FC2ブログ

駄目男の安旨ごちそう行脚

●鶴橋「すし吉」のオリジナルにぎり

文藝春秋四月号のグラビア頁に作家、朱川湊人さんの案内で出ていた店。
鶴橋本通り商店街にあり、千日前通りから入ればすぐ分かるが、近鉄、JRの改札から近道しようと細道へ入ると迷宮的ややこしさになります。

店はなんということもない下町的雰囲気で14席しかなく、大将と店員の二人だけでやってます。
さっそく、雑誌にのっていた「オリジナルにぎり」(別名グルメにぎり)を注文。
はじめにカニとカニみそをネタにしたにぎりが出ます。(これが出るのは二人前以上のときだけ)続いてタイやヒラメといった普通のネタがでるけど、あとで気づいたら醤油を使って食べたのはひとつもない・・ということは、ネタに合わせて味がつけてあるのですね。

え!?と思ったのはフォアグラのネタ。
ご飯の上にフォアグラ。なんちゅう取り合わせやねん、といぶかりつつ食べたらオイシ~~ 。 寿しで「熱いうちに食べて下さい」と言われたのもはじめてやなあと妙な感心したりして。

下の写真がセットで2900円ナリ。ネタもシャリもミニサイズだから、おなか一杯食べたい人には不向きですが、われらオジンにはこれで十分です。安くて旨いもんをちょびっと主義。日本酒の鶴岡「大山」がまた丸くまあるく、かといって甘口でもなく、結構な美味しさでした。

けっこう流行ってるようで、予約したほうがベター。(3月25日)

すしよし1

カニとカニみそのにぎり
すしよし2

タイとヒラメ
すしよし3

サーモンとアジ
すしよし4

芽ネギとフォアグラ
すしよし5

具だくさんの卵焼きと水ナスのソテーにタラの白子?(忘れた)
すしよし6

店の案内はこちら・・・
http://sushiyoshi.net/index.html

スポンサーサイト

ア・ラ・カルト

●富田林のひな祭り

町おこし、にぎわいづくり目当てのひな祭りが各地で盛んになってるようです。
富田林市でも3月8~9の両日、寺内町中心にひな祭りが催され、たくさんの人出がありました。今回でまだ二回目なので内容の点では先輩各市の立派な展示には劣りますが、そこはアイデアと遊び心でなんとか盛り上げようと努力する様子がうかがえます。

寺内まちの景観整備も、一般住宅の修景がほんの少しづつ進み、町並みはだんだんかっこよくなってきました。財政難のおり、町もタイヘンです。
雛飾りの展示では、古典的な格式高いものは皆無でこれを期待した人は不満でしょう。 代わりにミニチュアやアイデア雛というような現代風の飾りが多く、保育園児の手づくりによる紙の雛人形が可愛くて人気でした。


近鉄富田林駅も、この日はちょっぴりおめかししていました
ひなまつり1


ひな祭りに協賛?して、古着や骨董品のセールスも。
ひな祭り2


こんな伝統的な雛飾りは少なく、もともと町内での保有数がさほど無いのかもしれません。
UNI_0475.jpg


ひなまつり8


いつもは閑散としている通りも今日は大にぎわい。
ひなまつり6


古い蔵を改造したギャラリー。取り壊されそうになったのを、待ったをかけ生き残ったということですが、関係者の苦労が忍ばれる救済物語です。
ひなまつり14


こんなミニチュアの飾りがあちこちに展示してあります。
ひな祭り9


これは陶板でつくったもの。もうちょっと洗練されたカタチにすれば傑作になりそう。
ひな祭り15


小さく、小さく・・・どんぐりサイズにまで小さくしてみました、という作品。
ひな祭り16


保育園の5歳のクラスがつくったひな人形。 元気、やんちゃぶりが表れて楽しい。
ひなまつり10


「頬紅」の意味がわからずに?塗ったらこんな顔になりました。
ひなまつり12


無粋な電柱もきょうはよそ行きに飾って・・。
ひなまつり13

(完) 3月8日 土曜日

駄目男の安旨ごちそう行脚

●久しぶりに「鯛よし百番」へ

6、7年前に忘年会で使ったことがある、元遊郭のこの店(西成区山王3丁目)へ出かけました。環境も店構えもぜんぜん変わってない感じで、なにやら街ごと文化遺産みたいな、懐かしさを覚えるたたずまいです。

 近鉄デパート西側の再開発による風景の変貌ぶりがすごいだけに、コントラストが鮮明で、よけいそんな気分になるのかもしれません。大阪市内では最もディープな風景の街でしょう。もっと知られて良いけど、まわりの町並みは天下御免?のアウトローの世界なので、明るく宣伝するのもなんか気が引けるしなあ・・とおすすめの声も   
つい小さくなります。


建物は平成11年、文化庁により「登録文化財」に指定されています。
コテコテ俗物趣味もトコトン徹底すると「文化財」になるという希有な例です。
百番1


インテリアデザインの構想は「東海道五十三次」 玄関上がって二階への階段が「三条大橋」という具合ですが、その横にナゼカ日光東照宮陽明門が・・。
百番2


一階中庭の渡り廊下
百番3


壁を白いまま残しても良さそうなのに、とにかく描かねば気が済まない性分だったのか・・ 
百番5

これは天神祭の絵です。
百番6

この日使った部屋は「島田宿」です。老朽化で床が傾斜していました。
百番7


引き戸の裏側の日本画   かわせみが描かれている。
百番8


天井には彫り物が。おんぶされて大井川を渡る場面です。
百番9

お客さんは舟でどうぞ・・とこんなデザインに。板は本物の舟板を使ってる。
百番10

腰板の下にこんなものが。ただのイチビリ?
百番11

値段はすき焼きの場合、ビール一本飲んで一人3500円くらい。味付けは割り下を使う関東風。セルフサービスです。肉の味もまずまず、野菜もたっぷりあって良心的な値段といえるでしょう。小グループの会食には手頃な店と言えます。未成年者の同行はアウトがベター。
 快道ウオーキングプランにこじつければ、「西国七低山巡り」中の「なにわ六峰めぐり」コースで大阪城から上町台地~茶臼山のあとにここへ寄ることができます。

店は月曜日が休み。 必ず予約すること(一人は不可) 阿倍野の交差点から歩いたら10分くらい。地下鉄動物園前からも歩けますが、わかりにくいかも。

■お店の情報はこちら・・・
http://g.pia.co.jp/shop/52485