FC2ブログ

読書と音楽の愉しみ


●古賀茂明著「官僚の責任」を読む

 著者、古賀氏は、この本を書き上げる直前、退職勧奨の通告を受けた。退職勧奨とは霞ヶ関用語であるらしく、民間なら「解雇通知」である。要するにクビ。なんでクビなのかは説明なし、とにかく辞めてくれと。しかし、本書を読めば、こりゃクビだわな、と誰でも理解できる。現役の官僚でありながら、官僚の世界をケチョンケチョンにくさしてるのだから。


1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒、通産省(現在の経産省)へ入り・・サラリーマンとしては最高のエリートコースを歩んだが、いろんな仕事をしているうちに、官僚の腐敗、堕落ぶりを見てだんだんアンチの考えが生まれ、実務においても役人らしくない発想の改革案、新提案をつぎつぎ出し、次第に「イヤな奴」と疎まれるようになった。
 民主党政権になっても嫌われぶりは変わらず、役人の天下りを批判して予算委員会の席上で仙谷官房長官(当時)から恫喝された。皮肉なことに、この辺りから「古賀茂明」サンは有名になっていく。以後、ブレずに官僚批判一筋、クビになるのは当たり前です。ハハハ。


霞ヶ関の役人は何を生きがいに仕事をしているか。一に「私益」二に「省益」三に「国益」。国家国民のためではなく、自分と組織の利益のために働くのが基本姿勢。シモジモの民がどんなに辛い目に会おうと、わしゃ知らん。極端にいえば、こーゆーあんばいであります。


いちばん力を入れて書いてるのは「利権」と「天下り先の確保」で、実際、この仕事?に実績を作った人が出世する。いかに巧妙に天下り先をこしらえるか、いろんな手法が説明してある。東大法学部卒の明晰な頭脳は、おおむね、このために発揮されるのであります。嗚呼、もったいない。


しかし、霞ヶ関の省庁のビルは、深夜まで煌々と灯りがついていて、皆さん残業で頑張ってると思うのですが・・。実は、夕方から二時間くらい上司がみんなを飲み屋に誘って時間を潰し、やおら戻って「残業」をする。仕事の中身や効率より、職場での滞在時間の長さが評価されるのだ。そういえば、数年前だったか、大蔵省で「ノーパンしゃぶしゃぶ」スキャンダルってのもありましたなあ。そんな仕事ぶりでも、50才のノンキャリアで1000万の年収が得られる。古賀氏のような、55才のキャリア組なら1500万くらいの年収がある。


新しい首相、野田佳彦は財務省の忠犬と陰口される「官僚の味方」。役人達はバンザイ気分でありませう。一年もつかどうか、早くも危惧の声が上がっている。(2011年7月発行 PHP新書)

本・完了の責任 8月30日

スポンサーサイト

読書と音楽の愉しみ


●住友生命 チャリティコンサート

 Fさんの招待で久しぶりにいずみホールへ。 仲道郁代と川井郁子という組み合わせに興味をもって出かけました。客席は85%くらいが、おねえさん、おばちゃん、おばあちゃんに占拠されていて、男性はカゲロウのごとくであります。


プログラムは前半が・・・
バッハ 無伴奏V パルティータ第三番より「ガヴォット」
ドビュッシー 月の光
ビショルド エル・チョクロ
モンティ チャールダッシュ
ショパン・メドレー プレリュード第20番ほか

クラシックファンから見れば、なんや、けったいな組み合わせやなあ・・と思うに違いないけど、チャリティコンサートとあれば、しゃーないかと。アカデミックな道をゆく仲道さんと、かなりポピュラー寄りのセンで稼いでる川井さんが、お互いを立ててプログラムをつくったら、こんなことになりましてん、という案配。でも、ふつうの生真面目なプログラムより、お客さんは楽しかったと思います。

チャリ・コンで全国を回れば、音響の悪いホールもままあり、そんな中で今日のいずみホールは、ストラディヴァリウスを鳴らすには最高のホールだから、川井さんは後半のプログラムにジミ系のフランクのヴァイオリンソナタ イ長調を選んだ・・とは、駄目男の邪推であります。
 

 3・11以来、チャリティ云々のコンサートは5回目でしたが、今回はテレビイベントのバイトさんが募金箱もって、まるで中央市場のセリみたいに大声で「お願いしま~す」の連呼。コンサートでこんなガラの悪い募金場面はここだけでした。 (8月25日 いずみホール)

住友生命チャリティコンサート



プチ・ケチの研究


●焼めしの素に「ヒガシマル」から新製品

 焼めしの素といえば「五目チャーハンの素」とか、永谷園の商品が寡占状態でしたが、ヒガシマルが新たに参入「ソース」「しょうゆ」の2種類を販売しています。ソース」のほうを試したところ、見た目はドライカレー風で、自分の好みに合う味でした。卵を使う作り方は従来と同じ、ただし、粉末ダシは火を止めてから入れてかき混ぜます。値段は3袋入りで98円。ご飯が少ないばあい(150g以下)は、一袋で2回使えるので、プチ・ケチ効果もあります。

ヒガシマル 焼きめしの元 

ヒガシマル

たまには外メシ


■千里阪急ホテル ビアガーデン

 界隈では超人気のビアガーデンらしく、予約もとるのも苦労するとか。その理由は、ほかに同類のライバル店が無いことと、ホテルのなかというシチュエーションも効果大です。
 プールサイドに約500席(ほんまか?)盆明けの当日も9割方埋まる盛況でした。通常料金3,900円で、飲み放題、食べ放題、日が落ちると、サンバショーとかで、例の格好のオネエサンが客席に愛嬌をふりまくサービスもあり、満足度を高めてくれます。飲んで、食べて、おしゃべりして、楽しい時間はたちまち過ぎ去ってゆくのでありました。(8月17日)


■ぐるなびのホームページ 
http://r.gnavi.co.jp/k395505/


千里阪急ホテル 


千里阪急ホテル 

プチ・ケチの研究


●古いシャワーヘッドの手入れ

 10年、20年使っていると、シャワーの方向がばらついたり、出方に強弱のムラができたりします。で、買い換えよう・・となるのですが、その前に「プチ・ケチの研究」をおすすめします。


ヘッドの真ん中にネジがあるタイプは分解できます。自宅の製品はTOTOの公団仕様のもので、相当古い。ネジを外すと写真のように分解でき、よーく見ると、ノズルに石灰状の不純物が付いていて湯の出方を妨げていました。これを古ハブラシなんかでこすり、押しピンの針先でこそげたりしてきれいにします。


新しい製品は分解タイプでなく、ワンピースかもしれません。なんにせよ、ネジ式のヘッドなら、買い換える前に手入れを試してみませう。1000円~2000円の商品代と、取り替えの手間が省けます。

シャワーノズル 

シャワーノズル

シャワーノズル

読書と音楽の愉しみ


●向田邦子著「思い出トランプ」「男どき女どき」を読む 
(大活字本)

 作家より、テレビドラマの脚本家として有名だった。しかし、500本以上こさえたというテレビドラマ、一本も見ていないので、そちらは見当がつかない。ドラマで人気を博したのは「寺内貫太郎一家」や「阿修羅の如く」らしい。


この2冊の作品集では、平凡にして平穏な小市民の生活の営みに一滴の毒を垂らす・・というのが標準的スタイル。その毒がけっこうきつい。しかし、大波乱が起きるのではなく、一家破滅の悲劇につながるのでもなく、毒が回ったまま、ホームドラマが続く。その先までは書かない。暗示したところで物語が終わる、というのが向田流みたいですね。


「人間の、人間に対する果てしない興味」が小説や脚本を量産するモトでありまして、向田さんと付き合った人はみんなネタにされてしまいそう。
 もう一つ、登場人物に美男美女はかいもく出てこないのも特色。ダサイ男とブサイクな女が市井の片隅で惚れた振られたを演じる話が大半でありました。確かに、美男美女より冴えない男女のほうが描きやすいし、リアリティがありますからねえ。向田さんって、ハーレクイン風の物語なんて書けないでせう。「だらだら坂」「ビリケン」「鮒」などがスグレモノだと思いました。しかし、三十数編を一気に読むと、さすがに飽きてしまいました。

 著者は1929年生まれだから、存命なら82才で、まだ現役で活躍できたかもしれない。しかし、功成り名遂げて、作家として一番人気の高かったときに一滴の毒、運命の暗転が訪れた。ファンは、まだ若々しい容貌の向田さんのイメージを抱いたまま追憶に浸ることができる。ご本人も天上で「これでいいのだ」って納得してるかもしれない。(1981年、台湾旅行中、飛行機事故で死去)

想い出トランプ

読書と音楽の愉しみ


●なつメロを満喫
・・ブエナ・ビスタ・オールスターズ公演

 貧しいキューバから外貨稼ぎに来日した楽団・・なんて書けば叱られそうですが、これはホンマの話。しかし、同じ独裁国でも、ミサイル売って外貨稼ぐ北朝鮮に比べ、なんと平和な営業活動でありませう。


「マンボ NO,5」「シボネイ」「キサス・キサス・キサス」「南京豆売り」「グアンタナメーラ」など、 50~70年代に流行った懐かしい曲が、パワフルなヴォーカルと熟練のサウンド、ダンスパフォーマンスで演じられ、2時間があっという間に過ぎてしまったのでした。
 聴衆の8割を占めるオバチャンたちは、どうみてもラテン音楽ファンには見えないけれど、幕が開くや刺激的なリズムにすっかり乗せられて最後までノリノリ、ご機嫌さんでありました。


しかし、前の席の60代の男性は、ほとんどうつむいて、ジッと時間の経過に耐えているように見えました。誰かの代わりに来たのかも知れません。実際、興味が無ければ、ひたすら「ヤカマシイ」だけ、座ってるのが苦痛になります。(自分なら途中で帰りますけどね)たぶん、一日中、不機嫌に過ごしたことでせう。ご愁傷様です。
  ところで、ブエナ・ビスタって競走馬にいたような・・・。(8月3日 兵庫県立芸術文化センター大ホール)


■同公演のHP(まもなく削除・サウンドが聴けます)
http://www.bv-japan.com/ 

ブエナ・ビスタ・オケ・・

プチ・ケチの研究


●これぞ、プチ・ケチ研究の鑑・・メルシャンワインの軽量瓶

 6月13日付けの「プチ・ケチの研究」記事でメルシャンの激安ワイン<ビストロ>298円を紹介しました。後日、この瓶を捨てようと手に持ったところ、なんだか異常に軽い。一瞬、プラスチック?と疑ったけど、間違いなくガラス瓶です。で、気が付きました。とことんコストダウンするために、瓶の設計から見直したのです。ガラスの厚さを極限まで薄くして原料を節約する。軽ければ物流もラクになります。


「ビストロ」の空瓶の目方を計ってみたら、286,5g。比較のために焼酎「れんと」の空瓶を計ったら、419,5g。その差、133g、実に3割も軽いのです。10本分のガラス原料で13本できる。まったく、涙ぐましい努力と言えます。こんなプチ・ケチの研究を積み重ねて298円という、国産ワインでは極限の安さを実現したのであります。


ならば、一層のこと、ガラスをやめてペットボトルにすればいいではないか?(すでにペットボトル入りの商品もあります)ここんところが悩ましい。ガラス瓶は「これ、ワインです」と言いたい最後の砦(プライド)なのか。閑人はあれこれ詮索するのであります。
 メルシャンの真摯なプチ・ケチの研究、努力ぶりが分かると「こんなもん、二度と飲まへん」なんて軽々しく言えない駄目男でありました。


ビストロの空瓶 286,5g(容量720cc)
ワイン瓶メルシャン


黒糖焼酎レントの空瓶 419,5g(容量720cc)
ワイン瓶