FC2ブログ

読書と音楽の愉しみ


●古賀茂明著「官僚の責任」を読む

 著者、古賀氏は、この本を書き上げる直前、退職勧奨の通告を受けた。退職勧奨とは霞ヶ関用語であるらしく、民間なら「解雇通知」である。要するにクビ。なんでクビなのかは説明なし、とにかく辞めてくれと。しかし、本書を読めば、こりゃクビだわな、と誰でも理解できる。現役の官僚でありながら、官僚の世界をケチョンケチョンにくさしてるのだから。


1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒、通産省(現在の経産省)へ入り・・サラリーマンとしては最高のエリートコースを歩んだが、いろんな仕事をしているうちに、官僚の腐敗、堕落ぶりを見てだんだんアンチの考えが生まれ、実務においても役人らしくない発想の改革案、新提案をつぎつぎ出し、次第に「イヤな奴」と疎まれるようになった。
 民主党政権になっても嫌われぶりは変わらず、役人の天下りを批判して予算委員会の席上で仙谷官房長官(当時)から恫喝された。皮肉なことに、この辺りから「古賀茂明」サンは有名になっていく。以後、ブレずに官僚批判一筋、クビになるのは当たり前です。ハハハ。


霞ヶ関の役人は何を生きがいに仕事をしているか。一に「私益」二に「省益」三に「国益」。国家国民のためではなく、自分と組織の利益のために働くのが基本姿勢。シモジモの民がどんなに辛い目に会おうと、わしゃ知らん。極端にいえば、こーゆーあんばいであります。


いちばん力を入れて書いてるのは「利権」と「天下り先の確保」で、実際、この仕事?に実績を作った人が出世する。いかに巧妙に天下り先をこしらえるか、いろんな手法が説明してある。東大法学部卒の明晰な頭脳は、おおむね、このために発揮されるのであります。嗚呼、もったいない。


しかし、霞ヶ関の省庁のビルは、深夜まで煌々と灯りがついていて、皆さん残業で頑張ってると思うのですが・・。実は、夕方から二時間くらい上司がみんなを飲み屋に誘って時間を潰し、やおら戻って「残業」をする。仕事の中身や効率より、職場での滞在時間の長さが評価されるのだ。そういえば、数年前だったか、大蔵省で「ノーパンしゃぶしゃぶ」スキャンダルってのもありましたなあ。そんな仕事ぶりでも、50才のノンキャリアで1000万の年収が得られる。古賀氏のような、55才のキャリア組なら1500万くらいの年収がある。


新しい首相、野田佳彦は財務省の忠犬と陰口される「官僚の味方」。役人達はバンザイ気分でありませう。一年もつかどうか、早くも危惧の声が上がっている。(2011年7月発行 PHP新書)

本・完了の責任 8月30日

スポンサーサイト

読書と音楽の愉しみ


●住友生命 チャリティコンサート

 Fさんの招待で久しぶりにいずみホールへ。 仲道郁代と川井郁子という組み合わせに興味をもって出かけました。客席は85%くらいが、おねえさん、おばちゃん、おばあちゃんに占拠されていて、男性はカゲロウのごとくであります。


プログラムは前半が・・・
バッハ 無伴奏V パルティータ第三番より「ガヴォット」
ドビュッシー 月の光
ビショルド エル・チョクロ
モンティ チャールダッシュ
ショパン・メドレー プレリュード第20番ほか

クラシックファンから見れば、なんや、けったいな組み合わせやなあ・・と思うに違いないけど、チャリティコンサートとあれば、しゃーないかと。アカデミックな道をゆく仲道さんと、かなりポピュラー寄りのセンで稼いでる川井さんが、お互いを立ててプログラムをつくったら、こんなことになりましてん、という案配。でも、ふつうの生真面目なプログラムより、お客さんは楽しかったと思います。

チャリ・コンで全国を回れば、音響の悪いホールもままあり、そんな中で今日のいずみホールは、ストラディヴァリウスを鳴らすには最高のホールだから、川井さんは後半のプログラムにジミ系のフランクのヴァイオリンソナタ イ長調を選んだ・・とは、駄目男の邪推であります。
 

 3・11以来、チャリティ云々のコンサートは5回目でしたが、今回はテレビイベントのバイトさんが募金箱もって、まるで中央市場のセリみたいに大声で「お願いしま~す」の連呼。コンサートでこんなガラの悪い募金場面はここだけでした。 (8月25日 いずみホール)

住友生命チャリティコンサート



閑人帳


●第21回 上方歌舞伎会公演 鑑賞

 普段の公演では端役ばかりやってる役者が、年に一度、晴れ舞台で主役や重要な脇役も演じられる芝居。今年は片岡我當、片岡仁座衛門の指導で

■絵本太功記 尼崎閑居の段
■松廼羽衣(舞踊)
■傾城反魂香 土佐将監閑居の場
の三本

まん中の舞踊を除いては、何回も見ているダシモノなので気楽に見ておれるけど、席が前から5列目ということもあり、役者さんの真剣度はヒシと伝わります。初日の一回目の舞台なのに、運びはスムースでソツのない演技でした。
 では、一流の役者と比べても何も遜色がないのかといえば・・ない場面もありますが、一番、差が感じられるのは、例えば見得を切る(型を決める)場面でせうか。なんというか、オーラが感じられないのでありますね。こればかりは、単に練習を積めばええというものでなく、もって生まれた才気みたいなものが観客を魅了するので、簡単に身に付くものではありません。


はじめて見る「松廼羽衣」(まつのはごろも) 例の美保の松原を舞台にした漁師と天女の舞踊ものですが、山村若の振り付けが上手いのか、とても魅力的な舞でありました。ま、分かりやすいということもありますけど。ふだん、端役しかやってない下働きの役者さんが、こんな情感たっぷりの、ハイレベルな舞踊ができるのかと感心した次第です。


歌舞伎を見てみたいけど、いきなりン万円の本公演は敷居が高い、と思ってる人には、おすすめしたい公演です。毎年8月下旬の二日間の公演で、チケットは一律3500円〔友の会会員は2800円〕全席指定。この安さがウケて、毎回満席の盛況です。「上方歌舞伎会」で検索可。(8月22日 国立文楽劇場)

閑人帳


●映画「コクリコ坂から」鑑賞

 「週刊現代」8月20/27日号に「加藤登紀子が明かす<宮崎駿という天才と付き合って分かったこと>という記事が載っていたので、これを読んで映画館へ行くと・・スクリーンに、監督=宮崎吾郎と出てるではありませんか。この人、駿さんの息子さんだそうです。(企画・監修は宮崎駿)


まあ、吾郎さん、よくも二代目を継ぐ気になったもんですねえ。半ばカリスマ化されてる「天才」と同じ道を歩むなんて・・イバラの道ですよ。他に仕事無かったん? 自分なら断固お断りの選択です。上記の週刊誌記事でも、加藤登紀子は駿をホメまくっていて、これを吾郎サンが読んだらどんなにプレッシャーになることかと。


さて「コクリコ坂から」は高校生の彼と彼女が淡い恋心を抱きつつ付き合う中にいろんな事件が起きて・・という物語。これはジジババでも子どもでも分かりますが、それ以外の時代背景や事件の顛末については、20才以下のヤングには理解不能に思えました。この映画の営業的ターゲットはずばり「団塊世代」でありませう。


物語は、東京オリンピック開催が迫る1963年、横浜の「港の見える丘」を舞台に描かれます。団塊世代はリアルに描かれた古い町並みやオート三輪が走るシーン見ただけで「ヒャー、なづがじい」とうるうるになりそう。ストーリーなんかどうでもええぞ気分になりまする。
 技術的なことは分からないけど、丁寧に描き込まれた背景の美しさにほれぼれします。それと、しょっちゅう出てくるタグボートの動きのなめらかさ、海面の描き方の工夫。よく出来てるなあと感心しました。


一方、上記記事で加藤登紀子は「宮崎駿さんは、ディティールにとことんこだわる」と述べているのですが、この作品では映像でそれが感じられるものの、?と思うところもあります。例えば、彼が彼女の名前「海(うみ)」を呼ぶとき「メル」と言うのですが、なんで「メル」なのか。これはフランス語で海を「ラ・メール」と言うことを知っていなければ「なんで海ちゃんがメルちゃんなん?」と気になるはずです。また、高校生が古い校舎をカルチェ・ラタンと呼んで保存運動するのですが、今どき、こんな言葉を知ってる人は団塊世代くらいで、なんのこっちゃねんと訝る観客のほうが多いと思います。要するに、表現のディティールにおいて手抜き又は説明不足があります。


お盆休みだったので、客の入りは良かったけど、団塊世代と思しき人がほとんどいなかったのは残念。この世代は、アニメ=ガキの見る漫画、のイメージしかないのかも知れません。(8月16日 アポロシネマ8)


■「コクリコ坂から」公式サイト
http://kokurikozaka.jp/


週刊現代 8月20日・27日号
宮崎駿コクリコ

閑人帳


●韓国の放送局、フジテレビ前デモ事件を普通に報道

 8月21日、フジテレビ本社前で行われた大規模抗議デモを、日本のマスコミはニュースとして報道しなかったが、批判されてる側の韓国は2社が現地取材し、韓国で報道した。・・・ということを知れば、日本人は、かの中国政府の厳しい報道規制や捏造報道を批判する資格はないということになります。政府が規制しなくても、マスコミが勝手に自己規制して、見て見ないフリをしています。当然、彼らも中国や独裁国家の報道姿勢をとやかく言う資格なんかありませんね。嗚呼、情けなや。


■韓国MBCのニュース番組で放送されたデモの様子(削除の場合あり)

http://www.youtube.com/watch?v=B-jYg_6ExMI&feature=youtu.be

閑人帳


●異様な光景・・フジテレビへの抗議デモ

 8月21日(日)午後に催されたフジテレビの偏向番組・報道に対する抗議デモは、8月7日のデモより遙かにスケールが大きくなり、前回の10倍以上、2万人を越えたというレポートもあります。(警察等の公式発表はまだ無いらしい) 右翼団体などに関係のない、普通の市民が全くの自由意志で参加する集会、かつ、抗議相手を一民間企業にした集会でこれだけの大人数が集まるのは、ちょっと異様に思えます。


しかし、これをニュースとして報道した、新聞、テレビはほとんど無かったみたい。例によって「報道しない自由」の発揮によります。とはいえ、他のテレビ局やそのスポンサー各会社は、他人事ではない事件であること、よーく認識したと思います。フジテレビへの抗議で埒があかないとなれば、次はスポンサーが標的になるかもしれない。


抗議の的にされるスポンサーはビビるか。いや、すべての会社がビビるとは言えないと思います。本社にデモ行進された、即ち社会的批判の的になった、という理由でスポンサーを降りる、その良いきっかけ(口実)になるからです。電通やテレビ会社とのしがらみで、降板を言いだしにくい会社もあるわけで、そんな会社にとっては「よっしゃ、ええチャンスくれた」と。


テレビCM止めても、売り上げが落ちないばかりか、広告費を減らした分、純利益が大幅に増えた・・の明快な例をつくったのが大口スポンサー「花王」なので、内心、スポンサーを降りたい会社は多いはずです。テレビCMが購買動機になる商品はだんだん減ってきている。テレビCMを見て「レクサス」を買いたくなった人なんて皆目いないでせう。サラ金やパチンコ屋のCMが増えたのは、大口スポンサーが逃げだしたからにほかならない。ただし、花王のように、費用対効果のほかに政治的意図があれば、話は別です。


■8月21日 フジテレビ抗議デモの動画例(他にたくさんあり)
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=CYBq7HaCwhA


マスコミが無視したフジテレビ本社前の抗議風景
http://youmenipip.exblog.jp/16449270/
8gatu 21niti

プチ・ケチの研究


●焼めしの素に「ヒガシマル」から新製品

 焼めしの素といえば「五目チャーハンの素」とか、永谷園の商品が寡占状態でしたが、ヒガシマルが新たに参入「ソース」「しょうゆ」の2種類を販売しています。ソース」のほうを試したところ、見た目はドライカレー風で、自分の好みに合う味でした。卵を使う作り方は従来と同じ、ただし、粉末ダシは火を止めてから入れてかき混ぜます。値段は3袋入りで98円。ご飯が少ないばあい(150g以下)は、一袋で2回使えるので、プチ・ケチ効果もあります。

ヒガシマル 焼きめしの元 

ヒガシマル

閑人帳


●サントリー、お前もか。

 ただいま、「韓流ゴリ押し」問題で、フジテレビと花王がポカスカ、バッシングされてる最中ですが、新たにサントリーが加わって、ネット世間はさらに賑やかになっております。(新聞でも報道されたらしい)


サントリーのスキャンダルといえば、1988年の「東北熊襲発言」が、会社にとっては悪夢のような酷い事件でしたが、あれはバカな社長の失言だったのに対して、今回の「韓流ゴリ押し」表現は、弁解できない確信犯と言えます。うっかりミスなら、謝罪でかなり穏便に済ませることができますが、現在、フジ、花王、サントリーが起こしてる問題は、日本や日本国民に対する「悪意」がなければ起こりえないだけに、簡単に「ほな、許したる」にはならない。


政治団体ならともかく「お客様第一」の民間企業が、消費者、国民を敵に回してでも、反日、売国思想を広めたい、その動機は何なのか、なんとも分かりにくい。「当社は、日本より韓国を愛するという理念のもとにビジネスを進めております。文句ありますか?」と開き直ってるわけですが、一度、社長の説明を聞いてみたい。こんなことをすれば、不買運動が起きて売り上げを減らし、社会的信用も失うこと、百も承知でやってるのですからね。もしや、社長や幹部、みんなキ印かい? 


問題になった、サントリーの広告文がこれ。(引用)

「『鏡月』というその名前は韓国/東海(日本海)に隣接した湖『鏡浦湖』(キョンポホ)の ほとりにある古い楼閣「鏡浦台」(キョンポデ)で、恋人と酒を酌み交わしながら、そこから見える5つの月を愛でた詩に由来しています」

削除される前の同社HPの画像
「鏡月グリーン」のネーミング由来の説明で「韓国/東海(日本海)」と表記
サントリー問題 


サントリーは、なんとか、うっかりミスで終わらせたいみたいですが、いくら善意に考えても、うっかりで起きるミスではありませんね。同じ意味の表記は、今回で5,6回目になるという情報もあります。


■下のURLは、サントリーのお客様相談窓口に抗議の電話をした人の会話。抗議者がとてもジェントルな話し方なので、安心して聴けます。会話の最後に「トンスルって酒は扱っておられますか」「トンスルは扱っておりません」のやりとりがありますが、トンスルとは、人糞を混ぜて作る韓国の伝統的な薬用酒のこと。但し、真相不明。(イヤミで質問している)

■サントリーへ抗議電話した人の会話録音
http://www.youtube.com/watch?v=MVp0HNymhLI


■トンスルの説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AB

閑人帳


●映画「大鹿村騒動記」鑑賞

 南アルプスを望む静かな山村。その住民、原田芳雄と岸部一徳は友達どうしであったが、18年前、岸部が原田の妻、大楠道代と駆け落ちしてしまった。だが、道代は重い認知症を患い、岸部の手に負えなくなって村に帰ってきた・・・。

 映画の宣伝文句「忘れられないけど、思い出したくもない女が帰ってきた」はこのことを指す。恨み骨髄に達する原田は、岸部をポカポカどつき回したりするが、行き場のない二人を自宅に泊めたりもする。おりしも、300年の伝統を誇る村芝居の公演が目前に迫っていて、村長から農民まで準備に大わらわ、おまけに台風がきたりして、さらにドタバタが・・・。


「日本一美しい村」を名乗る村でのオール・ロケ映画は、しかし、美しい風景そっちのけで人情ドラマの展開を追う。本当は陰険な怨念ドラマになるところ、喜劇風に仕立てたところがこの映画のミソ。それに田舎歌舞伎を絡ませて中身を濃くした。芝居では、原田は、平景清を演じる。


難点をいえば、脚本の練り方不足というか、もしや、時間がなかったのかもしれないが、前半の話の展開がモタモタして分かりにくい。どうでもいい、サイドの小ネタをくっつけたせいかも知れない。それに、騒動記と名乗るなら、もう少し笑いを取るシーンを増やして欲しかった。
 惨めな初老の男を演じる岸部一徳が元タイガースのメンバーだった・・昭和は遠くなりにけり、でありますなあ。ホント。映画では元気そうに見えた原田芳雄は本作の公開直後に亡くなったのでこれが遺作。ご本人もこの作品の映画化を熱望していたというから、少し早かったとはいえ、俳優として本望だったでせう。(8月15日)


■大鹿村騒動記 予告編(まもなく削除の予定)
http://ohshika-movie.com/movie.html

大鹿村風景(同村HPから)
大鹿村風景

たまには外メシ


■千里阪急ホテル ビアガーデン

 界隈では超人気のビアガーデンらしく、予約もとるのも苦労するとか。その理由は、ほかに同類のライバル店が無いことと、ホテルのなかというシチュエーションも効果大です。
 プールサイドに約500席(ほんまか?)盆明けの当日も9割方埋まる盛況でした。通常料金3,900円で、飲み放題、食べ放題、日が落ちると、サンバショーとかで、例の格好のオネエサンが客席に愛嬌をふりまくサービスもあり、満足度を高めてくれます。飲んで、食べて、おしゃべりして、楽しい時間はたちまち過ぎ去ってゆくのでありました。(8月17日)


■ぐるなびのホームページ 
http://r.gnavi.co.jp/k395505/


千里阪急ホテル 


千里阪急ホテル 

閑人帳


●「週刊現代」拾い読み

次の総理は馬淵かもしれない ~永田町インサイド~

 この時点になっても、イチオシといえる候補者がいない民主党代表選挙。鳩山、菅と二代、歴史に残るボンクラ首相が続いて、しかし、三人目もめぼしい人材はいない。そんな中で、いかなる派閥にも属さず、自らもグループをつくらず、ひとりぽっちの状態で代表選に立候補しようというのが馬淵澄夫。奈良県出身の当選3回、ちょびっとだけ国土交通省大臣を経験した、候補者の中では知名度最低の50男である。


立候補には党内で20人の「推薦人」を集めなければならない。これが第一関門。しかし、派閥、グループに属さない馬淵はこれだけでも大仕事です。しかし、もし、推薦人を獲得し、立候補すれば、意外と大化けするのでは、というのが「週間現代」の見立てであります。もし、選ばれたら、あっと驚く大サプライズ、大どんでん返しになります。


さて、アンチ民主党の駄目男にすれば、推薦に価する候補者などいるわけないが、消去法で候補者を消していけば、なんだか馬淵サンが残るってことに・・。逆に、ゼッタイ通したくないのが野田。まるで財務省の手先みたいな積極増税派。大震災直後は世論も「増税やむを得ず」に傾いたが、よく検証すれば、増税は復興に益するどころか、逆に日本経済の弱体化を招くことが、反増税派のキャンペーンで浸透中。与野党問わず、この認識を持つ議員が増えてきた。


ほかの、海江田、小沢鋭仁、樽床、前原は、派閥の親分や同僚の顔色をうかがいながら、八方美人的政策しか述べられず、意志の強さ、確たる信念を感じさせる人は一人もいない。ならば、いっそのこと、孤立無援のマブチおじさんのほうがマシではないかと。ひとりぽっちな分、民主党内でのしがらみも無いわけで、野党との付き合いもシンプルにできる。ま、現実はそんなに甘くはありませんけどね。


■馬淵議員自身のブログ
http://mabuti-sumio.cocolog-nifty.com/blog/


週刊現代 8月20日・27日合併号
週刊現代 総理は馬淵 

大阪日暮綴


●そんなに高いか、堺市の水道料金

 ある飲み会でKさんが「堺市の水道料金、めっちゃ高いねん、二ヶ月分の請求が1万円くらいきよる」と、ぼやきまくるのでありました。とりわけ、大阪市から堺市へ引っ越した人は、その差額の大きさにショックを受けるようであります。


では、本当にめっちゃ高いのか、閑人がヒマつぶしに調べてみました。大阪市水道局がHPで公開しているデータをあけ、大阪府内43市町村のなかで安い順に見ると、一番安いのは吹田市(2,010円)です。二番目が大阪市(2,016円)。堺市は9番目(2,510円)でした。43の中の9番目だから、そんなに目くじらたてて文句いうこともなさそうで・・・。ちなみに、大阪市は全国の人口100万人以上の12都市のなかで一番安いです。一番高い仙台市(4,095円)の半分くらいです。


では、堺市民はなんでめっちゃ高いと言うのか。そのワケは、一緒に請求される下水道料金の高低にありました。下のデータは、堺市が公表しているもので、堺市と大阪市や全国平均との差を表しています。


一般家庭で1か月に20立米使用された場合の上下水道料金比較
(H22年1月現在)
       堺市   政令市平均 大阪市   全国平均
水道料金   2,520円  2,523円  2,016円  3,060円
下水道使用料 2,745円  2,074円  1,218円  2,840円
合計     5,265円  4,597円  3,234円  5,900円
      (注)全国平均については、H19年度決算値


一ヶ月20立方米というのは、2~3人世帯の標準的な使用量です。水道料金を見ると、堺市と大阪市は500円ていどの差で、文句いうほどではありません。問題は下水道使用料で、1500円もの差があります。これが文句タラタラの原因です。合わせて月額2,000円の差、年間にしたら24,000円もの差がつきます。まあ、文句ゆう気持ちは分かります。しかし、これは、あくまで大阪市との比較で、他の市とも比べたら、さほど大きい差はないのでは、と思います。興味ある人は調べてみて下さい。


大阪市には、65才以上で、一人暮らしとかの条件をクリアすれば、基本の10立方米分の料金が免除される制度があります。一ヶ月10立方米以下で暮らせば、上水道と下水道料金がタダになるわけです。実際に、年間で一円も払わずに暮らしてる人がいると思いますが、ケチの駄目男でも、暑い夏場は11~14立方米くらい使ってしまい、下の写真のように数百円は払うことになります。年間では1,500円くらい払ってますが、堺市民から見れば、ちょっとムカつく安さかも知れません。

  わけあって転居を考えるとき、自然環境や交通の便や買い物の便利さを判断材料にすることはあっても、「水道代」まで調べる人は少ない。たいていは、引っ越してから「あちゃ! 高いやんか」と分かって、しかし、後の祭りです。もっとも、水道代を気にして転居先を決めるのも、なんか、みみっちい話ではあります。


7月、8月分の水道料金 (7月ー496円・8月ー330円)
堺市の・・ 


大阪市の水道料金の他都市との比較
堺市の水道代


大阪府内各市町村の水道料金比較(最高額は能勢町)
堺市の・・


■大阪市水道局のHP
http://www.city.osaka.lg.jp/suido/page/0000020876.html


■堺市上下水道局のHP
http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_shimin/data/8230.html

大阪日暮綴


●法善寺横丁祭り

 
久しぶりに「SOU」へ行くと法善寺境内でお祭りをやってました。ただでさえ狭い横丁に露店を出したりしてスイスイ歩けない。
 お寺の境内では無料でジャズライブのサービスもあります。予算がないのか、これ以上貧相なステージはつくれまへん、といった粗末な舞台でのライブは、法善寺というより西成の雰囲気。それでも会場はぎゅうぎゅう詰めの盛況でした。皆さん、それほどライブが好きなら、有料のライブにも来て下さいよ・・企画人にして、横丁のバーのオーナー、K氏はボヤいてるかもしれません。(8月11日)


法善寺 

法善寺 

法善寺祭

プチ・ケチの研究


●古いシャワーヘッドの手入れ

 10年、20年使っていると、シャワーの方向がばらついたり、出方に強弱のムラができたりします。で、買い換えよう・・となるのですが、その前に「プチ・ケチの研究」をおすすめします。


ヘッドの真ん中にネジがあるタイプは分解できます。自宅の製品はTOTOの公団仕様のもので、相当古い。ネジを外すと写真のように分解でき、よーく見ると、ノズルに石灰状の不純物が付いていて湯の出方を妨げていました。これを古ハブラシなんかでこすり、押しピンの針先でこそげたりしてきれいにします。


新しい製品は分解タイプでなく、ワンピースかもしれません。なんにせよ、ネジ式のヘッドなら、買い換える前に手入れを試してみませう。1000円~2000円の商品代と、取り替えの手間が省けます。

シャワーノズル 

シャワーノズル

シャワーノズル

閑人帳


●案の定・・↓フジのTVドラマに抗議多数
(茶色文字は引用文)

■ドラマのTシャツに原爆通称名、フジに配慮申し入れ
2011年8月11日08時47分 読売新聞 (抜粋)

 広島県は10日、7日放送のドラマで、主役の前田敦子さん(20)が着ていたTシャツに「LITTLE BOY(リトルボーイ)」の文字が書かれていたとして、「広島に投下された原爆の通称名でもあり、今後配慮してほしい」とフジテレビに申し入れた。

 7日が広島原爆忌の翌日だったこともあり、同県には「不謹慎だ」とするメールや電話などが約130件、広島市にも約150件あった。フジテレビにも50件以上あり、同社広報部は「リトルボーイに広島原爆の意味もあるとは気がつかず、スタッフがTシャツを用意した。今後は気をつけたい」としている。
 

知らないハズはない・・と前回紹介したcoffee さんのブログで、制作の裏方を暴露している。読みたい人は下のブログをどうぞ。かなり長文。

■http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4338.html

閑人帳


●偶然? 悪意?・・フジテレビ、ドラマにも疑惑

 反日、売国の「ウジ(蛆)テレビ」のレッテルが貼られてしまったフジテレビ、ネタ枯れの駄目男にいろいろ話題を提供してくれて助かります。・・といいながら、相変わらず見ないのですが。


8月6日は広島の原爆犠牲者慰霊の日、その明くる日の7日、フジテレビが放送したドラマの一部シーンに疑惑が浮かんだ。以下の情報はcoffeeさんのブログからの部分引用です。(茶色文字が引用文 元ネタは2ch )


8/7に放送されたフジテレビのドラマ「イケメンパラダイス2011」の中で主演のAKBの前田敦子が「LITTLE BOY」と書かれたTシャツを着用していた。
 リトルボーイ (Little Boy) は、第二次世界大戦においてアメリカ軍が広島市に投下した原子爆弾のコードネームであり、広島に原爆の投下された原爆の日の翌日に、このようなTシャツを着用してテレビに映ることが仮に意図的だったとすれば論議を呼ぶことになるだろう。
 

実はもう一つの疑いがかかっている。
 長崎原爆投下日は8月9日だが、「9」とプリントされた白いTシャツを着る大柄な男性も登場しており、制作側が太った男性=ファットマン(Fat Man)から長崎原爆を連想させようとしたと可能性がある。もし、意図的であったのなら、これも論議を呼ぶことになることになるだろう。


■文章、画像の引用元のブログ
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4335.html


フジテレビドラマ「イケパラ」で前田敦子が広島原爆の日の翌日にLITTLE BOYと書かれたTシャツを着用

フジ原爆


広島に投下された原爆「リトルボーイ」
フジ原爆

「9」とプリントされた白いTシャツを着る太めの男性
(8月9日に長崎へ投下された原爆名は「Fat Man」)
フジテレビ原爆 

長崎に投下された原爆「ファットマン」
フジ原爆 



もし、原爆犠牲者の遺族や関係者がこのことを知ったらどんな思いがするか。なんとも思わない、という人もいるかも知れないが、無神経さが許せない人が過半ではないか。むろん、フジテレビは「単に偶然が重なっただけです。他意はありません」と釈明するはず。それとも「どんな演出をしようと当社の自由、視聴者がとやかく言うのは表現の自由への干渉」と開きなおるか。
 
 一般視聴者の多くも、 偶然にしては、出来すぎていると思うのではありませんか。駄目男の判断は「偶然を装った悪意の演出」です。ウジ(蛆)テレビは、こんな姑息な手段を使ってまで日本を貶めたいのか。


■詳しい内容は上記URLをあけてお読みください。

読書と音楽の愉しみ


●向田邦子著「思い出トランプ」「男どき女どき」を読む 
(大活字本)

 作家より、テレビドラマの脚本家として有名だった。しかし、500本以上こさえたというテレビドラマ、一本も見ていないので、そちらは見当がつかない。ドラマで人気を博したのは「寺内貫太郎一家」や「阿修羅の如く」らしい。


この2冊の作品集では、平凡にして平穏な小市民の生活の営みに一滴の毒を垂らす・・というのが標準的スタイル。その毒がけっこうきつい。しかし、大波乱が起きるのではなく、一家破滅の悲劇につながるのでもなく、毒が回ったまま、ホームドラマが続く。その先までは書かない。暗示したところで物語が終わる、というのが向田流みたいですね。


「人間の、人間に対する果てしない興味」が小説や脚本を量産するモトでありまして、向田さんと付き合った人はみんなネタにされてしまいそう。
 もう一つ、登場人物に美男美女はかいもく出てこないのも特色。ダサイ男とブサイクな女が市井の片隅で惚れた振られたを演じる話が大半でありました。確かに、美男美女より冴えない男女のほうが描きやすいし、リアリティがありますからねえ。向田さんって、ハーレクイン風の物語なんて書けないでせう。「だらだら坂」「ビリケン」「鮒」などがスグレモノだと思いました。しかし、三十数編を一気に読むと、さすがに飽きてしまいました。

 著者は1929年生まれだから、存命なら82才で、まだ現役で活躍できたかもしれない。しかし、功成り名遂げて、作家として一番人気の高かったときに一滴の毒、運命の暗転が訪れた。ファンは、まだ若々しい容貌の向田さんのイメージを抱いたまま追憶に浸ることができる。ご本人も天上で「これでいいのだ」って納得してるかもしれない。(1981年、台湾旅行中、飛行機事故で死去)

想い出トランプ

閑人帳


●フジテレビ本社前で「韓流ごり押し反対」デモ

 8月7日、暑い日中に、1000人以上の市民が自由参加のかたちで、フジテレビへの抗議デモを行った。デモといっても統一した行動ではなく、集団散歩みたいな集まり方だったらしい。写真を見ると、若者はむろん、親子連れや高齢者など、年代はばらばらの感じがする。

 なんの義理も義務もない市民が、電車チン使って、暑いなか参集するなんて、傍観者は「ご苦労さま」というしかないけれど、民放の放送内容に抗議してこんな行動を起こすのははじめてではないかと。(NHKに対してはデモ実績あり)


テレビニュースはむろん、新聞も、たぶん報道しないが、ネット上ではすでに何十万人もが画像や動画で見ており、フジテレビが無視しても、スポンサーは心中穏やかではないだろう。スポンサーも無視したら、商品の不買運動にエスカレートする恐れがある。

それでも、フジテレビやスポンサーや電通は、とりあえず「ささいなコト」として知らん顔しそうだけど、穏便に落着するかどうか分からない。彼らが、今一番恐れているのは。内部告発のかたちで実態を暴露されることだと思う。このスキャンダルには韓国政府が大きく関わってるから、表沙汰になれば、日韓両国の関係悪化にもなる。(望むところでありますが)あの海上保安庁、一色正春サンのような人、出てほしい。週刊誌がかき立てる可能性もありです。8月21日にも同様のデモが企画されている。


■下の画像の引用もとはこちら
http://koramu2.blog59.fc2.com/ 
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4334.html


フジテレビ デモ 

フジテレビ デモ 

ダジャレ、イチビリ、腕の見せ所です。よう考えるなあ。
フジテレビ  

読書と音楽の愉しみ


●なつメロを満喫
・・ブエナ・ビスタ・オールスターズ公演

 貧しいキューバから外貨稼ぎに来日した楽団・・なんて書けば叱られそうですが、これはホンマの話。しかし、同じ独裁国でも、ミサイル売って外貨稼ぐ北朝鮮に比べ、なんと平和な営業活動でありませう。


「マンボ NO,5」「シボネイ」「キサス・キサス・キサス」「南京豆売り」「グアンタナメーラ」など、 50~70年代に流行った懐かしい曲が、パワフルなヴォーカルと熟練のサウンド、ダンスパフォーマンスで演じられ、2時間があっという間に過ぎてしまったのでした。
 聴衆の8割を占めるオバチャンたちは、どうみてもラテン音楽ファンには見えないけれど、幕が開くや刺激的なリズムにすっかり乗せられて最後までノリノリ、ご機嫌さんでありました。


しかし、前の席の60代の男性は、ほとんどうつむいて、ジッと時間の経過に耐えているように見えました。誰かの代わりに来たのかも知れません。実際、興味が無ければ、ひたすら「ヤカマシイ」だけ、座ってるのが苦痛になります。(自分なら途中で帰りますけどね)たぶん、一日中、不機嫌に過ごしたことでせう。ご愁傷様です。
  ところで、ブエナ・ビスタって競走馬にいたような・・・。(8月3日 兵庫県立芸術文化センター大ホール)


■同公演のHP(まもなく削除・サウンドが聴けます)
http://www.bv-japan.com/ 

ブエナ・ビスタ・オケ・・

閑人帳


●そうだったのか?・・フジテレビ発狂の裏側

 テレビに疎い駄目男がテレビの話題を続けるのもナンですが、ネットでウワサが広がっている、フジテレビの異常な番組づくりの裏事情が少し見えてきました。・・と、いいながら、フジの番組は、たまに野球中継見るくらいなので「異常」だと言われてもよく分からない。


そんなテレビ音痴に対して、パロディふうの、架空のニュース番組のかたちで説明した動画があるので見たところ、そういうことだったのかと、少し事情がわかりました。発狂の理由は、韓国資本や宗教団体によるフジテレビ乗っ取り画策だというのです。この架空ニュースの内容の真贋についてはなんとも言えないが、誇張はあっても、全部がウソではないと思えます。


「閑人帳」7月22日の記事で、フジテレビは、なでしこジャパンの表彰式シーンを意図的にカットしたと書きましたが、そのウラ事情は「韓国の指図」によると考えて良いでせう。テレビ局が実質、韓国資本や政府に支配されている。当然、巨額の金(利権)が注ぎ込まれている。要するに、韓国ドラマやK-POPの視聴率がどんなに低くても、スポンサーがつかなくても、それに代わる「金」が入れば経営は成り立つわけです。電波の公共性なんて、くそくらえ、ってなもんですな。


かような、フジテレビの堕落、内部崩壊に関わってる組織を推定すれば、上流から、韓国政府ー韓国企業ー電通ーフジテレビの幹部で、電通が仲介役として、大きな役目を果たしてる可能性ありです。(あくまで推定です)


■誰がつくったのか? 架空「FNNニュース」
http://www.youtube.com/watch?v=k2PVU-FSVbY&NR=1


もう一つ、架空でも、推定でもない、現実的な問題あり
(茶色文字は引用文)

■フジテレビと日本テレビの放送免許が危ない問題  西村博之

日本には、電波法という法律があって、携帯電話の電波やテレビの電波などの管理をしています。んで、限られた電波資源を外国が乗っ取ったりしたら大変なので、テレビ局などは、外国人株主の比率をは20%以下にしなければいけないと決められています。(電波法 第五条)んで、外国人直接保有比率は、証券保管振替機構で見られるんですが、2011/07/26の数字を見ると、、、

日本テレビ 22.66%
TBS 7.19%
フジテレビ 28.59%
テレビ朝日 14.57%
テレビ東京 1.26%

フジテレビは、外国人直接保有比率が28.59%と、20%を大きく超えちゃってます。日本テレビも、22.66%とわずかに超えてますね。テレビ朝日は14.57%で大丈夫です。テレビ東京の1.26%という圧倒的な外国人への人気の無さも気になりますけど、、、、

んで、今現在でも、フジテレビと日本テレビは、「免許の取消し」に当てはまるんですね。ただ、いきなり外国人に買われてしまって廃止では可哀想なので、免許の残存期間中は、総務大臣は免許を取り消さないことが出来ます。(電波法 第七十五条)前回の放送免許の更新が2008年から5年だったので、2013年までになんとかしないといけないんですね。(以下略)


■本文の引用もと
http://omasoku.blog90.fc2.com/blog-entry-580.html


・・と、あまりテレビを見ない人間が、興味本位に紹介しても説得力がないけど、逆に、毎日3時間も4時間もテレビの前に座ってる人も、恐らくこんな裏事情は知らない。なんの興味もない。まあ、素直に洗脳されてるだけです。2009年の読売新聞社のネット調査では、テレビの視聴時間が長い人ほど民主党支持が多い云々とありましたが、気分害する人いるやも知れませぬ。

■讀賣新聞ネット世論調査(2009年8月)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090808-OYT1T00191.htm?from=main6


■参考情報
各局の1ヶ月の韓流ドラマ放送時間→フジ40時間、TBS20時間、TV東京12時間、NHK4時間 TBS「アッコにおまかせ」より
フジテレビ 

閑人帳


●理解不能・・東海テレビ放送事故

 岩手県産のお米を「セシウムさん」と侮辱した問題のテロップがこれ。
東海テレビ

ところが、本日、アナウンサーの謝罪の言葉のあとに持ち出したのがこれ。仮の(リハーサル用の)テロップはプロが手間をかけてていねいにつくってるのに、実際の当選者の名前はカタカナのなぐり書き。リハーサルと本番、話がアベコベではありませんか。
東海テレビ

 セシウムさんとかの言葉だけでも問題なのに、リハーサル用をプロの手を煩わしてきちんとつくったということは、個人の悪意ではなく、スタッフ全員が確信犯だと言われて当然だ。もうどんな言い訳も通らない。
 東海テレビは、今「韓流番組ごり押し」で問題になってる、フジテレビの系列局だそうだ。TBSともども、さっさと倒産してほしい。

■画像引用元はこちら・・
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4330.html

閑人帳


●「お詫び」では済まない、東海テレビの「悪意てんこ盛り」ミス

 8月4日の昼前、東海テレビの画面にとんでもない文字情報が映しだされた。商品プレゼント番組で、岩手県産のお米の当選者が決まる前につくった「仮テロップ」をうっかり放送してしまった。そこに書かれていた仮定の当選者名が「怪しいお米」「汚染されたお米」「セシウムさん」などだった。仮の名前なら、普通はAさんとかBさんにするものを、わざわざこんな名前にしたのは悪意による確信犯と思われても仕方ない。「お詫び」文一枚では済まされない悪質な事件だ。

 何重ものチェックポイントをすり抜けて家庭のテレビに届いてしまった「スルッと関西」ならぬ「スルッと東海」ハレンチテロップでした。


■youtubeにアップされた、問題の事故画像(23秒)
http://www.youtube.com/watch?v=CUMdBz--zsA


東海テレビが自社HPに掲載したお詫び文(8月4日)
東海テレビお詫び文

閑人帳


●暑さしのぎ
「気になる店名」の研究

■その3・・宮本むなし

 誰が見ても珍妙にして意味不明な店名です。業態は「街の定食屋さん」をウリにする大衆食堂チエーン、現在、京阪神中心に、東は名古屋、西は岡山あたりまで、76店舗あります。社長さんの名前は「宇都宮」さんなので「宮本」は関係ありません。


近鉄布施駅前の「宮本むなし」 2階の焼き肉看板は別の店です。宮本むなしの看板
 


宣伝文句に「時代はむなし めしやはむなし」とうたってるから、かのスーパーヒーロー、宮本武蔵をニヒリストととらえて、現世も空しいと・・解釈しかけたものの、それが大衆食堂となんの関係あるの?と、ぜんぜんかみ合わないのであります。人気メニュー、390円の卵丼と宮本武蔵、宮本むなしと、どうにも結びつかない。


なんとか「解釈」してみようと真面目に考えた自分がアホでした。店名の由来は、社長さんの子どもさんが幼いとき、宮本武蔵の「むさし」の発音ができず、みやもとむなし、としか言えなかった。これが「宮本むなし」発祥のワケだそうであります。ふたたび「ほんまかいな~、アホクサ」で一件落着。しかし、社長さん、本気でこんなしょーもない名前つけたんやろか、の疑惑は消えない。


とは言うものの、たとえば「宮本食堂」なんて名前よりはずっとインパクトが強いし、一度見たら忘れにくいことも確かであります。このブログをご覧になった方も、街でこの店に出会ったら、あ、あの店や、と思い出すにちがいない。そのとき丁度お腹が減っていたら、するりと店に入ってしまうかもしれません。まんまと仕掛けにかかったというわけでございます。もっとも、店を出るとき「むなし」気分かどうか、なんとも言えませんが。


■宮本むなし のホームページはこちら
http://www.ug-munashi.jp/index_top.html

閑人帳


●暑さしのぎ
「気になる店名」の研究

■その1・・マルイ

 難波高島屋の向かい、元南街会館跡にできた若者向けファッションの店、マルイ。 この店のロゴがなぜ「○I○I」なのか、怪訝に思ってる人、少なくないと思います。いや、少ないか(笑)
 そもそも、これってどう読むのか。普通に読めばマルイマルイ、ローマ字読みだとオイオイとなりますが、べつに洒落てるとも思わない。

マルイ難波店のロゴ
マルイ


正解はゼロイチゼロイチでした。店の電話番号の下4桁が0101です。
難波店は 06-6634-0101      
神戸店は 078-334-0101      
京都店は    075-257-0101                
全国各店、おおむね、この番号が使われています。


なんや、しょーもな、でたちまち解決、これじゃ暑さしのぎにもなりません・・が、ちょっと待て! こんな情報がありました。

 マルイは長くこの0101をロゴにしてきましたが、古い店では「0」の右下部分に切れ目がある。なんで?といえば、これは昔の黒電話・・円形のダイヤルに指かけてジーコジーコと回すアレです。その右斜め下に指止めの金属があって円弧が切れたように見える。その形状を表したのです。

 ほんまかいな~・・マユにツバすれど、一件落着ということで。


懐かしい電話機  0の右手に指かけの金属
マルイ


古い店の看板は0の右下が切れている
マルイのロゴ

■情報もとはこちらのブログです。
http://41sagami.jugem.jp/?eid=40

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■その2・・551蓬莱

 豚まんではトップブランドの「551」も電話番号由来。これはすでに知ってる人が多いと思います。昭和20年、難波で創業した当時の電話番号が64-551。昔は番号もシンプルでしたね。味もサービスもここ番や、の意気込みを電話番号に託しての名付けでした。
 今でも豚まんの皮は手作りにこだわり、一日に12万個生産してるそうです。従業員1300人、年商150億というから、立派な中堅企業です。


■551蓬莱のHP
http://www.551horai.co.jp/index.html

(つづく)

プチ・ケチの研究


●これぞ、プチ・ケチ研究の鑑・・メルシャンワインの軽量瓶

 6月13日付けの「プチ・ケチの研究」記事でメルシャンの激安ワイン<ビストロ>298円を紹介しました。後日、この瓶を捨てようと手に持ったところ、なんだか異常に軽い。一瞬、プラスチック?と疑ったけど、間違いなくガラス瓶です。で、気が付きました。とことんコストダウンするために、瓶の設計から見直したのです。ガラスの厚さを極限まで薄くして原料を節約する。軽ければ物流もラクになります。


「ビストロ」の空瓶の目方を計ってみたら、286,5g。比較のために焼酎「れんと」の空瓶を計ったら、419,5g。その差、133g、実に3割も軽いのです。10本分のガラス原料で13本できる。まったく、涙ぐましい努力と言えます。こんなプチ・ケチの研究を積み重ねて298円という、国産ワインでは極限の安さを実現したのであります。


ならば、一層のこと、ガラスをやめてペットボトルにすればいいではないか?(すでにペットボトル入りの商品もあります)ここんところが悩ましい。ガラス瓶は「これ、ワインです」と言いたい最後の砦(プライド)なのか。閑人はあれこれ詮索するのであります。
 メルシャンの真摯なプチ・ケチの研究、努力ぶりが分かると「こんなもん、二度と飲まへん」なんて軽々しく言えない駄目男でありました。


ビストロの空瓶 286,5g(容量720cc)
ワイン瓶メルシャン


黒糖焼酎レントの空瓶 419,5g(容量720cc)
ワイン瓶