FC2ブログ

読書と音楽の愉しみ


●西原理恵子著「この世でいちばん大事な『カネ』の話」を読む

 著者の作品を読んだことないのに自叙伝を読むなんて、ええ加減な話でありますが、図書館でなにげに手に取ったというだけが動機です。逆に、この本を読んでから作品を読むほうが、より著者に興味をもてるかもしれない。でも、サイバラさんの本、図書館で余り見かけたことがない。後日、探して見ます。


1964年、高知県生まれ。貧困と家庭内暴力が日常の、荒廃した環境で育ち、物心ついて、とにもかくにも、この家庭、この町から脱出したいの願望が強くなる。高校を退学処分になるくらいの駄目子なのに、絵を描くのが好きという理由だけで東京の美大を目指し、ようやく叶えられそうになったとき、父親がバクチによる借金まみれで首つり自殺。ガ~ン!


48ページ
 
「終わりは突然やってきた。お父さんが首を吊って死んだ。その日は私が東京の美大を受験するはずの日だった。(略)わたしが高知の家にとって返すと、喪服を着たお母さんがいた。顔は殴られて、ぼこぼこに腫れて、頭も髪の毛も血だらけだった」


このあと、父親のハチャメチャな、甲斐性ないくせに見栄っ張りで、お金は全部バクチに注ぎ込み・・という、サイテーの人生が綴られる。
 これを読んで自分も思い出した。駄目男の友人知己の中に自殺した人は6人いるが(うち二人は心中)みんなが同情に値するケースではなくて、自殺の一報を聞いたとき、反射的に「ま、しゃーないな」と納得してしまった例もある。

 サイバラさんの父親と似た男だった。自堕落な性格、生活がエスカレートしたあげく、自己嫌悪が募って発作的に自殺したと思えるが、彼の場合、妻も同じくらいに自堕落な女で、どうにも救いようがなかった。人生のリセットより清算=死を選んだ気持ちに共感できた。とはいえ、残された家族の悲惨を思うと暗澹たる思いにとらわれたのも事実ですが。


なんとか東京へ脱出して、美大へ入って・・しかし、生活は困窮をきわめる。毎日、大中小零細出版社に日参してセールスするも相手にされず、ようやくもらった最初の注文がエロ本のイラスト、カットだった。そんな仕事できませんと断れる状況ではなかったので、二つ返事で請け負い、しかし、これが、サイバラさんの出世のスタートになったのだから、人生いろいろですねえ。


そんな人生体験から「この世でいちばん大事なのはカネ」との思い強く、本書を書く動機になりました。百円、千円の有り難さが身にしみているから、稼げるチャンスとあらば、なりふり構わず仕事せよ、であります。彼女にとっては、少なく稼いで少なく消費する「清貧の思想」なんて、アホちゃうか、でありませう。マンガではなく、ブンガクの世界では、林芙美子の人生もこれに似たところがあります。有名小説家になって金持ちの仲間入りしたにもかかわらず、頼まれた仕事は断らず(断れず)なんでも引き受けた。しかし、それが彼女の寿命を縮めた。(47歳で没)うまいこといきませんなあ。


それほどお金に執着したら、今や貯金が積み上がって大金持ちに・・なってるはずですが、実は違うらしい。「まあじゃんほうろうき」という作品を描くために麻雀を習ったのが縁で勝負にはまり込んでしまい、10年間で5千万くらいが消えたとか、あろうことか、FXに手を出してスッテンテン・・。あれほど嫌った父親のバクチ好きの血を引き継いでしまったようです。むろん、そのことへの言い訳も書いてあるが、血筋というのは恐ろしい。(2008年12月 理論社発行)



西原理恵子 


西原

スポンサーサイト

読書と音楽の愉しみ


●最近の演奏会から

 八幡市民オーケストラの「マーラー 交響曲第9番」


 某日、バー「カンパネラ」へ行ったら、相客に、初対面ながら、このオケの打楽器奏者、イケメンのMさんがいて、タダ券をくれたので参上。このパターンで今まで何回コンサートに招集されたことか。無料チケット=召集令状であります。


各地にアマ・オケが乱立し、それぞれが切磋琢磨してレベルアップすると、だんだん難度の高い曲を演奏したくなる。それは必然で良いことなのですが、聴衆もいっしょにレベルアップするわけではない。で、オケと聴衆に乖離が生まれつつある、というのが駄目男の認識であります。だからといって、聴衆のニーズに合わせて、いつまで経っても「名曲コンサート」みたいなプログラムばかりやるのもナンでありますから、企画は難しい。


「9番」はマーラー最後の作品。思い煩うこと多い晩年に至り、自分の死をイメージして?書いた。最終楽章、オタマジャクシを書きやめたところが死であります。拳銃自殺なら、ダン!の一発でオシマイになるところ、この曲での死は現世への未練絶ちがたいのか、なかなか心拍停止にならないのであります。この、死にそうで死なない場面の約10分間の演奏が聴かせどころです。管楽器は仕事を終え、弦楽器が最高の緊張感を維持しながら、そろり、そろ~りと臨終へもっていく。


小さいキズはあったけど、立派な演奏でした。お客さんも十分満足したと思います。ローカルのアマ・オケの演奏会でブラボーの声が出るのは珍しい。客演指揮の森口真司氏が暗譜で振ったのも、よほど練習をこなしたか、場数を踏んでる証しでせう。欲をいえば、1,2楽章はもうちょっとテンポを揺らして欲しかったけど。それと、弦楽器の数を増やして、とにかくボリュウムでは負けへんで、みたいな作戦?も良かったですね。80人くらいの編成なのに、コントラバスが8人というのは、えらい気張りようです。大キンチョーのMさんのティンパニも難しいワザをこなしてかっこよかった。(5月27日 八幡市文化センター大ホール)

たまには外メシ


●ふぐの卵巣の糠漬け・・酒肴にぴったり

 ふぐの卵巣といえば、テトロドトキシンという猛毒を持つことで知られ、素人の調理は禁止されています。そんなオソロシイ材料を長年の生活の知恵で安全な食材に変えた。それが糠漬け、粕漬けです。3年間、塩や糠に漬けて毒を抜き、保存食として珍重されている。現在のレシピが完成するまで、幾多の犠牲者が出たかも知れず、むろん、現在でもリスク回避のため、製造業者は限定されてるそうです。


久しぶりに行った「ゴールウエイ」で、カリラのハイボールを頼んだときに、マスターが出してくれました。産地の北陸界隈ではお茶漬けにも重宝するそう。当然、塩辛いが、酒肴にはぴったり、辛口の日本酒にも合うでせう。ビールには辛みが強すぎて合わないと思います。ほんと、日本人って発酵食品づくりの達人だと思います。その道の先達に感謝。


ネットで調べたら、こんな会社が通販しているので、左党はどうぞ。
■荒忠(石川県白山市)
http://www.arachu.com/#otamesi2


■ゴールウエイさんのHP
日曜日は午後2時からやってます。
http://r.goope.jp/galway2010


 

ふぐの卵巣

読書と音楽の愉しみ


●今年も盛況・・高槻ジャズストリート 2012

 先週はびわ湖ホールの音楽祭、ラ・フォル・ジュルネを紹介しましたが、規模や動員数においては、高槻のジャズストリートこそ本当の「熱狂の日」音楽祭でせう。606団体、3000人のミュージシャンが集い、10万人の聴衆を動員するというのだから、ギネス記録とは言わないまでも、日本有数のビッグな音楽イベントではないでせうか。
 ・・と、持ち上げながら、今回は4グループしか聴けなかったのだから、エラソーなこと言えません。しかし、一日中つきあう元気が無いことも本当で、ま、こんなとこでええかと。

■ザ・ニューウエーブ ジャズオーケストラ
 JR高槻駅の東に新しくできた関西大学のキャンパス、その学生食堂を会場にして、演奏するこのバンドは大阪大学の学生16名によるビッグバンドです。なんでも、カウントベイシーのスタイルを踏襲するのがウリだそうですが、学生バンドなのになんだか「保守反動」みたいで笑ってしまいそう。

しかし、まあ皆さんの腕達者なこと、感心しました。達者といえば、今年一月だったか、大阪大学交響楽団の演奏を聴いて、上手いのに感心したばかり。クラシックとジャズの違いはあるけど、両方ともプロみたいな音を出す。それはいいけど、これって部活でせうが。で、今度も「あんたら、勉強してんのか~」と余計な一言を言いたくなるのでした。


■ジャズスペース オデッセイ
 46箇所もの会場には、当然、ピンとキリがありまして、このバンドの会場は気の毒にキリ、サイテーでした。商店街の中の更地にベニヤ板を敷いてテントをかけただけの、西成的スペース。遠路横浜から来たバンドですが、「おたくの会場はここです」と案内されたときはガクゼンとしたでせう。しかも演奏したら両隣の民家には大騒音迷惑必定。喧嘩せんといてや~。

 メンバーは、サックス2本、キーボード、ベース、ドラムという構成ですが、これで何を聴いてほしいのか、いまいち分からないのがもどかしい。これでメシを食うのは大変やなあというのが率直な感想。


■ぼてQ
 大阪人はすぐに「ぼてじゅう」をイメージしてしまうけど、関係あるのかな。ないでせうね、たぶん。コテコテのエレキバンドで、ついさっきまで、カビくさい部屋に引きこもってたようなにいちゃんが・・ややや、パシッとメリハリのきいたサウンドを聴かせてくれるではありませんか。ちょっとミキサーをいじりすぎて音が歪んでるところもあるけど、腕はなかなかのもの。ほぼオリジナル曲だけを演奏しているとのことで、なにか一曲でもブレイクしたらええのになあ、と応援したくなります。
 昔々、1970年ごろ?・・三棚、いや「サンタナ」というラテンロックのバンドがあって、好きでしたねえ。ふる~~~。


■スガ部
 このしょぼい名前、なんとかなりまへんか~。名前がしょぼいと演奏までしょぼく聞こえてしまいますがな。神戸で活動する社会人のビッグバンドで、ビッグを通り越して22人もの大所帯、トランペットが7人もいる。
 曲は「スターダスト」など、スタンダードばかり。さすがにPAは使わず、ナマ音で演奏しますが、ビルの空調騒音と折からの強い風の音で演奏音がマスキングされてしまい、さっぱり迫力が無い。楽しくない。・・で、お客さんはパラパラと席を立ち、なんとなくシラけてくるのでありました。


なにしろ、参加606団体。こんなふうに玉石混淆なところもまた音楽祭のおもしろさです。ヘタでも一所懸命の姿を見て、次は上手になって登場しいやと応援したくなります。今年は宇崎竜童や中本マリ、スコット・ハミルトンといった有名人も登場するそうですが、そんな公演は席取りがたいへんみたい。1時間も前から並んで・・は、自分にはできない。


64ぺーじもある、無料配布のパンフには公演情報のほかに、昨年度の収支報告も掲載されていて、昨年は売り上げ2362万円、黒字223万円とあります。運営のほとんどをボランティア活動に頼るとしても、すごい立派な数字です。もし、お役所の企画なら、ン千万円の赤字でせう。この企画力や実績、金力より人力での運営のノウハウは、もう他の町に売り込めるくらいの、中身の濃いソフトになってるのでは、と思います。事務局、ボランティアの皆さんに感謝!(5月3日)


■高槻ジャズストのHP  
http://www.0726.info/%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%ba%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%a3%e3%81%a6%ef%bc%9f/

JR高槻駅から関大キャンパスへの長いデッキ
高槻ジャズ 


ジャズスペース オデッセイ(芥川商店街の空き地)
高槻


ぼてQ(西武百貨店玄関)
高槻



スガ部(松阪屋百貨店屋上)
高槻 

読書と音楽の愉しみ


●適菜 収著「ニーチェの警鐘」を読む

 お目当ての本を買うとき、ふと書棚で目についた別の本も買ってしまうって、よくありますが、これもその「ついで買い」の一冊。哲学者が偉大な哲学者の思想や業績を解説した難解な本を買うハズがないけど、安直な新書版だとつい手にとってしまう。まんまとハメられているのであります。


著者、適菜センセイは本書で何を伝えたいのか。ニーチェが100年以上前に想定した未来社会が、いま、日本や諸外国で現実になりつつある。民主主義の定着~選挙制度による大衆の権力増大~人間の資質の劣化。要するに、総理大臣からシモジモ一般大衆まで、バカが増えている・・。こういうことを言いたいのであります。権利や富の平等化が進んで大衆が社会の主役になるのは是としても、主役の大衆のクオリティが劣化しているために社会が不安定になっていると。


で、著者は個人名を挙げてコテンパンにくさすのであります。そこまで言って委員会、とこちらが心配するほどでありますが、モメても知りませんからね。同業の哲学者、教授、はては先般亡くなった吉本隆明までぼろくそであります。大衆がバカなのは自明であるが、上に立つインテリまでがこの体たらくだと。なんだか、著者以外、この世にはバカしかいないような書きぶりであります。


本書の大きなテーマは社会で多数を占める「B層」の問題です。ある広告会社が選挙に際して研究した階層分析で、一部のエリートをA層、大多数がB層、ほかにC、D層という少数層もありますが、選挙に勝つためにはB層の票をいかに多く獲得するかが大事です。これを研究、実践して大勝利をおさめたのが小泉純一郎元総理でした。逆に言えば、有権者の多くは、まんまと彼らの戦略に取り込まれてしまったのでした。


B層の人って、どんなん? 著者曰くは、もちろんバカの類いでありますが、151ページには、こんな文もあります。(以下引用)

 「B層は単なるバカではありません。むしろ、新聞を丹念に読み、テレビニュースを見て、自分は合理的で理性的な判断を下していると信じています。そして、騙されても決して反省せず、自己正当化のあげく、永遠に騙されていくのです。小泉郵政選挙に騙され、民主党マニフェスト詐欺に騙され、この先も、「改革」「革命」「維新」を声高に唱えるようなB層政党やB層政治家に死ぬまで騙され続けるのでしょう」(引用終わり)


小泉自民党に一票を投じ、もう飽きたと次は民主党を支持し、これも裏切られたと、ただいまはハシモト閣下の言動に共感を覚えている・・著者がいう模範的なB層人間の像です。しかも、自分では常識を備えたわけ知りだと勘違いしている。100年以上昔、今に比べれば、ずっと明快な階級社会であった時点で、このような、来たるべき大衆社会を危惧していたニーチェのスゴイ先見の明にビックリです。


ニーチェは、キリスト教普及の原理はルサンチマンと同情だと論じたそうでありますが、そういう概念をもつ人で構成される社会が最良の社会か否か。そもそも、キリストとキリスト教会は別物だろ?と基本のキから疑ってる。それを言えば、仏教だって、お釈迦様の教え=今の日本の仏教の教えとは言えない。それぞれの宗派による解釈仏教というのが、たぶん正しい。(ルサンチマン=弱者の怒り、怨念)


世はゴールデンウイークというのに、何処へ行くというアテもなく、なんでこんな自分の馬鹿さを再認識させられる本を読まなあかんねん。おまけに新聞開いたら「阪神4連敗」やて。おいこら、新井なんか引っ込めて金本を4番にせんかい。毎日毎日むかつくで、ほんま、ブツブツ・・。小市民、駄目男においては、ルサンチマンまでかようにセコイのであります。(講談社+α新書 2012年4月発行)


■ニーチェのプロフィール
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7


ニーチェ    
 

読書と音楽の愉しみ


●ラ・フォル・ジュルネ・・びわ湖ホール版

 クラシック音楽を気楽に楽しんでもらおうと、無料を含む、30分~60分程度の短いプログラムをたくさん並べて行われる音楽祭。びわ湖ホールでは3回目、ほかに金沢や新潟でも開催されました。舌を噛みそうなカタカナの名称はフランス語で「熱狂の日」の意味だそうです。フランスが発祥だから、この名前なんでせう。


自分の目的は、びわ湖ホールってどんなん?の興味でチケットを買ったのですが、何しろ、気づいたのが遅すぎて、1800席の最後の3枚のうちの一枚を買ったら、3階席のどん詰まり、サイテーの席でした。(1500円)
   プログラムは、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番とチャイコフスキー「くるみ割人形」からの抜粋、計50分くらいの演奏時間です。ピアノはベレゾフスキー、オケは「ウラルフィルハーモニー」というロシア圏のオケでした。 演奏は良かったけど、やはり、こんな天井桟敷席で聴くと、舞台との距離の遠さが感興を妨げること大です。なんか、ず~っと向こうの方で鳴ってます、の感じ。定員がわずか100人少ないだけのザ・シンフォニーホールでは感じない「遠さ」です。ま、慣れの問題かも知れませんが。


地元新聞によると、動員人数はのべ3万人になるとかで、まずは成功した企画と言えます。いつぞや、大津市の悪口を書いたけど、びわ湖ホールが無ければ、文化発信事業は皆無の町。(ただし、ホールは県立です)大津市民以外の人も熱狂するような企画で続けてほしいと願っています。(4月29日)


びわこホール。手前が大ホール、向こうが中ホール
びわこ 


びわこ 


メインロビーでの無料コンサート
びわこ音楽祭


大ホールのロビー。
びわこ 終わり


ホールはびわ湖岸に面していて、最高のロケーション
びわこ