読書と音楽の愉しみ

読書と音楽の愉しみ


●瀬戸内寂聴著 「秘花」を読む


世阿弥は、能の台本はむろん、芸能ハウツー論や高邁な芸術論までなんでも書いた「書きたがり」だった。しかし、最晩年、佐渡島に島流しという辛い目にあって、なお9年も生き続けたにもかかわらず、自分の境遇や思想を書いた書面は残さずに亡くなった。


世阿弥や能に興味のある人はぜひ知りたい世阿弥の最期。
そこで、記録が無いならフィクションで書こうと瀬戸内寂聴が書いたのがこの本です。
島流しになるまでは結構資料があるから、まずそれらを再調査して、生い立ちや事件や人間関係を把握し、ドキュメントふうに追います。


いままで、なんとなくあやふやに知っていた親子関係や身内との葛藤がよくわかりました。こんな機会でもなければ知識を仕入れ直す機会がないのでトクした気分です。


平均寿命が40、50歳という時代に72歳まで生き、足利将軍に嫌われて島流し。そのときの衝撃、絶望感はいかばかりかと察しますが、世阿弥は自害もせず、島流しに甘んじます。罪人ではなく、単に嫌われただけという理由での措置だから耐え難い苦悩だったでしょう。今でいう「いじめ」みたいなものです。


佐渡島で絶望の日々だけを送ったのでは9年も生き続けられるはずがない。そう考えた?寂聴はんはプラス思考で世阿弥を描きます。親切な村人や住職、そして身の回りの世話をする中年の女性の設定で世阿弥を支えます。無茶甘い話だけど、小説だから仕方ない。


案の定、世阿弥と彼女のエロスのシーンも出てきます。85歳の瀬戸内寂聴、このとき尼さん忘れて「晴美」に戻っていたのか(笑)。
ま、好きなようにしてんか、と読者も甘くなりますなあ。
そして世阿弥は81歳で彼女に看取られてコトリと逝く。こんなハッピーエンドで委員会?いやまあ、もうどうでもよろしおます。


文藝春秋9月号に寂聴と石原慎太郎の対談記事「老いること・死ぬこと」があってこれも面白い。

135頁の引用
瀬戸内・・・私は芸術はエロスだと思ってるんです。だからエロスの匂いのないものはイヤなの。石原さん、最近ちょっと枯れてきているんじゃないかしら。(略)
女を見てきれいだと思うのはワクワクしている証拠。それが無くなったらダメです。
私はそれが無くなりつつあって、一生懸命かき立てているんです。(笑)それがないと小説は書けません。


137頁の引用
瀬戸内・・・私は、実はいま死にたいんです。去年、小説を書き始めて50周年のお祝いをしていただいて、つい先日も高島屋で瀬戸内寂聴展というのを開催していただいたら、一週間で四万人もの人に来ていただいた。しかも「秘花」がよく売れていて、こんなおめでたいことが続くのはこれまでありませんでした。書いても書いても、誰もほめてくれなかったのに、今はだれでも褒めてくれるんですから。


石原・・・いよいよ瀬戸内さんのことを拝みだしたのかな(笑)
瀬戸内・・・ほんとに、すべて望みが叶ったんですから、今夜ぐらいに死ねればいいって、毎晩思うんですよ。でも、なかなか死なないのね。それに「これが最後の小説です」って言うと、また次の構想が湧いてくる。これは業ですね(以下略)


ちなみに、石原慎太郎は寂聴より10歳下の75歳。 「秘花」は新潮社発行。
本

スポンサーサイト

読書と音楽の愉しみ

読書と音楽の愉しみ


「文藝春秋」拾い読み 九月号から
●“日共のドン” 宮本顕治の闇 ~立花 隆~


著者は七六年に文藝春秋誌で発表した「日本共産党の研究」の内容に100パーセントの自信をもつゆえか、一人で共産党を敵に回しても楽勝できるかのような余裕さえ感じられます。この記事を読む限りでは、共産党は立花隆に完全に見下げられている。


去る7月に98歳で亡くなった元議長、宮本顕次のワルぶりを今書くことだって死者に鞭打つような酷い感じがするけれど、そこは文春とのあうんの呼吸というものでしょう。
記事の要旨は、
□宮本元議長は、リンチ殺人事件の犯人である。
□共産党は平和、平等を唱えながら、民主主義と無縁の権力集中、独裁主義の世界。トップは下部の意見などいっさい無視してきた。
□70年頃をピークに党員は堕落、党勢は凋落を続け、今の党員はろくでなしばかり。


157頁の一部を引用すると(カッコ内は元党幹部筆坂氏の発言)
・・・勉強する党員もほとんどいなくなっていて
「党に入る前に「資本論」や「共産党宣言」を読まないだけではなく、共産党に入ってからでも、大半の人は読みもしません。なにしろ、党の綱領や決定文書だってせいぜい3割程度の党員が読んでるくらい」(略)


では、そういう党員たちは、共産党について何を知っているのか。
「党員であっても共産党について知ってることは<反戦平和を貫いて80年>とか<消費税増税に一貫して反対>とか<共産党は弱い者の味方で人に親切だ>というレベル」


要するに、党員にとっても、スローガンだけの共産党なのだ。
党員のレベルが低いから議員のレベルも低い。
「いま、共産党の国会議員で社会主義についてまじめに語れる力をもった議員は一人もいないでしょうね。不破さんは辞めちゃいましたから除外するとして、強いていえば志位さんくらいでしょう。それが共産党の現状なんです」 ~引用終わり~


独裁主義組織のトップが殺人犯・・といえば、あのオウム真理教、松本千津夫をイメージしますが、戦前、同胞をリンチで殺した男が後に党の支配者として君臨した。それが共産党の暗い過去、素顔である。

・・と、こんなこと書いても、共産党支持者は「文藝春秋」なんか読まないから、痛くもかゆくもありませんね。

プチ・ケチの研究

プチ・ケチの研究(2)


●手づくり・こんなマイ・バッグ


下の「レジ袋」云々記事に関連して・・・
ある会合で頂戴した手作りマイバッグ。

この手の商品はすでにたくさん出回っていますが、京都在の主婦が
つくったこのバッグは材料がユニークです。
黒い生地は本来農作業に使う不織布。
畑などで雑草の発生を防ぐために地面を覆うときに使う。
当然、水に強いが、水は通さないけど、空気は通る(ムレない)
というわけで、この点は樹脂製品より有利。


生地がけっこう厚手なので、たたんだときにあまり小さくなりません。
持ち手は長さが調節でき、ショルダーにもなります。
生地にはチョークで文字が書けるので、買い物の名前を書いておくと
買い忘れしにくいとか。ご本人は「らくがきバッグ」と呼んでいます。
食品に限らず、汎用に使える丈夫なバッグです。


サイズは幅 36×高さ32×奥行き(マチ)20センチ。縫製品。
エコバッグ渡辺

プチ・ケチの研究

新登場 プチ・ケチの研究(1)


●レジ袋有料化に賛成?反対?

資源問題、環境問題の観点からレジ袋の削減が唱えられています。
日本では年間300億枚、一人あたり250枚使ってる計算だそうです。
スーパーを筆頭にコンビニやたこ焼きの店まで、なんのためらいもなく消費しているのを反省して使用量を減らそうという気運が高まってきました。


めいめいが「マイバッグ」を持参してレジ袋をもらわないようにしよう。
それだけでもずいぶん効果がありそうです。
では、今まで気兼ねなくもらっていたレジ袋は、家ではそのままゴミとして捨てられていたのか・・というと、そんなことはないでしょう。レジ袋は小型のゴミ袋として使われたのち捨てられているのが普通だと思います。


生ゴミその他のゴミをいきなり45リットルの大きなゴミ袋に入れるなんて場面は少ないように思います。レジ袋を小型のペールなんかにかぶせてゴミ入れに使ってるのが普通。
では、レジ袋が一週間に一枚しか手に入らない程度にレジ袋削減運動が成果をあげたら・・・かなり不便を来すような気がします。
結局、同じような役目を果たす「袋」を買ってしまうのではないか。(そんな袋は売っている)スーパーではレジ袋削減に成功したけど、そのスーパーで同じ役目の「袋」を買ってしまったなんてことになりかねません。この辺が難しい。


コンビニで買い物する人が、みんなマイバッグを持参したら、万引き等防犯上不都合な気もします。従業員から見たら、手ぶらの客のほうがよほど安心でしょう。バッグからいきなり包丁を取り出して・・なんて心配もある。そもそも、バッグが要るほどの買い物はコンビニではしませんしね。ここんところも難しい。


書店で袋を廃止して買った本を店内で裸で持ち歩くのもヤバイ気がします。裸のまま、自分のバッグに入れてもいいけど、雑誌ならともかく、単行本では抵抗を感じる人もいるでしょう。(紙のカバーも本来無駄なもの)それに、手ぶらだから書店へ立ち寄る場合が多くて、大きな買い物袋なんか持ってるときに店へ行くことは少ない。


・・てなワケで、レジ袋、包装袋の削減といってもカンタンにはかどりそうにないですね。本屋さんなんか、昔のように紙袋にすればいいのにと思うけど、今はみんな樹脂製です。


話を戻して、レジ袋有料化に賛成か反対か、と問われたらどちらを選ぶか迷ってしまいます。損得だけなら反対ですが、単純にそれを言うのもなあ・・と。


さて、持ち帰ったレジ袋をどう整理収納するか。
筆者は下の写真のような「上から入れて、下から出す」単純な方法で、古いものから順に使っています。袋を一回結びして箱に入れると絡まずに取り出せます。この箱を流し台の下に入れてあります。
レジ袋入れダンボール箱

●下のサイトは、大学生による「レジ袋有料化」に関する討論の記録です。これを読んでもカンタンに○×はつけにくい問題だということがわかります。
http://www3.shizushin.com/talkbattle/keisai/tb060205.html


●これはレジ袋などがまとめ買いできる業者の広告です。
スーパーのレジ袋を一枚5円で有料化すると、消費者の中にはこのような業者から袋をまとめて買い込む可能性があります。ここなら一枚1~3円で買え、安いために無駄使いしてしまう懸念があります。
https://www.store-express.com/CGI/shopping/product_detail.cgi?ctg_cd=006008001&unit_id=71-705-1