中央公会堂 3階・・・ア・ラ・カルト

●中央公会堂三階見学

 改築後の公会堂は大ホールしか見ていなかったので、大阪大学関連団体「21世紀 懐徳堂」の講演会があるのを機に、中ホールや特別室を見学しました。老朽化と耐震問題の解決のために三年半の期間と100億円の費用をかけて美しくよみがえった公会堂。こんな立派なホールを寄付してくれた岩本栄之助はんに改めて感謝です。

三階は中ホールと特別室が隣接しています。ホールは三〇〇人くらいの規模で天井が高く、音がよく響きます。来月の「中之島音楽祭」ではここでチェリスト4名によるコンサートがあり、チケットを買いました。

公会堂4 

特別室天井。絵は「天地開闢」が描かれています。
公会堂1 



西側壁面の絵は、仁徳天皇が「民のかまどの煙」を見ている様子を描いたもの。
公会堂2 


東面のステンドグラスは同じデザインでリニューアルされ、見違えるほどきれいになりました。
公会堂3 



外部から見るとこの窓になります。
公会堂8 



地下の「岩本記念室」には銅像と資料が少し展示されています。
公会堂7 


相場師にして文化人でもあった岩本栄之助。
株の大暴落で行き詰まり、大正5年(1916)ピストル自殺します。
辞世の句は 「その秋を 待たで散りゆく 紅葉かな」享年39歳。
公会堂は2年後に完成しました。もう築90年になるわけです。
公会堂6 


■岩本栄之助のプロフィール  
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%9C%AC%E6%A0%84%E4%B9%8B%E5%8A%A9 

■中之島国際音楽祭の案内
 
http://www.city.osaka.jp/yutoritomidori/report/culture/20080728.html

■「大阪情報」応援クリックよろしく・・・

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

スポンサーサイト

たまには外メシ・・・北新地「京ちゃばな」

●たまには外メシ・・京ちゃばな 北新地店

 北新地で飲み食い・・というとえらくゼータクな、というイメージがあるけど、探せば、しょぼい年金暮らし族でも使える店はあります。○ビな日々のなか、たまにはちょっぴりハレ気分でB級グルメを楽しみませう。今回はユニークなレシピのお好み焼きを供する「京ちゃばな」です。

ネットの地図をプリントして新地本通りを進みます。東西のほぼ真ん中あたり、
かに道楽の西斜め向かいに店がありますが、パワフルな看板だらけのなかではわかりにくい。目印は小さな提灯と格子戸(ドア)です。

京ちゃばな1 

ちゃばな3 

たかがお好み焼きを、もったいぶって食べるのが北新地流です。
付だしはトマトのゼリー・・なのに透明でした。(写真撮り忘れ)

メニューはすべてア・ラ・カルトです。好きなものを組み合わせてオーダーします。
飲み物は女性客が多いせいか、ワインもそこそこ揃えてるようです。
前菜?はスペイン産生ハムのマンゴー巻き。 
ちゃばな4 


グリーンサラダ  
ちゃばな5   


お好み焼きはアボガドベースとトマトベースの2種にトッピングを加えます。
写真はアボガドベースに米沢産三元豚をのせたもの。
ちゃばな6  


こちらはトマトベースにイベリコ豚という組み合わせ。
小麦粉はほとんど使わず、繊維のように超細切りしたキャベツでボリュウムを
だします。デリケートな味のソース。レシピはマル秘でしょう。
ちゃばな7 

 
ミックスお好み焼き。これはスタンダードなレシピ。
ちゃばな8

最後に焼きそばをプラス、ビール各二杯飲んで、
5人で16500円でした。(クーポン利用)


■京ちゃばなの案内はこちら・・・
http://www.chabana.com/index.html

■ぐるなびから地図とクーポン券プリントするときは・・・
http://r.gnavi.co.jp/k366802/map1.htm

■飲み足りない人は駄目男おすすめのこちら<下戸の止まり木>へ・・
http://oskjk.blog107.fc2.com/blog-category-12.html

■「大阪情報」クリックよろしく・・・   にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

宝塚に里山公園がオープン・・ア・ラ・カルト

●宝塚市に里山公園がオープン

 さる7月、宝塚北部の農村地区に「県立西谷の森公園」がオープンしました。
約100ヘクタールの里山を整備したもので、近隣の「甲山森林公園」よりやや広く、「有馬富士公園」よりは小さい面積です。
 アクセスはJR武田尾駅からバスで15分ほど、切畑口という停留所で降りて徒歩500mほどで公園入り口に着きます。
 あたりの風景、なんか見覚えがあるなあ・・と思い起こせば、旧「やまなみ快道」
のコースに選んだ道でした。最初に歩いたのはもう10年以上前になります。 

公園内は、いわゆるハコモノ施設はほとんどなく、里山の地形、埴生を生かした歩道が整備されてるだけです。甲山公園などと比べると、公園づくりのコンセプト自体、時代の潮流に会わせて変化していることがわかります。
 園内は平地がないため、遊歩道はけっこうアップダウンがきつく、公園散歩気分で行くと不慣れな人はヒーヒーあえぐかもしれません。(坂のゆるいコースもあります) 地形図は「武田尾」図が該当します。

まだ知名度が低いので訪問者は少ないですが、今後は休日にはかなりの人出が予想されます。

■公園の案内はこちら・・・
http://nishitaninomori.jp/index.html

■阪急田園バスの運賃・時刻表はこちら・・・
http://bus.hankyu.co.jp/denen/denen.html


公園入口
西谷公園1 


入り口にある公園管理棟
同2 


公園内の遊歩道は新旧あり、これは古くからある山道
同12完   



管理棟以外には、施設はこの「農舎」だけ。 新築の茅葺き建物です。
同3 


農舎にはいろりがあります。
同4 



別棟に炊事場があって、ここだけ火が使える。
同5 



昔ふうのかまどもありますが、一度も使った形跡なし。
同6 



新品の釜のラベル。
社名を検索したら・・出てきました。現在も生産中です。
一応、規格品としてつくってるみたいですが、売れないでしょうねえ。


中尾工業(株)のホームページ
http://www.kknakao.com/index.shtm

同7 



展望台から有馬富士公園のシンボル、有馬富士が見えます。(右手のとんがりピーク)
同8 


南を見ると、六甲山を真裏(北側)から眺めることができます。
同9 


東側はバスの通る切畑、大原野方面が見下ろせます。右上のピークは古宝山。
同11  (完)

↓お気に入りでしたら「大阪情報」をクリックしてください
にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ