪しむ駄目男です。


昨今の世相とはプッツンした、昭和10年ごろの「清く、正しく、美しく」式の物語です。背景が八ヶ岳山麓の高原や雑木林、舞台装置はサナトリウムというロマンチスト向けの設定がウケるのか。たしかに、自然の風景の描写はしつこいくらいで、カップルに次いで三番目の役者という感じです。これが読者を惹きつけていることは間違いないでせう。全体のイメージは、ガキの頃に読んだ立原道造の詩のセンスに通じるところがあって、戦前派には懐旧感ひとしおです。


それにしても、こんな古めかしい小説がなんで人気を保ち続けるのか。その答えのひとつは、ストーリーが魅力ではなく、文章全体が醸し出す「上品さ」ではないか。読み終わって、こんな作品、堀辰雄しか書けないナ、と思わせるところがある。現代の作家が書けない、薄味、ハイセンスな中身と表現が魅力なのでせう。


なんと言っても「風立ちぬ」というタイトルが良い。読者の購入動機の半分はコレではありませんか。「風が吹いた」を「風立ちぬ」と言い換えた著者のセンスに脱帽です。「風立ちぬ いざ生きめやも」というこの上なく美しい響きの言葉で世人の心を掴んだ。
 著者はフランスの詩人、ポール・ヴァレリーの詩の一節を意訳して、これをタイトルにしたそうだが、いざ生きめやも、という日本語自体もややこしい。生きめやも、は生きねばならないという意味らしいが、解釈より語感の美しさでモテるタイトルでありませう。
 語感の美しさといえば、ラベルの作曲による「死せる王女のためのパヴァーヌ」という曲は曲名と曲の内容とは全く関係が無い。このタイトルをフランス語で読んだときの語感がとても美しく、魅力的なのでつけただけという。本書が別の題名だったら、ベストセラーにならなかったと思いますよ。


100年前、結核は国民病だった。多くの作家も患い、堀辰雄も患った。代わって、今はガンが国民病。「風立ちぬ」を凌ぐ、百年読み継がれる名作が生まれるだろうか。(2012年 新潮社発行)


「風立ちぬ」で描かれる美しい高原風景
風立ちぬ・土佐日記

宮崎駿のアニメ「風立ちぬ」はこの小説をサイドストーリーに取り入れた。
風 

風





読書と音楽の愉しみ



●樋口一葉著「にごりえ」を読む  ~新旧版読み比べ~

 今回は「にごりえ」を二回(二冊)読みました。昔に読んだ「新字体・旧かなづかい」版と、詩人、伊藤比呂美による現代語訳です。両方読んで、どちらが感銘深いかといえば、断然「新字体・旧かなづかい」版です。当たり前のことですが、現代語訳では明治の香り、時代感覚がぜんぜん味わえない。しかし、それは、駄目男のような戦前生まれの人間の感想で、単に懐旧趣味のせいだと言われそう。


読むなら、どなた様にも旧版をおすすめしますが、当然、読みにくい、分かりにくいことは覚悟しなければならない。なぜ分かりにくいのか。

・文章は句読点で区切らず、句点だけで区切っている。
・会話文にカギカッコ(「」)がない。
・主語がない。
・江戸・明治時代の語彙が多い。

当時はまだ現代のような「文章作法」が確立していなかったようで、江戸時代のスタイルで書くからややこしいのでせう。おまけに、底本は総ルビ(すべての漢字にルビを振ってある)だから、視覚的にもゴチャゴチャして煩わしい。


ほんの少しですが、旧文と現代文を比べてみます。
第五章の冒頭、旧文は・・・

 誰れ白鬼とは名をつけし、無間地獄のそこはかとなく景色づくり、何処にもからくりのあるとも見えねど、逆さ落としの血の池、借金の針の山に追ひのぼすも手の物ときくに、寄ってお出でよと甘へる声も蛇食ふ雉子と恐ろしくなりぬ、(岩波ワイド文庫版 2003年 岩波書店発行)


同じ文を現代語にすると・・・
 女たちは白鬼と呼ばれている。だれがつけたかうまい名である。あの街はたしかに鬼でひしめく無間地獄を思わせる。たいしたしかけもないのに、女たちがたくみに男を血の池に引きずり込み、借金の針山に追い上げる。寄っておいでよと誘う声は甘く耳にひびくが、雉子が蛇をとって食うときも、あんな甘い声を出して蛇を誘うのを知っているか。(現代語訳 伊藤比呂美著 1996年 河出書房発行)


現代語はいささか無味乾燥というか、殺風景というか・・。でも、読みやすいと言う点では断然、勝ります。
 「にごりえ」は明治時代の世間の底辺を生きる庶民の暮らしを描いた物語で、一葉自身、食うや食わずの極貧生活を体験しているから、貧乏の描写はリアルそのもの。特に、ヒロイン「お力」が自分の幼い時分の超貧乏暮らしぶりを語る場面は涙を誘う。森鴎外や夏目漱石など「極貧」体験のない作家には決して書けない話です。物語ではなく、実体験で、こんなに貧乏をリアルに描いたのははじめてではないか。


樋口一葉が「にごりえ」や「たけくらべ」などの傑作を書いたのは、明治28~29年のわずか一年間。モーレツに書きまくり、わずか24歳で亡くなった。


樋口一葉の原稿。編集者泣かせですね。
樋口一葉

樋口



樋口 







プチ・ケチの研究



●イオンの冷凍カレーうどん

 即席で美味しいカレーうどんの定番は「得正」の冷凍もんと勝手に決めていますが、値段が高い。(260円~320円)マルビには贅沢品であります。しかし、最近、イオンが写真のようなカレーうどんを発売しました。値段は148円(税別)と安く、味もそこそこ満足できる。いわば、CPの高い商品です。同じ価格で肉うどんも、きつねうどんもあります。


おそらく、売れ行きはいいのではと察しますが、だからといってロングセラーにならないのがダメな点です。よく売れるのに供給を継続しないのはなぜか。これは駄目男の勝手な想像でありますが、安い価格の設定にメーカーがついていけないのではないか。


企画の段階で内容(品質)と価格を吟味するとき、イオンは当然、美味しくて安い、をメーカーに求め、厳しい交渉になる。結果、メーカーは薄利で受注、生産、納品しますが、膨大な量の割りには儲からない。材料費や人件費、物流コストのわずかな上昇で利益が消える。
 イオンがメーカーの値上げ要求を安易に呑むはずがないので、メーカーはやむなく受注を断る・・店頭から消える。


食品に限っても、トップバリュと称する、イオン企画の商品の盛衰は激しい。堂々4000品目なんて自慢げなCMを見たことがあるけど、発売後、たちまち消えてしまう「トップバリュ」品がたくさんある。
 この「カレーうどん」の販売、いつまで続くでせうか。まずは「半年」(2016・3月)もつかどうか、チェックしたいと思います。


カレーうどん 



kare-udonn

読書と音楽の愉しみ



●中国ボロクソ本が続々出来

 8月の上海株暴落が引き金になったのか、また中国批判の本がたくさん出回っています。正直言って食傷気味であります。著者、宇田川氏が自信満々で2013年に出版した「2014年 中国崩壊」が見事にハズレで、こんな年度表示のタイトルはまずいんじゃないかという反省はあったかも知れない。しかし、出版社は中国の悪口を書いた本は、そこそこ売れる「安定需要」本だと自信をもってるのでせう。


下の広告は10月27日の新聞掲載のもので、全部が中国ボロクソ本。切り口は異なるけど、中国はまもなくホーカイする、と言う点では見解が一致しています。「余命半年の中国経済」なんてのは表現がキワモノ過ぎて売れない気がします。4冊のうち、興味があるのは「リベラル認識が日本を滅ぼす」で書店で立ち読みして興味あれば買いませう。


駄目男の考える「中国崩壊」は
1・天安門事件以上の激しい反政府運動
2・習近平の暗殺  のいずれかによってはじまる。

経済での行き詰まりだけでは崩壊しないという見立てであります。むろん、これ以外の想定外の原因でコケルかもしれないが「政治体制の崩壊」がきっかけになるのではないか。


中国本  


中国 

中国 

中国