FC2ブログ

ア・ラ・カルト

●愛珠幼稚園見学

 かねてより内部を見たいと思っていたこの幼稚園が一日だけ公開されたので見学しました。淀屋橋駅から歩5分、ビル街のど真ん中にある木造の幼稚園は空間的にも時間的にも十分に異次元の光景であり、訪問者の多くは「信じられへんなあ」という感慨をもったのではないでしょうか。

残念なことに、内部の写真撮影は「園児の安全のため」という役所らしいケチな発想で禁止でしたので、お伝えできません。ただ、今後は年に一回くらいは公開の機会がありそうなので、興味ある人は訪ねてみて下さい。

御殿風と言われる建築の大方は明治時代のカタチを残しており、古いだけでなく、当時としては、ハード、ソフト両面で最新のテクニックを用いていて、このために現在でも普通の幼稚園として使うことができるのです。
 また建設の企画、工事は界隈の商人による出資によるものなので、思い切った設計、技法が可能だったと思われます。建物の母屋である遊戯室の大空間など、今の建築家が見ても驚く大胆な設計です。

また、「研究室」の札がある職員会議室なんか、なんか「明治天皇ご臨席」が似合いそうなしつらえで、気軽におしゃべりできる雰囲気ではありません。 奥の庭園に面した部屋は茶室で当時から園児にお茶の作法を教えていました。

大人もおどろくけど、毎年新入園する子供たちは、さぞや強烈なカルチャーショックを受けるのではないでしょうか。玄関の威厳あるたたずまい、見たことないオール木造の部屋、ここに、もし、先生(保母)方がみんな和服、袴姿で出てきたら、アタマが錯乱しそうですね(笑) 男性は姿三四郎そっくりだったりして。ほんと、そんな妄想が起きそうな空間です。遊戯室のグランドピアノも昔のものを修理しつつ使ってるとか。

資料によると、この建物は空襲による火災で周辺への延焼が懸念されたため、解体するところだったが、終戦間際のどさくさで作業着手が遅れ、もたもたしてるうちに8月15日を迎えてしまったとあります。北隣の「適塾」とともに奇跡的に残ったわけです。
昨年、国の重要文化財に指定され、いまや大阪市民の貴重な文化遺産になりました。(開園は明治34年)   撮影5月10日

■幼稚園の案内・・・
http://www.ocec.ne.jp/yochien/kindergarden/aisyu/



幼稚園の正面玄関
愛種幼稚園1




西面 大きい屋根の下が遊戯室
愛珠幼稚園2

スポンサーサイト