FC2ブログ

プチ・ケチの研究

●ものは言いよう・・

 法善寺横丁でちゃんこ鍋など賞味すれば、明くる日からもっぱら粗食に耐えなければ、○ビ生活はハタンするのであります。で、昨年6月の「プチ・ケチの研究」で紹介したような、にんじんの生かじりも○ビメニューの一つでありまして、なんだかウサギになったような気分で人参をガシガシ噛むのであります。(入れ歯じゃ無理みたい)

その人参、サイテー価格のものを「金時人参」に変えたら少しはマシになることを発見。味と香りの良さで勝ります。値段もあまり変わらないし。それに、人参の生かじりではなく「スティックサラダ」と呼べば貧乏くささは無くなります。生かじりよりずっと美味しそうに思える。ものは言いようですなあ・・。新聞の家庭欄に載ってました。

金時にんじん 

スポンサーサイト

たまには外メシ

●法善寺横丁「角力茶屋」のちゃんこ鍋

 このトシになるまで、ちゃんこ鍋を食したことがない・・からといって、なんちゅうこともないのでありますが、ようやく機会ができました。
 法善寺横丁は水掛不動のすぐ先にある「角力茶屋」。当地で60年以上営業してる老舗だそうで、ちゃんこ鍋ではブランド的評価をもってるらしい。

2階の座敷で賞味。つくねからはじめて、野菜、豚肉、魚と続くのですが、何が一番ウマイかといえば、出汁の味ですね。出汁がすべてを制するという感じ。普通の鍋物では、もとの出汁はそこそこのものでも、具材から出る旨味がプラスされて全体が美味しくなるものですが、それは家庭料理のレベルなのか。やはりプロがつくる出汁の味にはかないまへん・・だから、値段高いのであります。

おすもうさんのラフな日常料理が原点であっても、料理人が何十年もレシピを磨けば、洗練の極めつけといえる「ちゃんこ出汁」ができるのでしょう。それを凝縮した感じの、最後のおじやで満腹ハピーエンド。なんか、また行きたくなるなあ。
要予約。(2月24日 予算=酒コミ6000円くらい)

水掛不動さんの15m先にあります。
ちゃんこ鍋4おわり 

付きだし
ちゃんこ鍋 

魚・肉類は、さわら、鯛、とクエ、それに豚肉。右はつくね、これが美味しい。(5人前)
ちゃんこ鍋2 

ちゃんこ鍋3 

大阪日暮綴

●満開まじか・・大阪城公園梅林

 モタモタしていた梅の開花が、この数日のぽかぽか陽気で一挙に進んだようです。大阪城公園の梅林の満開シーンは、駄目男の予想では2月28日から3月5日。おひまな方はぜひお出かけあれ。どの駅で降りてもけっこう距離があるので、よい運動になります。梅林は樹木が生長して、満開時のボリュウム感が増し、見応え十分になってきました。園内を巡ったあと、お堀端の坂の上から全景を見渡す・・このパノラマシーン見物をお忘れなきよう。下の写真は2月24日(7分咲き)に撮影したものです。

土日にお出かけの場合は、朝早く(10時ごろまで)か夕方をおすすめします。平日でも混雑しているので、土日の昼は大混雑が予想されます。

PR・・「なにわ快道100キロガイド」では「山都コース」で大阪城公園を通ります。ガイドの紹介はこちら・・
http://oskjk.blog107.fc2.com/blog-category-28.html

2010大阪城梅林 

大阪城梅林 

大阪城梅林 


大阪日暮綴

●ボーゼン・・400年の歴史史跡が空っぽ!!

 西成区太子1丁目5-2、地下鉄動物園前駅の近くに「太子地蔵」というお地蔵さんがあり、なんでこの地に「太子」なのか、興味をもっていました。ネットで西成区 太子地蔵で検索するとけっこうたくさんの情報がでます。それで、先週末、ネット地図を手に出かけたのですが、見つかりませんでした。ネット情報がええ加減なのかと思い、区役所へ行って立派な町歩きガイドのパンフをもらい、再度現地へ行きましたが、やはり見つからない。

近くのコンビニで店員さんに尋ねたら「昨年無くなりました。あったのはここです」と案内してくれました。えええ??ここに??・・史跡、太子地蔵は10坪ほどの小さな更地になっていました。これじゃ見つかるはずがない。太子地蔵や大きな石碑などまるごと消滅しているのです。移転しましたとかの説明も一切無しです。こんなのアリか? 何十年も史跡探訪してきたけど、こんな目に合うのは初めてでした。

パンフの説明によると、江戸時代はこの一帯に墓地と刑場があり、その一角に地蔵さんが祀られていたらしい。千日前と同じようなところでした。近世から戦後に至り、区画整理など進んで、象徴的に地蔵さんだけが残されたみたいです。地味とはいえ、400年の歴史がある史跡が、こっそり、かつ、カンペキに撤去されたなんて聞いたことがない。誰が何のために撤去したのか・・と嘆いても仕方ないので、また区役所へ行き、担当課の職員に「えらいこっちゃ、太子地蔵はん、拉致されてまっせ」と報告しておきました。さて、地蔵さんは見つかるでせうか

■撤去される前の太子地蔵写真・このファイルから引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Taishi20061007_072234.jpg

太子地蔵1 

 ■もぬけのカラになっていました(2月16日)
太子地蔵 

まち歩きガイドに掲載されている太子地蔵の説明。  住所は太子1-5-2が正しい
太子地蔵 




大阪日暮綴

●アルバム日記「酒とバラの日々」 いつのまにか31年目に

 日記をつけるなんて全く性に合わない。しかし、暮らしの中での出来事の記録を一切しないと不便だったり、困ることがある・・。そんな、ずぼらで記憶力の悪い駄目男が30年前に考えついたのがアルバム型の日記。アルバムの写真のポケットに写真と同じサイズのカードを入れて出来事をメモします。むろん、写真も入れます。メモは一件一行でもOK、なにも無ければカードの消費は進まない。最近は月に数行、一枚しか使わないときもままあります。

■年中「酒とバラの日々」
 生活上の喜怒哀楽、何事もありのまま書き付けるのが日記の基本なら、駄目男式アルバム日記は失格です。喜哀楽は書くけど「怒」は書かない。だから、他人が見たら、駄目男の人生は「酒とバラの日々」に見えます。ほんとは「酒とイバラの日々」だったりして(笑)。
メモには感情を表す語句は書かない。無味乾燥に書きます。
「○月○日 A君と10年ぶりに会う。梅田の××で一献」
「○月○日 ××氏死去の知らせあり 享年○○歳」これだけです。

■ペーパー製のブログ?
 文字だけの日記に比べ、写真も混じるアルバム型日記は、過去の出来事を時系列でリアルに思い出すことができる。これがメリットです。文と画像で構成するから、なんか「紙製ブログ」みたいですね。文字だけの日記やノートと写真だけのアルバムを別々につくると、まとまった時系列でのメモリーになりにくい。アルバム式は人生の軌跡を、自分にも、身内にもわかりやすく「保存」するための一案かと思います。
 
30年分のメモリーが7冊のアルバムに収まっています。一冊で3~5年分のメモカードと写真を収納します。うんと情報を絞れば、一冊で10年使えるかも知れません。これくらいなら、子供も捨てずに保存してくれそうです。立派な旅のアルバムを何十冊もつくっても、結局ゴミになるだけ、ということに早く気づきませう。人生後半に至れば、モノや情報は「貯める」より「捨てる」ほうが大事だと思うのですが。

■別にチケット専用ファイルも
 アルバムのメモにはコンサートへ行った、美術館へ行ったということは書きません(単に面倒くさいから)チケットを残しておいて、2~3年分まとめてファイルに貼り付けます。こんなの必要が無いといえば無いのですが、習慣になっています。

音楽会チケットを数えると、1979年から2009年までの30年間に574枚(回)。一回平均3000円とすると約172万円。車一台ぶんくらいの金額。ゴルフ場に574回通うよりはるかに安上がりですが、それは好みの問題。昔の思い出が蘇るのは美術展のチケットで、これは残しておいて良かったと思ってます。

酒とバラ・・ 

メモと写真。紙でつくったブログです。
酒とバラ・・  

チケット専用ファイル
酒とバラ・・ 

たまには外メシ

●京都「柚子の里」でとり鍋を賞味  (二月九日)

 京都の「かくれ里」と言ってもよい水尾(京都市右京区)で名物のとり鍋を賞味。前回訪問より10年以上たっているのに、山里の風情はたいして変わっていませんでした。歓迎のアーチも看板もなく、観光地の雰囲気はまるでない点に好感を覚えます。

今回は「六兵衛」というお家を利用。新築された客室からの眺めが良い。
柚子風呂とトリの水炊きという定番メニューで5300円。JR保津峡駅からの往復の送迎料金とおみやげ込みですから、手頃な値段といえるでしょう。柚子の里というとどうしても冬のイメージになりがちですが、春や秋も楽しいかもしれません。

■参考情報
https://tabidachi.ana.co.jp/card/594570

窓からの眺め。イノシシが出るので畑はしっかりガードを固めている
ゆずの里 

看板はこれだけ。車道からは見えない
ゆずの里 

とりの水炊きセット
ゆずの里 

さあ、できましたよ~
ゆずの里 

ゆずの里 


閑人帳

●222222・・づくしの面白登山

 HKさんからいただいた年賀状に、11年ぶりに数字づくしの登山を計画していますとの文。すなわち、平成22年2月22日2時22分22秒に222mの山へ22名で登るとのことであります。2が15も連なるというこだわりようで、世間にはいろんな人がいるなあと感心。

11年前の1づくし登山は1が16連なって今回より一つ多い。その違いは何か。察すれば、山の高さが1111mだったのではないか。(吉野方面ではなかったかと思います)
 今回登る222mの山は? 「日本山名総覧」をひもとけば、どうやら和歌山県みなべ町界隈の「高田山」らしい。ならば、ちょうど梅の見頃、これは楽しく、めでたい山登りになりそうです。

次回は平成33年3月3日に333mの山へ33人で・・となりますが、う~ん、実現はビミョーでありますなあ。とりあえず、今上陛下の長寿を祈りませう。

■みなべ町の観光ガイド
 http://www.aikis.or.jp/~minabe/

大阪日暮綴

●かるめら焼き  ~なつメロならぬ、なつ菓子~

 昨日、節分会で大にぎわいのあびこ観音へ行ったとき、露天商で「かるめら(カルメ)焼き」を見つけ、思わず買ってしまいました。今でもこんな菓子が売れるのかと、いささか怪しんでいますが、何百軒もある露天商で1~2軒が細々続けてるのではと思います。

これを家で自分でつくった経験のある人は?・・ と尋ねれば、団塊世代の最年長(昭和22年生まれ)が、一番の古手かもしれません。いや、戦後生まれでは無理か? 昭和20年代、砂糖は貴重品で、甘いお菓子に飢えていた時代、家庭でつくれる砂糖菓子として流行したのですが、この作り方が難しくて失敗だらけの記憶のみあり、下の写真のようなカタチにできた覚えはありません。砂糖をこねて最後に重曹を入れるのですが、そのあとにふっくら膨らむはずが、なぜかへなへな~となって、ミジメな形になってしまいます・・・と書けば、ご年配の方、だんだん記憶が戻ってきたのではありませんか。

露天商のオッチャンに「今はどんな方法でつくってるん?」と尋ねると、「今も昔も同じでんがな、ぜんぜん変わってまへんで」 ほんまか?と聞き返しましたが、ホンマだそうです。プロでもときどきチョンボするとか。こんなもんつくるのに必死のパッチになった時代があったんやなあ・・。ホロリ。

■ネットにレシピが紹介されてるところをみると、今でもつくる人がいるんですねえ。カンタンにはできないこと、昔と同じみたいです。
 
http://www.mfc-online.org/presen612.htm

 http://www.h3.dion.ne.jp/~ento/KARUME-KEN.html

直径10センチくらい。一個200円 三つ500円でした。
かるめら焼き 

たまには外メシ

●天王寺駅前 旬菜工房「魁」(かい)

 雑誌「大阪人」天王寺区特集号に紹介されていた店。店の背後は、自分が子供の頃は菓子の卸売り市場で随分活気があった。今はすっかり衰退して、昼なお暗い飲み屋街になっている。なんだか、つげ義春の漫画に出てきそうな雰囲気の寂れた裏通りです。

店は料理も雰囲気もきわめてスタンダードって感じ。最近はどうしても「わたみ」的大バコの利用が多いので、たまにこんな店にくるとスタンダードが新鮮に思えるから不思議です。お値段もスタンダードでした。

店の横手の入り口
外メシ 天王寺 

岩牡蠣とふつうの牡蠣
外メシ天王寺 

牛すじ
外メシ天王寺 

芥子菜の和えもの
外メシ天王寺 

ワカサギの天ぷら
外メシ天王寺 
 

きずし
外メシ天王寺 

合鴨ロースト
外メシ天王寺 

■魁の案内はこちら・・・
http://kai.tennouji.jp/


閑人帳

●テレビコメンテーターの正体

 1月29日の「閑人帳」で「情報弱者」は新聞やテレビのコメンテーターの意見に易々と乗せられてしまう云々と書きました。それを証すような情報です。ニュース番組などで解説役をしている人物が小沢一郎事務所から講師料などとして多額の金を受け取っていたことがわかりました。民主党へ投票させるために、コメンテーターを抱き込んでいた。

昨年の選挙前から、民主党を持ち上げ、小沢幹事長を擁護するような発言を繰り返してきたのは、小沢から金をもらっていたからと疑われても仕方ない。現在分かってるのは下記の人物ですが、駄目男はテレビをあんまり見ないので、顔を想像できるのは、勝谷誠彦、寺島実郎、大谷昭宏、くらい。皆さん、一回50万円もらって民主党をヨイショしてきたわけです。当人は金をもらったことと解説内容とは関係ないとおっしゃるでしょうが、そんなの誰も信用しませんね。名目の「講師料」といっても実際に講演したのかどうかも疑わしい。

小沢一郎の悪賢さはこんな面でも発揮されていたのか、と敵ながらアイデアの良さに感心します、と、たまには褒めてあげませう。視聴者の多くはこんな裏操作を知らずに彼らの発言を信じた可能性が高い。それが政権奪取に役立ったのだから、一回50万の講師料はとても有効な投資といえます。

引用元ブログ「せと弘幸Blog・日本よ何処へ」
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52427059.html

~ここから引用~

小沢を擁護する評論家や学者の正体

お金をもらっていれば当然だよね。何と分かり易い事か。
先ずは2ちゃんねる掲示板からの紹介です。

■■テレビに出てる政治評論家の連中が、小沢擁護ばっかりな理由が判明しました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_
detail/q1136103956

●小沢一郎政経研究会
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/
contents/090930/000013294.pdf

講演謝礼 525,000円 H20.4.23 (株)オーケープロダクション
(取締役 小倉智昭 所属タレント 小倉智昭 諸星裕 室井佑月)
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin
/contents/000025218.pdf

講師謝礼 300,000円 H19.4.19 高野孟
講演謝礼 300,000円 H19.9.10 二木啓孝
講演謝礼 500,000円 H19.12.25 勝谷誠彦
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/
contents/000021534.pdf

講師謝礼 300,000円 H18.4.11 末延吉正
講演謝礼 500,000円 H18.7.14 森田実
講演謝礼 500,000円 H18.12.6 倉田真由美

●改革国民会議
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/
contents/090930/000013300.pdf

講師料 500,000円 H20.7.11 山口二郎
講師料 500,000円 H20.7.12 寺島実郎
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/
contents/000025226.pdf

講師料 500,000円 H19.2.1 株式会社 森田総合研究所
講師料 500,000円 H19.2.3 嶌 信彦
講師料 500,000円 H19.8.20 有限会社 大谷昭宏事務所
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/
contents/000021543.pdf

講師料 500,000円 H18.2.12 末延吉正
講師料 500,000円 H18.7.16 勝谷誠彦

 マスコミ対策は万全って訳ですね?
補足 これは小沢側の事務所が総務省に提出した書類です。
総務省が一般公開してる書類ですから、なんの問題もありません。
もしここに書かれていることがウソなら、小沢の秘書は虚偽記載で逮捕 (すでに逮捕されているので再逮捕)ということになりますよ。

 やっぱりね。どおりでこの連中が希代の悪党政治家・小沢一郎を擁護するのに何故必死なのかが、これで判明しました。ゼネコンピンハネ政治家、公共工事を食い荒らす政治家を容認するなど、とても常識では考えられなかった。

 しかし、小沢から一回の講演料として50万円ものカネをもらっていれば、これはもう庇うしかありません。朝も書きましたがゼネコンから半ば恐喝まがいに吸い上げた汚いカネのお裾分けに与っていた。

 つまりは同じ穴のムジナ、一蓮托生の間柄だったというわけです。一生懸命に小沢を擁護して検察の暴走とか、国策捜査とか検察ファッショとか言っているヤツらの正体がこれですか。 どんどん紹介していきましょう。

~引用ここまで~