FC2ブログ

たまには外メシ

●京都四条「祥風楼」のランチ

 グループで気軽に使える、食堂以上、料亭未満という店は京都にもワンサカとあるけど、この店もそんな条件に叶う一軒でしょう。
 四条通りの北50m、木屋町通りと河原町通りを結ぶ、巾3mくらいの路地に面した店。向かいが「志る幸」斜め向かいが老舗の「ミュンヘン」です。黄桜酒造の直営なのでなんか安心というのも店にはメリットかもしれません。

お昼のミニ懐石、3500円。地ビールもあるけど、この日は日本酒オンリー で賞味しました。(1月16日)

■店の紹介(黄桜HP内)
http://www.kizakura.co.jp/ja/chokuei/shofurou/

■女性向けにシャンパンふう日本酒というのもありました。
 
http://www.kizakura.co.jp/ja/prod_data/info.php?type=items2&id=IB000016


祥風楼とランチメニュー
京都懐石1 


同2 


同3 


同4 


同5 


同6 


同7 


スポンサーサイト

ア・ラ・カルト

●尼崎・寺町界わいの散歩案内

 阪神尼崎駅の南西、徒歩3分くらいのところにお寺が集まった「寺町」があり、この一角だけは唯一尼崎中心部で歴史的風景が楽しめます。
 17世紀に尼崎城を築いたとき、周辺に散在していたお寺を一カ所に集めたために、この町並みが出来たそうです。残念ながら、戦時中の空襲でほとんど焼失し、古い建物が少ないのは惜しいけれど、歩道の石畳舗装などの修景効果もあって、そぞろ歩きにはよい町です。下の写真見て、これが尼崎駅前の風景?と、意外に思う人もいるかもいるかもしれませんね。20分~30分くらいで巡れます。

すぐ近くには、あましんコト、尼崎信用金庫のビルを使った博物館があり、小さいながら歴史資料の展示と、紙幣、コインの陳列も見られます。コインは質量とも他では見られない?見事なコレクションです。
 その隣には「世界の貯金箱博物館」があって、これもすごいボリュウムです。デザインにお国柄が現れてるのが面白く、いろんな仕掛けがあるのも楽しい。いずれも無料で見学できます。寺めぐり+博物館見学が便利にできるのと、何より駅のすぐ近くということで、けっこう見学する人が多く、隠れた人気スポットと言えそうです。

■寺町の情報はこちら・・・
http://www1.ocn.ne.jp/~sea-8/

■博物館の情報はこちら。・・・
http://www.amashin.co.jp/


ほとんどの寺が出入り自由です。
尼・寺町1 

駅前の喧噪を忘れる、静かな通り
同2 

地区の中ほどに昔のレンガ塀が残っています。
同4 

西寄りにある大覚寺は阪神大震災で倒壊。これに懲りたのか、再建された
本堂は躯体がコンクリート、屋根はステンレス葺きという、トコトン耐震設計。

同5 

ここが尼崎?といぶかるような風景です。
同6 

東よりの本興寺は敷地広く、塔頭もある堂々たる構え。
同7 

尼崎博物館の全景
同8 

一階は美術画廊
同9 

2~3階が博物館展示。
同10 

展示物の一つ、尼崎城の模型。
一辺が100m四方くらいの、こじんまりした城だったらしい。

同11 

展示物 朝鮮通信使の船。日本海を手こぎで渡ってきたのはすごい。
同12 

コインの展示室。世界中の新旧コインのコレクション。ものすごい量です。
同13 

世界の貯金箱博物館 外観。昭和初期の建物でとても魅力的。
同14 

入れば、アッと驚く貯金箱の山。
同15 

正月なので、干支にちなんだデザインのコレクションが展示されてます。
同16 

獅子舞の口にコインを入れると、お囃子が鳴って踊ります。
同18 

ドイツ?の貯金箱。木にコインを入れると中から熊が飛び出す仕掛け。
同20おわり 

寺町と博物館二館を見学すると1,5~2時間くらいかかります。

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ