FC2ブログ

読書と音楽の愉しみ



●坂野昭彦著「一文無しが贋札造って捕まって」を読む

 2005年3月、埼玉県で偽一万円札が流布した。のべ50枚見つかった半年後に容疑者が捕まった。その本人、坂野昭彦が書いたドキュメンタリーであります。犯罪歴などない、ごく普通の市民が事業の失敗から経済的に破綻し、追い詰められていく。離婚して妻子と絶縁し、認知症の母親は介護の末に亡くなって孤立無援になる。


 もう金を工面する術は尽きた。最後の選択肢は・・

・ホームレスになる。
・自殺する。
・犯罪で金を得る。 の三択だった。

 当時58歳だった彼には、生活保護の申請という発想はなかったらしい。そして、最後に手元に残った一万円札を見本に、パソコンとスキャナーを使って贋札をつくる。カラーコピー機を使う方法よりずっとハイテクであったが、結局バレて捕まった。もともと小心なタチだから、はじめてタクシーで偽札をつかうときは缶酎ハイ2本をがぶ飲みして乗車した。2500円ぶん乗って停車させ、札を渡すときは喉がカラカラに乾き、手が震えた。


しかし、本書は偽札づくりの解説書ではなく、約4ヶ月に及ぶ留置所暮らしのレポートであります。昨日までふつうの市民がいきなりタイホされてブタ箱に放り込まれたときのカルチャーショックと雑居房で出会うプロの犯罪者との同居生活のありさまが克明に描かれる。克明なのは初めから詳細な日記をつけていたから。文体もまるで小説みたいでとても読みやすい。


偽札づくりは惜しくも?失敗したが、文才を生かして本書を著し、2008年の「幻冬舎アウトロー大賞」を受賞した。マッタク、人間の運命はどう転ぶか分からない。もう一つの大ラッキーは、偽札造りという反社会的犯罪を犯しておきながら、求刑は懲役4年だったものの、判決は懲役3年、執行猶予5年で刑務所送りを免れたこと、こんなに軽くて委員会?という気がするけど、この格段の情状酌量は恐らく彼の人柄、人徳によるものと察する。


留置所暮らしで接する、担当刑事、看守、弁護士、検事、同房のワルの面々、すべてに誠実に接し、悪印象を持たれずにいると刑期が軽くなることもあるという見本でありませう。こんなことは意図してやってもバレるからプロの犯罪者にはできない天然ワザと言える。あのライブドア事件のホリエモンだって、服役中はチーンとおとなしく模範囚ぶりを示していたのかもしれない。


留置所と刑務所とでは待遇がどれくらい違うのか。本書は留置所だけのレポートだけど、一番の違いは労役がないことでせう。それと、同房者が毎日のようにコロコロ変わって落ち着かない。三食昼寝つきを狙ってホームレスが小さいモメごとを起こして入ってくることもある。それを「志願兵」というそうだ。そんなオッサンが強面のやくざより嫌われるのは最高に不潔で臭いからで、彼が風呂に入るときは、仲間はみんなキャンセルするそうだ。同じ湯船に入りたくない気持ち、ワカリマス。


ちなみに、風呂は2週間に3回。食事は弁当式でおかずはコロッケが一番多い。お茶は出ず、お湯か水だけ。これは辛そう。一方、お金を出せばおやつを買うことができる。一回で千円分買えるが、アメとかせんべいとか品目の指定はできない。近所のコンビニが金額分見繕って届けてくれる。本や週刊誌も買える。回し読みするが、具合の悪い記事は切り取ってある。著者は「週刊文春」「週刊新潮」のファンだった。なんか駄目男と似てますな。


サラリーマン、商売人問わず、現役時代に一度も失業の憂き目に遭わずに過ごせた人はそれだけで十分幸せだと言えます。昇進が遅いとか給料が安いという不満も「失業」の恐怖に比べたらチョロイ悩みではありませんか。まして、苦労は多々あるにせよ、生涯一つの会社勤めで定年を迎えたなんて最高に恵まれた人生でありませう。(2009年4月 幻冬舎発行)



偽札本

スポンサーサイト

読書と音楽の愉しみ




● unbelievable! 2010年生まれのソプラノ歌手誕生

 当ブログを訪問して下さったjyakkoさんのブログ<周辺の散策>に紹介されてるジャッキーエヴァンコの歌を聴いてビックリ!今年13歳の少女ですが歌唱力はプロの歌手なみで、これホンマか、と疑ってしまうくらいです。すでに米国では大人気らしいけど、天才としか言えない歌唱力には感心するばかり。何十年かに一人、何百万人かに一人、こういう希有の人物が現れる。


成長して「二十歳過ぎればただの人」で終わるのか、さらに開花してマリア・カラスの再来と言われるような名歌手に至るのか、なんとも言えないけれど、ジャンルを超えて、世界中で愛される歌手になってほしい。


ジャッキーの美声を聴きたい人はこちらへ・・・
ブログ<周辺の散策>にたくさんの動画があります。
http://jyakko.blog.fc2.com/ 


evannko

プチ・ケチの研究



●「週間文春」拾い読み (2月27日号)

認知症予防に「カレー」が効く ~認知症予防の最新レッスン~

 カレーのルウに含まれるスパイスが脳血流量のアップに役立っていることが分かった。これがアルツハイマー型認知症の予防になる。
 調査によると、アメリカとインドで70歳以上の老人の認知症発症率を調べたらインド人はアメリカ人の四分の一の低い率だった。カレーファンには明るいニュースであります。


カレーを食べると脳の血流量がどれくらい増えるか。「おかゆ」との比較をしたグラフが下の画像。この差の意味は「狭心症の患者がニトログリセリンなどの血管拡張剤を飲んだときの効果とほぼ同じ」だそうであります。血流が増えて脳活動が賦活することが予防に役立ちます。


カレーの何が有益なのかというと、辛みの主役唐辛子ではなく、少量ずつ何十種類も含まれるスパイスが役立つ。よって、激辛カレーが甘口より有効なのではない。ここんとこ、間違えないように。スパイスの多くは漢方薬原料と共通しており、例えばターメリックというスパイスは漢方ではウコンと呼ばれる原料である。スパイスたっぷりのカレーは「食べる漢方薬」とも言える。だからといって毎日食べる必要も無い。週に一、二度で十分、ただし、ライスもたくさん食べると糖尿の人には具合悪いので、代わりに生野菜を摂ったほうがベター。


タイカレー


*******************************


ヤマモリのタイ「レッドカレー」

2月10日に紹介したタイカレー2種のうち、レッドカレーはハウス食品の商品でしたが、ヤマモリがタイで製造したレッドカレーが見つかったので試食しました。味はハウス食品製よりずっと良く、お買い得です。辛さの表示は5段階の4ですが、十分辛い。レッドカレーに関しては、中途半端な味付けをしたハウスの商品はおすすめできない。


タイカレー 


読書と音楽の愉しみ


●百田尚樹著「モンスター」を詠む

 昨年、映画化されたそうだが知らなかった。不美人がトコトン整形手術を施して抜群の美人に生まれ変わる。そして、不美人時代に軽蔑、嘲笑した男や世間へ復讐を始める。しかし、一人だけ憎めきれない、恋心を抱いた幼友達の男がいて・・。


著者、百田センセは整形美容のハウツーを相当勉強したらしく、小さな「二重まぶた」の手術から、アゴを外して顔の外形を変えてしまう大がかりな手術まで丹念に説明してくれます。むろん、リスクや副作用もあり、それを承知で美人をめざす心情は男性にはなかなかわかりにくいが、美人になることでヒエラルキーを上げることができるのはほぼ間違いない。生まれつき美人の類いなのにそれを生かさない女はアホだとヒロインは言う。


ヒロインは事件を起こして家におれなくなり、家族と絶縁。そして、いつのまにか世間では事故で死んだことになってしまう。整形手術で人相を変え、名前も変えたらもう別人だ。さあ、復讐するは我にあり。
 これでバッチリ、という満足できるまでの整形手術に1000万円を投じた。そんな大金、真面目な仕事で稼げるはずないからフーゾクに身を落として必死に貯金し、30歳をまえに2億円貯めた。物語はここからはじまる。


不美人時代と超美人の今、二つの体験をしたヒロインは、あらためて「美人はこんなにトクするのか」を実感する。街を歩いても、買い物をしても、レストランへ行っても、まったく扱い、もてなしようが違う。但し、美人ぶりをひけらかすのはサイテー、おとなしく、控えめの身のこなし、遠慮がちな話し方・・といったサイドのテクニックも必要だ。出会う人の全てが羨望と尊敬の眼で見てくれる。かくして夢は実現した。復讐も果たした。しかし・・あっけなく死んでしまうのであります。


本書が語るに、フーゾクで働く若い女の子は普通に整形する。美人になりたいためもあるが、人相を変えることで過去の容貌を消し、他人の顔になることで正体がバレないようにする。ウン悪く身内や友人に出会っても気づかれないことでのびのび仕事ができる。
 そして、足を洗って堅気の暮らしにチェンジするときは元の顔に近い容貌に戻すため、再度手術する。これでフーゾク歴を外見で消すことができる。AVに出演する場合は整形手術による人相のチェンジは必須だそうだ。(親が見たってバレないくらい整形しておく必要がある)


巻末の解説を整形しまくりの中村うさぎが書いていてホンネぶっちゃけ、なかなか楽しい。「人を外見で判断してはいけません」なんてエラソーに言う男も、美人を前にすれば全員メロメロになる。例外はないと。(2012年4月 幻冬舎文庫発行)


*************************************


不美人を美人に変身させる技術の素晴らしさは分かりました。しかし、一つ気になることがある。整形美人になって結婚しても、生まれる子供は整形前の容貌をコピーするのが普通だから、これはこれで難儀な問題になる。美しい母親とぜんぜん似ていない子供の顔。ダイジョーブかい?
 整形したことをぜーんぶ彼に話して、整形前の写真も見せて「了解」を得ておけばいいが、隠したまま結婚すると・・疑われる可能性大でありませう。DNA検査しよう、なんてことに至れば信頼関係ガタガタになります。検査で〇となっても疑心暗鬼は簡単に消えない。よって、老婆心で言えば、せいぜい数十万円くらいの投資で変身するのが無難ではないでせうか。整形美人は賞味期限が短いというのも難儀です。


モンスター

読書と音楽の愉しみ



●安部龍太郎著「等伯」を読む

 安土桃山時代の絵師、長谷川等伯の生涯を描いた直木賞受賞の力作。昨年の秋にTさんから頂いたものの、上下二巻、700頁のボリュウムなのでなかなか進まず、3ヶ月近く経ってようやく読了しました。


等伯といえば、頭の片隅に「松林図」という、ぼや~んとした水墨画が浮かぶくらいで何もしらなかったけど、本書を読めば、信長~秀吉時代のアーティストの生き方、仕事ぶりがとてもよく分かる。上巻はやや退屈するところもあるが、下巻は結構波瀾万丈で面白い。ただ、あくまでも小説なので歴史事実とごっちゃにならないよう注意が要ります。


長谷川信春(のちの等伯)は北陸、七尾の生まれ、地元で仏像を描く絵師としてそこそこの実力者であったがこれに満足せず、30歳を過ぎてさらなる修業と出世をめざして京都へ移る。都では全く無名であり、また既に狩野永徳を頭とした狩野派が業界を牛耳っていたので仕事を取るのが容易でない。言ってみれば、パナソニックにアイリスオーヤマがチャレンジするが如しで大きな仕事は望めず、扇の絵付けの仕事でメシ代を稼ぐ日々。しかし、これが好評でガッポリ儲けることができた。


野心家であった等伯は千利休や近衛前久など有力者のコネクションをつてに大型物件の契約にこぎつけた。いつの時代も人脈は大事であります。賄賂を要求されたら断り切れないという場面も出て来る。
 話を分かりやすくするためには人物を善悪に色分けしたほうが良い。本作では狩野派と石田三成一派が悪役にされており、彼らが等伯の仕事の邪魔をする。肝心の腕前はどうか。まあ、五分五分と言えませうか。


等伯のひいき筋の一人に近衛前久(さきひさ)という公家がいる。珍しく文武両道をわきまえた、貴族らしからぬ「やり手」で政治にも裏で関わるが、本書では、あの「本能寺の変」のプロデューサーは彼だ、ということになっている。安土城にいた信長を京都へおびき出した張本人だそうであります。ほんまか? 


戦国時代が終わり、秀吉が天下を支配して、とりあえず平和な時代になると、それまでは戦争のための施設であったお城が文化施設になる。武器や兵隊への投資が減った分、当然、財政にゆとりがでるので、大名たちは競って「カッコイイ」お城や客殿を作るようになり、これらのインテリアを受け持つ絵師たちはバブル景気に湧きます。大作、名作が次々生まれたこの時期が安土桃山時代であります。


腕前は等伯に迫るほど成長した息子の久蔵が狩野派の陰謀?で事故死するなど難儀はありますが、最後は秀吉ほか権力者の覚え目出度く、傑作の数々を残すことができた。
 ラストのクライマックスシーンは新築オープンセレモニーが開かれている伏見桃山城の大広間。どんちゃか大騒ぎのなかで等伯は水墨画の「松林図」を披露する。これを見た秀吉や家康や諸々の大名たちはいたく感じ入ってたちまちざわめきは消え、寂として声なし・・の場面になるのでありました。


この場面はフィクションですが、等伯の最高傑作を持ち出すためのシチュエーションとしては良く出来ている。松林図が醸し出す余韻を小説の最後にも味わってもらおうというのが著者の魂胆でありませう。


<追記> 今月13日に57歳の若さで亡くなった山本兼一氏(「利休にたずねよ」「火天の城」等の作者)の遺作が狩野永徳の生き様を描いた「花鳥の夢」で、狩野永徳から見た長谷川等伯がどう描かれているか、興味あります。こちらでは等伯が悪役だったりして・・。


*****************************


等伯に関する本を3冊借りて読みました。

「名画日本史」朝日新聞社 2010年発行
「ひらがな日本美術史」橋本治 1999年発行
「長谷川等伯」黒田泰三 2010年発行


いずれも図版の多い解説書です。
 文章で面白いのは「ひらがな・・」で、美術評論家ではない、作家の橋本治が既存の価値観にとらわれず、私見を自由に述べていることです。
「松林図」でも長文の蘊蓄を述べているが、かの傑作を論ずるに「ジャズが聞こえてくるような感じの作品」だと。

122頁「松林図」からはブルースが聞こえる。幽玄とは、紙巻き煙草の煙と一つになる黄昏の暗がりである。そう言っておかしくないだけのモダンさが、この桃山時代の日本の水墨画にはある」(以下略)


日本の水墨画の最高傑作と評価される「松林図」しかし、皮肉にも、これは大名や貴族の注文で描いたのではなく、等伯が習作として気ままに描いただけの絵だろうと言われている。営業用ではなく、自分の趣味、手すさびで描いたにすぎない。それが、等伯の人生最高の傑作になろうとは・・。(2012年9月 日本経済新聞社発行)


日本の水墨画の最高傑作と評価される「松林図」屏風(東京国立博物館蔵)
等伯 


等伯 


参考図書
等伯 


等伯 

プチ・ケチの研究


●即席の「タイカレー」を食べてみる

 お湯で3分温めるだけの即席カレーは昼食に愛用していますが、100円~300円までのカレーはもう食べ飽きた。(300円以上は贅沢品ナリ)
 そこで、目先を変えてタイカレーを試してみました。グリーンカレーとレッドカレーの二種で、値段はいずれも238円。グリーンカレーは三重県の「ヤマモリ」の商品で味も見栄えもタイらしくて美味しい。辛さもまあまあ及第点です。見栄えから考えると、もしやタイで製造してるのかもしれない。


レッドカレーはハウス食品製。辛みのレベル(1~5)は5の表示だったので期待したのに食べるとぜんぜん辛くない。インチキやんか~と、こちらは落第点です。タイカレーの辛さは口の中が「ヒーハヒーハ」状態になるのが普通でせう。妙に日本人向けにコントロールするからええ加減な味になってしまいます。この辛さで「5」なら「1」はぜんざいみたいに甘いカレーかい?とイヤミを言いたくなります。


ヤマモリでもレッドカレーを販売しているそうなので、こちらに期待します。


合格のグリーンカレー(ヤマモリ)
タイカレー 


落第のレッドカレー(ハウス食品)
タイカレー 


パッケージ
タイカレー

たまには外メシ



●「奴寿し」中崎町店

 5年・・いや、10年ぶり?かもしれない懐かしい店。相変わらず実用本位の店ですが、よく流行ってます。1時すぎに入ってようやく座れた。しかし、寿司店ブームのころは行列ができたことを思うと、界隈の寿し店は全体にパワーダウンしてるのでせう。
 昔に比べて、ネタが小ぶりになったんちゃう?と小声でささやく者あり。そうかなあ・・ワカラン。それより、胃袋の縮んだオジンには、しゃりの小さいのが助かります。100円回転寿し店にはもう行けない。


奴寿し 


奴寿し