FC2ブログ

外メシ・ヴェトナム料理・・チャオ・サイゴン

●たまには外メシ・・チャオ・サイゴン(肥後橋)

 ヴェトナム料理をフレンチテイストで出す店。
肥後橋駅上、APAホテル30階にあります。タイやパキスタン料理のような「激辛」味はなく、かといって中華ふうでもなく、味も見た目も精一杯洗練を心がけましたという感じ。
 
 いちばん安いコースメニューを注文し、前回紹介した、生駒「ラッキーガーデン」のスリランカ料理と比べたら、家賃の高さや人件費を考えると、こちらのほうが割安かな、と思うくらいです。(貧乏人はすぐこういう発想をしてしまう)

ラッキーガーデンの楽しさが草原や山なみを眺めながら食べることなら、こちらはビル街のど真ん中、夕暮れとともに輝く街の灯りをアテにグラスを傾けることになります。どちらも、リーズナブルに非日常感覚を楽しめる店と言えるでしょう。
ランチタイムは950円のお得値段です。席はテラス席併せて120席くらい。

レストラン北側の眺め。中央丸みの屋根のビルはリッツ・カールトンホテル。
その右は新しいサンケイビル。 左手前はTORAYビル。
サイゴン1 


2800円のコースメニュー(+サービス料10%)
(4番目のメニュー、撮影忘れ) 
同3  

ヴェトナムのビールは4種類。ややアルコール度数が低く、クセは少ないほう。
よりどり650円+サービス料
サイゴン2 

同4 

同5 

同6 

同7 


チャオ・サイゴンの案内はこちら・・・。
http://r.gnavi.co.jp/k445902/

↓ 応援クリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

スポンサーサイト

原価高、100円ショップは辛いよ

プチ・ケチの研究・・・原価高、100円ショップは辛いよ

  原価高騰のあおりで100円ショップが苦境に陥ってるというニュースを目にします。考えてみれば、この形態の店は物価変動が少ないことを前提に成り立っているわけで、それがゆらぐと屋台骨がガタついてしまいます。

雑貨に関してはほとんどが中国やベトナムからの仕入れ品ですが、現地の人件費アップや輸送コストの上昇でだんだん利益率が悪くなる。さりとて100円を120円にできないのが辛い。
 100円商品の仕入れ原価は30円~60円程度といわれますが、一回の発注量が10万とか、多いのでわずかな値上がりでもこたえます。

近所に「shop 99 」という生鮮品中心の店が2軒あり、売り場が広いほうの店は、品数が多いのはいいけど、値段がバラバラになりつつあります。基本は100円ですが、それに縛られては品揃えができない。たとえば野菜の売り場で一通りの種類を陳列すれば、「もやし」の値付けなんかすごくやりにくいわけです。で、39円とかの値づけにせざるをえない。品揃えを充実するほど、また利用者の便宜に応えるほどこの矛盾は拡大します。

だからといって、ばらつきを当たり前にすれば「100円ショップ」の存在理由がなくなってしまう。しんどいところです。
 
レジを見てると、客単価はスーパーの半分以下では、と思えます。スーパーで100円の商品一個なんて、案外買いにくいのですが、100円ショップではそんなの普通です。買うほうはコンビニ感覚なのです。

レジのキーを叩けど叩けど売り上げが伸びない。これって相当ストレスになるでしょうね。それに在庫管理のしんどさ。売れ残りだからと50円とか70円にするのもまた苦しい(ときどきやってますけど)
 ある日、近隣どの店でもほぼ100円の「わらび餅」を2パック100円で売っていました。100円にこだわるとこんな手しかない。これじゃ儲けはないでしょうね。

・・・と、店に同情しつつ結構利用しています。近頃は普通の主婦も増えてるみたいです。

■100円ショップが苦境に・・の参考記事(削除の場合あり)
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080130/trd0801301823009-n1.htm

■案の定・・「99 shop」 はローソンの子会社になりそうです。
http://news.www.infoseek.co.jp/reuters/business/story/15reutersJAPAN327532/

■shop99 のホームページ
http://www.shop99.co.jp/

shop99 今週の買い物①
左上・食パン104円 最近少し味が落ちたような気がする。
右上・タマゴ6個104円 お買い得のはず。
下・にぎり寿司 592円 「100円」のラベル見て、わっ、儲けた!
しかし、よく見ると小さく「びき」とあり、感激は2秒間。この値段なら安くない。
同2    


shop99の買い物②
左上・アフターシェーブローション104円
上・焼きそば3食(ソース付き)104円 ソースのまずいのが欠点。
下・ホッケの開き(小)104円 年寄りはこのサイズで十分。
右下・単3乾電池4個104円 お買い得。
同2 

おかげさまでランクがあがりました。
おもしろい記事と思ったら↓この「大阪情報」ボタンを押してください。

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

ケチンボが感激する、すばらしい研究成果

プチ・ケチの研究・・・ケチが感激する、この素晴らしい研究成果

 昨日の新聞に、近畿大学で開発した、ゴミを原料にした固形燃料「バイオコークス」の実証試験が成果を収め、来年から実用化を目指す、というニュースがありました。なんでも石炭コークスの代替になる性能を発揮するそうで、大発明や~・・と言いたいですね。

テストしたバイオコークスの原料が飲料メーカーから大量に廃棄される茶葉カス、コーヒー豆のカスだそうです。これがなんで燃料に? 駄目男にはさっぱり見当がつきませんが、これ以外の植物性の廃棄物もほとんど原料として使えるそうですから凄いじゃありませんか。

ケチンボの心情としては、日々の暮らしで排出する茶葉カスやコーヒー豆カス、ミカンやスイカ、バナナの皮のボリュームたっぷりのゴミを見ては、これ、なんとか使い道がないんかいな、と小さな胸を痛めているのでありますが(笑)このゴミが燃料資源になるって、もうバンザイ三唱ものであります。

むろん、国内だけでなく、世界中で役立つ、環境問題にも大きく貢献できる発明ですから、開発した井田民男准教授はノーベル賞もらってもいいくらいです。近大って、マグロの養殖に成功したように、ユニークな研究開発でけっこう社会に貢献してはります。

この成果がどんどん膨らめば私たちの暮らしにどう影響するか。
ゴミ出しの日に分別作業がもう一つ増えて「植物ゴミ」の袋がいるのでしょうか。「茶葉カス専用」とか「なすびときゅうりのヘタはこちらへ」なんて区分けさせられたら、えらいことですなあ。なかには高級メロンの皮を目立つように袋へ入れるイヤなやつもおるかもしれんし。貧乏人は早くも身構えたりするのであります。

なにをしょーもないこと悩んでる。その時代にはあんた生きてまへんやろ。
あ、さよか、へいへい。

7月17日の日日新聞記事
バイオコークス 


ネットでのニュース(7月16日)
http://response.jp/issue/2008/0716/article111718_1.html

近大の広報記事(07年12月)
http://ccpc01.cc.kindai.ac.jp/honbu/press/0801/bio.html


ブログ人気ランキング「大阪情報」の部に参加しています。
よろしければ↓のボタンを押してください。(参加は284サイト)
にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

パソコンに氷枕

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ 

プチ・ケチの研究 ・・
パソコンにに氷枕

 以前使っていたノートパソコンで配線が高熱のため断線するトラブルを経験したので、夏場、ボディが熱くなるのが気になります。
 かといって、冷却用のパーツを買うのももったいないので、素朴というか、貧乏性丸出しの対策です。

①・・写真上
ボディ底面後側に脚をはかせてテーブル面との間を広げ、空気の流通を良くする。ピロティ建築のようにするわけです。手間はペットボトルのキャップ2個を両面テープで貼り付けるだけ。

②・・写真下
手のひらサイズのアイスノンを古ハンケチにくるんで前方の高熱部分に置く。氷枕そのものです。置くとき、うっかり通風口をふさがないように注意が必要です。
こうすると、キーボード面が1センチ以上高くなってしまうので、雑誌「文藝春秋」を手前においてハンドレストにしています。

お笑い的対策ですが、効果はありますよ。
アイスノンは一時間くらいで融けてしまうので、長時間使うときは交換する必要があります。

パソコンに氷枕1 


同2 

にほんブログ村の「大阪情報」ランキングに参加しています。
↓このボタンを押すと今日のランクがわかります。今週は20~40位くらい(全284中)
にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

ハーブティーの店 トゥリーピピット

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

●ハーブティーの店 トゥリーピピット

 友人のNさんたちが経営するこの店、開業後はや10年になるそうです。ハーブティーを供する店が珍しいのか、そうでもないのか知らないけど、
街ではほかに見たことがありません。まだ愛好者が少ないのかも。

店はJR環状線天満駅の北200mくらい、堺筋の東側に面した小さなビルの2階にあります。(一階は「王将」の店)
 場所柄、ビジネスマンが多いのかと思いきゃ、客のほとんどはビジーでない人のようで、店内はのんびりムード。一杯のティーで長逗留する人が多いみたい。店は個人・グループの趣味の発表会に使え、絵画や手芸作品などの展示ができます。

なにやら落ち着かない、スターバックス系の店が増えるなか、閑人歓迎?的雰囲気の店ではあります。(普通のコーヒー、紅茶もあります) 

■店のホームページはこちら・・・
http://www.herb-jwt.com/treepipit1.htm


一階入口
ピピット1



        室内
        同2


アマチュアの作品展        
同3



夏は冷たく・・・この日は「ハイビスカス」を注文しました
同4



     ホットの場合はポットにキャップをかぶせて3分くらい待ちます。
     同5


■ 本日 「掲示板 閑人帳」 http://kaidou.8.bbs.fc2.com/

  に「マイブログの見られ方・・アクセス分析初体験」を掲載しました。

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

プチ・ケチの研究

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

プチ・ケチの研究・・・トイレのロータンクの修理

ふだん滅多に故障しない、または目にふれない器具が故障するとあわててしまいます。トイレのロータンクの水が止まらなくなった、というのもその一例です。

えらいこっちゃ、と焦って業者を捜して電話するか、いやまて、自分で直せるんちゃうか、とまず原因を調べるか。ケチンボはもちろん後者ですね。
自分で直すとものすごく安上がりです。

ロータンクのトラブル(水漏れ)は2種類。
ボールタップというパーツの故障か、ゴムフロートというパーツの故障かどちらかです。今回、自宅のトラブルはボールタップの不具合でしたが、普通はパーツ一式を取り替えるところ、ケチってパッキンだけ取り替えて修理しました。

・・と書いても、なんのことやら分からないと思いますので、このページをあけて予習しましょう。水道関係部品の大手メーカーのHPです。
http://kakudai.ne.jp/try/toilet/001_6_lowtank.html

ボールタップ一式の取り替えは動画の説明もあります。
ユーザーの多くがこんな情報知ったら、工事業者さんはあがったりですね。
http://kakudai.tv/swf/toilet.html

ロータンクの修理は初体験です。
お金をケチッて、小さなパッキン一個だけ取り替えるには多少面倒さがあり、
コツや工夫もいることがわかりました。下の写真はボールタップを外してばらけたところです。パッキンは東急ハンズ 心斎橋店で買いました。
作業には、プライヤーやペンチといった道具が必要です。
トイレタンク1


タンクのふたを開けたところ
同2


パッキンはこの球形のところに入ってます。

同3


さて、修理完了。費用はどれくらいかかるか(①②は部品の実費です)
①お金をケチッて、パッキンのみ自分で取り替え。・・・132円
②ボールタップパーツ一式、自分で取り替え・・・4000円~5000円
③業者を呼んで、全部お任せ・・・15000円~20000円

 ③は推定です。もっと高くとる業者もいるでしょう。それに「ゴムフロートも傷みかけてるから取り替えておきましょう」と言われたら、知識のない人なら断れないはずです。・・で、3万円以上請求されるかもしれません。

①と③では100倍以上の差がありますね。嗚呼もったいない。
もっとも、人には「器用貧乏型」と「不器用金持ち型」の両タイプがあり、
自分は前者。お金に不自由しなければ業者任せでよいでしょう。

■読書と音楽の愉しみ■ 「この国が忘れていた正義」中嶋博行著
掲示板 http://kaidou.8.bbs.fc2.com/    にアップしました。

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

プチ・ケチの研究

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ

プチ・ケチの研究・・・・米一粒たりともゴミにせず・・・ん?

 アパートの流し台の排水口の目皿、写真右側のは穴が大きくて、ご飯粒やお茶の葉がすいすいすり抜けていました。「これで、委員会?」長いあいだ気になったあげく、ホームセンターで目の細かいステンレスネットのものを買って取り替えました。(写真・左のもの)これは穴が1ミリくらいしかないのでゴミ取り効率が良い。

あんたゴミ出しまでケチッてるんかいな、なんて言うなかれ、下水道の負荷を小さくしてるのですぞ。・・  で、一件落着。

左が新しい目皿、右の古いのはご飯つぶがすり抜けてしまう。
今の流し台は「三角コーナー」の要らない大容量のゴミ受けで処理するが、掃除のしやすさ
捨てるときに含まれる水分の多さ、すなわち清掃工場での重油の消費量を考えると、この古い目皿式のほうが優れていると思う。

目皿


ある日、炊飯器の内釜を洗って流したら、目皿に大スプーン一杯くらいのご飯粒が貯まった。しっかりこそげてなかったからです。
戦前生まれ、飢餓経験世代はこういうシーン見て傷がつく。嗚呼、悪いことしてしまった、もったいないと。たかが一片の残飯なのにね。

どうしたか。目皿の残飯を古新聞紙に広げ、ベランダに置きました。
スズメの昼ご飯です。生米置いたら来るのは経験済みだが、ご飯粒はどう?
しばらくしたらスズメが来て食べました。おかずナシですまんのう・・。

その中に親子連れがいて、親が子に餌を与えるシーンをガラス戸越し3メートルの所から遠めがねで観察することができました。こんなの初めてです。
 子供は、体格は親と変わらないのに、まだうぶ毛があって全体が茶色っぽい。
(親は黒、茶色、白と明快にコントラストがある)

子供は羽を激しくふるわせ、口をめいっぱい開けて待ちます。親はその口に餌を入れるのですが、そのスピードが凄い。くちばしを入れる・出すが0,1~2秒くらい?と思われます。ご飯つぶだからネチャっとしていてスムースに入れられるのか気になりました。取った餌は全部子供に与えて、親は食べないようにも見えましたが、ほんとうはどうなのか。

ケチンボ、ここに極まれり。ヒマ人ぶりも極まれり。

左が子スズメ、右が親
9800円デジカメの、デジタルズーム(12倍)で撮しました。
すずめ親子