犬町・猫町情報



●4月のプラン ご案内
 
イラスト 梅本三郎


「青春81きっぷ」発売開始
       ~いい歳 旅立ち~

 イラスト

 
******************
追加プランがあれば随時お知らせします

お花見「近つ飛鳥 風土記の丘」 ~担当 小西~
 博物館開館当時から丘に植え続けた桜が成長して「桜の園」風景が楽しめるようになりました。ここでランチにして、叡福寺(聖徳太子の墓)~上ノ太子駅まで歩きます。今回、博物館見学は希望者のみ。歩行5キロ アップダウン50m  弁当持参要

4月7日(金)雨天中止
■集合・・・近鉄南大阪線 喜志駅改札口 10時45分
阿部野橋発10時14分 河内長野行き準急乗車 喜志駅10時41分着(10時50分発の阪南ネオポリス行きバスに乗車 260円)
■コース・・太子快道 御礼参りコースと同じです。
■最少催行・・3名 前日までにお申し込み下さい。

********************

ちょい歩き・ちょい呑みの会 ~担当 小西~
 前回に続いて上町台地南部の高低差風景を眺め、ラビリンス(迷宮)的ややこしい町並みを歩きます。

4月9日(日) 雨天の場合10日に延期
■集合・・・午後3時30分 地下鉄御堂筋線 天王寺駅西改札口出たところの花屋の前
■コース・・あべのキューズモール~阿倍野墓地(五代友厚の墓)~聖天山公園(T)(正圓寺の桜)~天下茶屋商店街~天下茶屋駅前の酒場(店は未定) 約3キロ ほぼ平坦コース
■最少催行3名 前日までにお申し込み下さい。

*********************

4月13日(木) 大日山へ ~担当 藤家~
■集 合:JR東海道線 石山駅 9:00
■コース:駅=アルプス登山口バス停~黒津橋~大日山(129ⅿ)~南郷洗堰~(バス)=石山駅着  (約5.5KM)

■昼食持参のこと
*5月は11日を予定してます。

********************

「山笑う」~新緑を愛でる里山歩き~    担当 小西
 おなじみ里山歩きのマイナーチェンジコース。バス停「若草台」停留所から即森林浴の道、子供の森で昼食後、邪馬台国石碑を経て矢田寺へ向かいます。約6キロ。アップダウン200m。(子供の森からの車道の下りが急坂です。ストックあれば持参して下さい)弁当持参

■4月21日(金)雨天の場合、24日(月)に延期
■集合・・10時50分 近鉄奈良線 学園前駅 南改札口集合 
(11時00分発の若草台行きバスにのります)。
難波発発10時13分 奈良行き急行 10時44分学園前着
■最少催行3名 前日までに申し込んで下さい。

***********************

既報:3月のプラン
★3月23日・・・宇治 薬膳料理(藤家)
★3月28日・・・鶴見緑地 あんずのお花見(小西)  

************************

南さんからスケッチを投稿していただきました

ちょい呑み会・天王寺の源聖寺坂風景
イラスト


雌岡山の梅林風景
イラスト





スポンサーサイト

犬町・猫町情報




●ちょい歩き、ちょい呑みの会
      
~高津神社~生國魂神社~黒門市場~難波~

 近ごろウワサに高い「うら難波」を目指して高津神社をスタート、生國魂神社の先、源聖寺坂を下って松屋町筋をわたり、西へ進むと黒門市場に着きます。この界隈にも、名もなく、怪しく、美しくもない小さな店舗が散見されます。黒門市場は相変わらず中国人観光客に占拠されてる感じです。堺筋をわたったところにある「日本橋ビアホール」でちょい呑みしました。ここから難波高島屋前へ出るまでが「うら難波」の核心地帯ですが、はじめて訪ねる人にはラビリンス(迷宮)もいいとこです。でも、再訪したくなるエリアでもあります。


高津神社裏に小さな梅林があります。
ちょい呑み


島之内の怪しい店
ちょい 


ちょい


日本橋ビアホールのメニュー
ちょい 


ちょい


外観写真はお店のHPから拝借
ちょい


お店の案内はこちら・・・
https://retty.me/area/PRE27/ARE94/SUB9501/100001153756/




犬町・猫町情報


●3月例会 まとめ

■3/9(木)雄岡山・雌岡山方面へ 約8.5KM
 集 合:神戸電鉄 粟生線 みどりがおか駅9:30
 コース:駅~雌岡山(249ⅿ)~住吉神社~
     神戸市立農業公園ワイン城着

 *弁当持参・ワイン城へは要入城料 ~担当 藤家~

***********************

■飛鳥から土佐街道へ
  ~春を探して明日香村から高取ひな祭りへ~ 
  担当 たなか

■実施・・3月17日(金)
■集合・・近鉄吉野線 飛鳥駅 午前10時15分集合
■コース・・飛鳥駅~於美阿志神社からキトラ古墳エリアをへて高取ひな祭り会場へ歩きます。キトラ古墳エリアはびっくりするくらいきれいに整備されています。距離約6キロ 高低差ほとんどなし。小雨決行 弁当/水筒持参。
■このプランは、野楽路会員用なので、参加費は無料です。 
■前日までに電話・ファクスでたなかさんへ申し込んで下さい。

***********************

■3/23(木)宇治で食事会 ~担当 藤家~
 集合:京阪宇治駅 11:00
 場所:中華薬膳料理 じゃすみん
 *予約制なので申し込んでください
 2月25日までにどーぞ

4月は13日(木)を予定しています。

*********************

■鶴見緑地 あんずのお花見会  ~担当 小西~

 鶴見緑地「風車の丘」の北側に30~40本のあんず園があります。桜より少し早く咲きます。ここで昼食にして、午後は緑地を横断して京阪関目駅又は地下鉄今里線関目成育駅まで歩きます。徒歩5キロ アップダウン50m。弁当持参。

■3月28日 火曜日(雨天中止)
■11時00分 地下鉄鶴見緑地駅改札口集合
(心斎橋駅から鶴見緑地駅まで20分)
■最少催行3名。前日までに小西へお申し込み下さい。

************************

●予告 ~4月お花見プラン~ (担当 小西)
近つ飛鳥風土記の丘~叡福寺~上ノ太子駅 5キロ 
■日程・・4月7日(金)を予定   ~以上~


あんず



犬町・猫町情報



●My favorite song 「青い影」    ~ F~
 
私は曲と名のつくもので気に入ったものは、和・洋ポップス~ジャズ~クラシックと手を出すダボハゼです。最近「日本・こころの歌」、「~昭和の名曲と秘話」、「オールディーズ」等懐メロ番組が毎日何処かのチャンネルで有り、愛聴する私もその年になったかと実感・・・・・・・。


懐メロと言えばイギリスのロックバンド「プロコル・ハルム」が1967年に発表した「A WHITER SHADE OF PALE」が有ります。日本では「青い影」として発売されました。当時はベトナム戦争(1950-1975年)の真っ只中で反戦が盛んに叫ばれた頃、歌詞は反戦を歌っているんです。「恋人が戦死したことを知らされ、彼女の顔は最初呆然、だんだん青ざめていった」と悲壮な内容ですが、英語が解らないことでメロディーの美しさに魅了されました。


演奏ではレイモン・ルフェーブルの弦の響きにウットリ、その後発売されたサラ・ブライトマンの歌声にシビレ繰り返し聞いたものです。今でも時々思い出したように「聞きたい!」との気持になります。 ちなみにジョン・レノンも人生でベスト3に入る曲と評価していたそうですから名曲として太鼓判を押されているようなものです。


サウンドを特徴付けるのは、ゲイリーのピアノとマシューのオルガンからなるツイン・キーボードの編成で、曲中オルガンの独奏は出色モノです。ここの部分はどこかで聞いたことがあるような?・・・そうですバッハです。 巷ではカンタータ140番(BWV140)「目覚めよと呼ぶ声あり」と管弦楽組曲第3番(BWV1068)第2曲「アリア」(通称「G線上のアリア」)のどちらか又は合成との意見があるようですが、私は「アリア」の方だと思います。


名曲だけあって、様々なアーティストがカバーしています。有名なところではジョー・コッカー、エリック・クランプトン、ウイーリー・ネルソン、ポール・モーリア、ポール・ポッツ、日本でもアンジェラ・アキ、松任谷由実等がカップリングやアルバムで、又城達也さんの穏やかナレーションのFM放送「ジェット・ストリーム」でも幾度も取り上げられていました。最近ではヘイリー・ロレンの歌声がお気に入りです。格調高さではプロコル・ハルム2006年スエーデンの野外コンサートでしょう。


プロコルハルムオリジナル
 
https://www.youtube.com/watch?v=D6-7bFRibLE
 
レイモン・ルフェーブル
 
www.youtube.com/watch?v=qm6IDRZ2tUE
 
サラ・ブライトマン
 
https://www.youtube.com/watch?v=8ToU5OshV4g&list=PLCW3dTashS8wLuWZ7BxmXSkYSUz55y8uR&index=1
 
プロコルハルム2006年デンマーク
https://matome.naver.jp/odai/2141982706852991501/2144150558623190303



青い影

**********************

聴いてみました・・駄目男

 ジャンルを問わず、なんでも聴くダボハゼ趣味?という点では駄目男も同じです。1950~70年代には映画音楽でも傑作がたくさんあり、映画は忘れても主題曲はよく覚えてるという作品もあります。個人的意見をいえば、ビートルズの時代あたりから「メロディ資源の枯渇」がはじまり、90年代には世界中に広がるようなヒット曲は皆無になりました。映画「アナ雪」の主題歌が大ヒットしたのは、石の中からダイヤモンドを見つけるくらいの確率で既存曲との類似性を免れた旋律だからです。


近年は、クラシック音楽のメロディに歌詞をつけ、ポピュラー曲にリメイクすることも流行っていますが、これこそ「メロディ資源の枯渇」のあらわれです。昨日、TVのCMで聞こえてきたのは、ラフマニノフ作曲「パガニーニの主題による狂詩曲」の主旋律をパクッた歌でした。ようやるなあ、と妙に感心しました。


閑話休題。ご案内のURLで「青い影」聴きました。旋律は知っていますが、バッハの曲のアレンジか、という点ではノーと言うのが自分の判断です。しかし、イントロをオルガンで演奏すると、もろバッハのメロディに聞こえてしまいます。音楽における既視感(デジャブ)という感じ、とにかく素晴らしいメロディです。オケをバックにした2006年デンマークライブは感動的な名演です。ジャズやポピュラーでも本当に優れた曲は賞味期限100年を越える。国境や民族の壁も軽々越えて愛されます。「オールデイズ」も、概念としては、もう英語圏を無視して選ばれてもいいのではと思います。


犬町・猫町情報


●3月追加プラン  ご案内

飛鳥から土佐街道へ
  
~春を探して明日香村から高取ひな祭りへ~    担当 たなか

■実施・・3月17日(金)
■集合・・近鉄吉野線 飛鳥駅 午前10時15分集合
■コース・・飛鳥駅~於美阿志神社からキトラ古墳エリアをへて高取ひな祭り会場へ歩きます。キトラ古墳エリアはびっくりするくらいきれいに整備されています。距離約6キロ 高低差ほとんどなし。小雨決行 弁当/水筒持参。
■このプランは、野楽路会員用なので、参加費は無料です。 
■前日までに電話・ファクスでたなかさんへ申し込んで下さい。

犬町・猫町情報


●神戸「須磨 火曜スケッチの会」展訪問

 展示期間の最終日に訪ね、南さんの力作を拝見。この日は講師の中西氏がすべての出品作品に評価、助言をするので、たくさんの方が来場してにぎやかでした。南さんの作品は3点、昨年12月例会で歩いた的形海岸の「赤壁」を描いたものもありましたが、完成まで10回も現地へ足を運んだ力作です。以下、解説文とともに紹介します。(2月21日)


「Saudade 」リオデジャネイロ(神戸市高齢者美術展に出品)P10号・表題は郷愁を意味するポルトガル語で、かつてブラジル約6年半滞在中に仕事や観光で5~6回訪れ、帰国の際送別ゴルフもしたリオデジャネイロで昨年オリンピック・パラリンピックが開催、度々ニュースで報道される度に懐かしく絵の題材に選びました。
南  

2.「小赤壁」 姫路市木場(兵庫ふれあい展に出品)P20号
現役時代の大先輩(昭和3年生)からの情報で昨年9月、明石での人物デッサン会の後山陽電車的形駅から徒歩でその絶壁のある風景に出かけて以来、のらくろ例会を含め10回近く通い現地スケッチも繰り返し、早朝のワンシーンを絵にしました。小赤壁の由来は頼山陽がこの地を訪れ、三国志の「赤壁の戦い」に出てくる長江(揚子江)で蘇東バが詠んだ「赤壁の賦」に因んだもの。

南 

1.「白龍(はくりょう)」 養父市天滝(高砂市美術展に出品) P20号  毎年季節毎にでかける氷ノ山ヒュッテの帰途、昨秋初めて常連のメンバーと訪れ、その迫力を表現するため高低差98mの上部をアップで描きました。タイトルは文部省唱歌「滝」の歌詞の一部‘見下ろせば幾百千の白龍の’から採りました。
南

元町通りに面した「神戸まちづくり会館」
南  


会場風景
皆m


「彼是(あれこれ)」さんでランチを賞味して会場へ
南さん展覧会



犬町・猫町情報



●23日 岡本梅林プラン 中止のお知らせ
 
藤家さんから連絡あり、当日は雨天の予報なので、
例会は中止します。

犬町・猫町情報



2017年 2月~3月のプラン ご案内
*****************

クチマメさんの3月の追加情報を紹介します

 3gatu hyousi

        歩道橋がピアノに?  ~作・梅本三郎~


        *********************


●お知らせ
 創立25周年記念に「絵はがきセット」をつくりました。毎月、楽しいイラストを提供して下さる梅本さんに猫の絵6枚を選んでもらい「野楽猫三昧」のタイトルをつけて絵はがきセットにしました。近日中に昨年の記念写真とともに郵送します。制作費は会費で賄いました。なお、絵はがきは、旧野道ネットワークのグループ代表の方々にもプレゼントします。

*********************


2/23(木)岡本梅林コース 約3KM <担当藤家>
集 合:阪急岡本駅 10:00
コース:駅~南公園~梅林公園~保久良梅林~保久良神社~岡本駅着
申込みは藤家さんへ
*3月のクチマメは9日予定してます

**********************


●ちょい歩き、ちょい呑みの会 ~担当 小西~
 高津神社から「ウラなんば」界隈へ

■3月3日(金曜日)雨天の場合、4日に延期
■集合・・午後4時 地下鉄谷町線 谷町九丁目駅
西側改札口(大日方面行きホームの改札口)
■コース・・谷九駅~高津神社(ミニ梅園あり)~生國魂神社~源聖寺坂~黒門市場~ウラなんば界隈の店~難波駅 徒歩3キロ。
一部階段、坂道あり。
■店は未定、予約しません。
■小西へお申し込み下さい。

**********************

クチマメさんの追加情報です。

3/9(木)雄岡山・雌岡山方面へ 約8.5KM
 集 合:神戸電鉄 粟生線 みどりがおか駅9:30
 コース:駅~雌岡山(249ⅿ)~住吉神社~
     神戸市立農業公園ワイン城着

 *弁当持参・ワイン城へは要入城料

 *************************************

3/23(木)宇治で食事会

 集合:京阪宇治駅 11:00
 場所:中華薬膳料理 じゃすみん

 *予約制なので申し込んでください
 2月25日までにどーぞ

4月は13日(木)を予定しています。

**********************

●鶴見緑地 あんずのお花見会  ~担当 小西~

 鶴見緑地「風車の丘」の北側に30~40本のあんず園があります。桜より少し早く咲きます。ここで昼食にして、午後は緑地を横断して京阪関目駅又は地下鉄今里線関目成育駅まで歩きます。徒歩5キロ アップダウン50m。弁当持参。

■3月28日 火曜日
(担当者の都合で27日に変更するかもしれません)
■11時00分 地下鉄鶴見緑地駅改札口集合
(心斎橋駅から鶴見緑地駅まで20分)
■最少催行3名。前日までに小西へお申し込み下さい。

************************

●予告 ~4月お花見プラン~
近つ飛鳥 風土記の丘~叡福寺 5キロ
■日程・・4月6日又は7日を予定   ~以上~

犬町・猫町情報



●サントリー山崎蒸留所 見学記  ~F~
 
以前NHK朝ドラ「マッサン」の舞台となったサントリー山崎蒸留所を見学しました。創業は1899年(明治32年)葡萄酒製造販売の「鳥井商店」から「壽屋」、そして現在の「サントリー」へと発展と共に社名を変更しています。社名の由来は、赤玉ポートワインの「赤玉」を太陽に見立ててサン(英語のSUN)とし、これに創業者鳥井の姓をつけて「SUN」+「鳥井」(とりい)=「サントリー」としたそうです。その他「鳥井さん」(とりい・さん)を逆さにしてサントリー、鳥井三人の男子から「三鳥井」という説もあるそうです。


私の関わりは小学生の頃、兄が購入した「壽屋」の赤玉ポートワインを盗飲みしたことに始まります。トリスウイスキーは高校時代。社会人になりたてはサントリーレッド、給料が出らホワイト、角瓶やオールドは高嶺の花でした。ちなみに私が現役の時、ウイスキーやビールのラベル印刷を担当する会社がお得意先としてお世話になっていました。


さて山崎蒸溜所ツアー、中々好評のようてす。 内容は前半製造工程を追って工場内を見学し、後半はシングルモルトウイスキー「山崎」の構成原酒(非売品)をテイスティングします。所要時間約80分。 参加料金1,000円のコース、お金を取った上に宣伝もなさり流石商売上手です。定員25名中10人くらいは同じ顔で通訳ヘッドホンをつけていましたがマナーは良かった様に思います。
 
御待ち兼ねのテイスティングに用意された3種の原酒は
①ホワイトオーク樽で熟成のシングルモルト
②ワイン樽熟成のシングルモルト
③ブレンド後の山崎 について色、 香り、 味を比べます。
ホワイトオーク樽は蜂蜜の香り、薄めるとリンゴの香り。ワイン樽は良くわからん。ブレンド後は雑味がある感じか(あくまでも個人の感じです)。
 
見学を終えて近くで会食。やはり生ビールと日本酒が身体に合っていると実感しました。


山崎蒸留所外観
サントリー

創業者銅像
サントリー

テイスティングプレート
サントリー




犬町・猫町情報



●明日の例会中止のお知らせ

 明日 2月9日の「一庫ダム周遊」プラン(藤家さん担当)は雨天予報のため中止します。

犬町・猫町情報



●2017年2月のプランご案内
 イラスト 梅本三郎


2月表紙


         生まれたばかりの春(ネコヤナギ)を探しに!

           


「ランチと絵画サークル展見学」御案内 <担当 南>

日時:2月16日(木) 雨天決行
集合:11時50分 JR元町駅東改札口
参考ダイヤ:阪神直通特急 梅田11:10 元町11:44
(地上がJR集合場所)
ランチの後、南京町、元町商店街をあるき(約15分)絵画サークル展会場へ移動、自作の風景水彩画3点を含め計90点の展示作品を見学。
■ランチ:次女夫婦の創作和食店「彼是(あれこれ)」1500円程度

絵画展:案内チラシ(添付)
申し込みは前日までに南さんへ   以上


2月表紙 


*********************

2/9(木)一庫ダム周遊コース 約9KM <担当 藤家>

集 合:能勢電 山下駅 9:00
コース:駅~一庫ダム~りんどう橋~さくら橋~一庫~日生中央駅着
*弁当持参してください

************************


2/23(木)岡本梅林コース 約3KM <担当藤家>

集 合:阪急岡本駅 10:00
コース:駅~南公園~梅林公園~保久良梅林~保久良神社~岡本駅着

申込みは藤家さんへ
*3月のクチマメは9日予定してます


犬町・猫町情報



■例会ご案内 2017年
    イラスト 梅本三郎


イラスト1月


         あれやこれ 今年の楽しみのぞいてみれば
               ~イグノーベルにひっかけて~

*********************

~今年から新しいシステムで行事を行います~
 どなたでも企画できますので、よろしくお願いします。

*********************

●クチマメ 1月例会ご案内
 申込み、問いあわせは藤家さんまで。

1/12(木) 新年会
集 合:JR学研都市線長尾駅 10:00
食事処:杉・五平衛(℡072-858-0905)
2200円相当の弁当です
*駅から約30分歩きます

*********************

1/26(木) 飯森山 約8.6KM
集 合:南海本線 淡輪駅 9:30
コース:駅~西谷寺~山頂(384,5ⅿ)~
みさきケ丘住宅給水塔~みさき公園駅
*頂上からは360度のパノラマが楽しみです
*弁当、杖を持参してください

◎2月は9日、23日予定してます
~担当 藤家~

犬町・猫町情報



<投稿>●ヴィヴァルディ「四季」を聴く  ~F~
 
 早朝ウォーキングに備えてコーヒーを飲みながらNHKーBS103chに回すと、アントニオ・ヴィヴァルディ作曲「四季」を放送していました。演奏者はベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ、リーダーは日下紗矢子さん。昨年11月の再放送です。


バロック音楽との関わりは今から45年くらい前NHKのFM放送で「バロック音楽の楽しみ」という番組があり、皆川達夫さんと服部幸三さんの二人が交代して解説されていました。テーマ曲「羊は安らかに草を食み」で始まりす。バッハ、テレマン、クープラン、ヘンデル、コレルリ・・・・など楽しみながら聞いたものです。今でも放送は「バロック音楽の楽しみ→あさのバロック→バロックの森→古楽の楽しみ」と改題し続いているそうです。


さて「四季」と言えばバロック音楽の定番。正式には「和声と創意への試み」に出版された12曲のヴァイオリン協奏曲集の内、 第1集すなわち第1曲から第4曲までの「春」「夏」「秋」「冬」に付けられた総称だそうです。イ・ムジチ合奏団のレコードが発売された頃、梅と桜に例え「四季を聴くバカ聴かぬバカ」と言われていたほど流行っていました。春夏秋冬の情景を弦楽器と鍵盤楽器で表情豊かに聞かせてくれます。春の小鳥のさえずり、夏のうだる様な暑さの次に激しい雷鳴と雨、秋の歯切れの良いリズム、そして穏やかな冬の第2楽章はまるで炬燵(イタリアに炬燵は無いでしょうが)に入り穏やかにまどろんでいるような情景を浮かびます。気楽に音を楽しみたいと思っている私にはうってつけの曲です。


奏者による表現の違いも楽しみの一つ。カール・ミュンヒンガーの規律正しい演奏、イ・ムジチでは フィリックス・アーヨの職人芸、次の ロベルト・ミケルッチ は軽快なテンポ。パイヤール、 ネヴィル・マリナー、カラヤン・・・・・・そしてイングリッシュ・コンサートの古楽器が現在のお気に入りです。


さて今回日下紗矢子さんの演奏は、出だしは「大したこと無いなあ」と感じていたのですが、あれあれ?・・・と云う感じ、段々と気迫が伝わり終演で「ブラボー!!」 たまたま今朝聴いた演奏が望外の素晴らしいもので感激しました。この演奏を好きな日本酒にたとえると、キリッとしてフルーティーな「純米生原酒」となりますか。


イ・ムジチ合奏団による「四季」LPレコードジャケット
イムジチ 



犬町・猫町情報



●三本立て忘年会終了

 まったく趣の異なる三カ所の店(場所)での忘年会が無事終了しました。アウトドアでの例会では顔を合わす機会が少ない人もいますが、ウオーキングなしなら気軽に参加できます。忘年会でなくても、このような機会を増やしたいと思います。


12月4日 北新地「カンパネラ」
忘年会



12月10日 五条「うちのの館」
忘年会



うちのの館(藤岡家)母屋のスケッチ ~サウダージさん提供~
忘年会 



12月18日 新世界「ココルーム」 
忘年会 






●師走のアートシーン ふたつ

★玉村洋平の世界 ~vol.2~

 新進演奏家のコンサート、というのは何度も経験したけど、新進作曲家の発表会というのは初めて。玉村さんとは先月、北新地のバー「カンパネラ」で相席したのがご縁で招待されました。年齢は40才くらい?京都大学法学部を出て会計事務所で働くかたわら作曲活動もするという、二足のわらじ的生活をしている。作曲は十数年前からはじめたというから、そこそこ実績もあり、ただ今作品を蓄積中?であります。

といっても、曲は堅苦しい無調の現代音楽ではなく、ピアノ曲と弦楽四重奏曲、いずれも普通にメロディが主体の曲でした。このさき、一つでも世間で話題になるような作品が生まれると嬉しいけど、駄目男が言う「メロディ資源枯渇の時代」であるから、セールスはなかなか難しい。純粋にクラシックではなく、たとえば映画音楽なんかに関われたらチャンスが広がる。しかし、ご本人はそんなの邪道と思ってるかもしれない。ま、草葉の陰で出世を祈っております。(12月7日 豊中芸術文化センター小ホール)


**********************


★大和座狂言ガラ公演

 Tさんからのチケットを頂いて久しぶりの狂言鑑賞。梅田の大阪能楽会館の場所を忘れており、遠回りして着いたら、梅田センタービルのとなりだった。客席椅子の取り替えや玄関まわりの改装はされてるが、ホール自体はオンボロのままで懐かしい。特に2階席の荒れようは山村の芝居小屋みたいで座るのに勇気がいる。(一階で鑑賞)


ダシモノは大変ユニークで、最初の「梟」では音楽の伴奏つき。それも、オーストラリア、アボリジニの使う木管楽器「ディジュリドゥ」がひたすら単音階でボ~ボ~と鳴り続ける。なんとも奇妙ですが、音が邪魔にならないところが面白い。おまけに演じるメンバーの一人が初老のドイツ人だから、異色というか、けったいというか。赤ら顔、縮れ毛の彼が現れた瞬間、大江山の「酒呑童子」を思い出してしまった(失礼)。のみならず、彼は尺八の名人でもある。


狂言はほかに「寝音曲」と「盆山」。それに、前記の原始楽器と尺八、シベリアの某民族が使う妙な楽器のアンサンブルで一曲を演奏。楽器は原始的でも、奏でられる音楽は現代音楽の趣があるから楽しい。


プログラムなどには大和座の代表、安藤伸元氏が能楽、狂言団体が抱える問題を愚痴まじりに書いていて、察するところ、現行の家元にはかなりアンチな姿勢で仕事をしているらしい。歌舞伎の梨園と同じような閉鎖性があると。関西では茂山一家がブイブイ言わしてるから、アウトサイダーの安東家はマイナー扱いになるのは仕方ないが、反面、今回のように自由な発想で企画できるのは強みでありませう。。

 古い殻を破ろうという試みは能楽界でもあり、会館にあったチラシによると、山本能楽堂では、年末と新春の番組で「羽衣」「高砂」をひらくときは観客の二百人も一緒に謡おうと呼びかけている。なんだか「一万人の第九」みたいではありませんか。ま、謡い本のコピーを手渡しておけば、地謡といっしょに唱和できる。面白い試みになりそうです。
(12月11日 大阪能楽会館)


大阪能楽会館
大阪能楽会館


犬町・猫町情報


●12月例会 レポート  

海浜の里を歩く・・的形から八家へ   (担当 サウダージさん)

 珍しく、山陽電鉄沿線のコースを歩きました。阪神梅田駅からは90分かかる、高砂市、姫路市の海浜エリアです。絶好の行楽日和のもと、瀬戸内海のおだやかな風景を堪能しました。八家(やか)地区のリッチな町並みも印象に残りました。(11月26日)


的形の海辺の集落で井戸用ポンプを復元した民家に出会う。
11月例会2016



砂浜を歩くのは久しぶり
11月例会


「小赤壁」と呼ばれる、岩壁の続く海岸。中国・長江の河岸の岸壁風景「赤壁」に似ているので名付けられた。岩登りの練習をする人がいた。
11月例会 


サウダージさんが描く赤壁
11月 おわり


岸壁の下で記念撮影
11月例会



展望台から夕映えの海を眺める
11月



八家の中心部には豪邸が数軒、つくりの立派さに感心するが、表札の多くは「三木」さんの名が。昔からの地域の有力者らしく「三木建設」「三木産業」(ガス販売)「三木食品」(パン粉製造)などで財を築いたらしい。
11月 


11月




犬町・猫町情報


●26日例会 電車時刻変更のお知らせ

当日、阪神梅田駅発直通特急の時刻を9時23分発と掲載していますが
9時20分発に訂正します。大塩駅乗り換え、的形着10時50分です。
以上、訂正しますので、お間違いなきよう願います。

尚、通常運賃片道1,230円ですが「阪神山陽シーサイド1dayチケット」利用で往復2,000円です。

*********************


犬町・猫町情報



private

●11月例会レポート  ~担当k・f・Iさん~

天野街道から天野山金剛寺へ  (11月13日)

 10月につづき、おだやかな晴天に恵まれて河内の里道を歩きました。南海高野線千代田駅~寺が池公園~天野街道~青賀原神社~天野山金剛寺まで約7キロの平坦コース。ゴールの金剛寺は庭園の紅葉が見頃、また、修復工事中の金堂の見学等もできて、有意義な拝観になりました。


古い民家の残る集落から森の小径を抜けると・・
天野例会



明るい田園風景になる
天野 



堺から続く参詣道「天野街道」をたどる
真野 



青賀原神社でスケッチをするサウダージさん
天野 



金剛寺の庭園は紅葉が見頃
天野 



サウダージさんのスケッチ
天野




金剛寺の金堂が大規模修復工事中で、休日は見学ができる(有料)元請けは大林組。
天野 



見学者向けに檜皮葺の一部が展示してあり、工事の材料や断面構造が分かる
天野 



檜皮を打ち付ける特殊な金槌と竹の釘
釘頭がすべらないように凸凹が刻んである。檜皮葺き作業で使う手道具はすべて職人個々の別注で、各人の最も手になじみやすい形状、サイズで誂える。左利きの人は採用されない。その理由は
オーケストラの弦楽器奏者がすべて右利きに限られる理由と同じ。なるほど!
天野 



*************************************************************************


●忘年会 空席情報

プランはあと4名、プランはあと2名ぶん、空席があります(は満席)
すでに、申込み済みの方も、ダブル参加できます。ご希望の方はお知らせ下さい。





犬町・猫町情報



●鳥越ゆり子絵画展 ご案内

ゆり子個展 


ゆり子 

ゆり子 





犬町・猫町情報


private

●2016 三本立て忘年会 ご案内

 先日、ペーパーメールでお知らせしました通り、今年の忘年会は三本立て、かつ、会費の還元によって安く設定します。ぜひご参加下さい。下記からご希望のプランを一つ選んでお申し込み下さい。

Aプラン・・五条の古民家 de 松花堂ランチ・会費0円
~五條市北宇智「うちのの館」見学とランチ~
◆12月10日(土曜日)雨天決行
◆和歌山線 北宇智駅集合 下記の列車でおいで下さい。
JR利用の方・・・JR難波発 9:33髙田行き快速~天王寺9:40~王寺10:06~髙田10:25(和歌山線に乗り換え)~髙田発10:28~北宇智着10:55 会場まで徒歩約15分

南海利用の方・・・難波発9:02橋本行き急行~橋本着9:53(JR和歌山線に乗り換え)橋本発10:08奈良行き~北宇智着10:34 運賃はJR、南海とも難波から往復2000円程度。
◆募集・・8名 先着順に受け付け    ~担当 たなかさん~
うちのの館の案内・・・
http://www.uchinono-yakata.com/index.html

************************

Bプラン・・新世界 de ハシゴ酒・会費2000円
 ~新世界の大衆酒場と西成「ココルーム」でゆっくり旨酒を~
◆12月18日(日曜日)午後3時30分 雨天決行
◆地下鉄御堂筋線 動物園前駅 東改札口(天王寺寄り)集合
◆募集・・5名 先着順に受付 

************************

Cプラン・・北新地 de 夕食会・会費3000円
 ~隠れ家バー「カンパネラ」を2時間借り切って、この価格~
◆12月4日(日曜日) 午後5時50分 雨天決行
◆地下鉄四つ橋線 西梅田駅南改札口集合
◆募集・・6名(飲まない人3名まで参加OK)先着順受付 
◆料理はお任せ、ビール、ワインはフリードリンク。

***********************

<備考>
★申込み締め切りは11月15日。(お名前、人数をお知らせ下さい)
締めきり後、空席のあるプランは再募集します。空席有れば、一人で二つ以上のプランに参加できます。(最初からの複数プラン申込みはご遠慮下さい)
★キャンセルは、ABCいずれのプランも二日前までにお知らせ下さい。
★当日、年会費を集金します。千円札をご用意下さい。

*************************


A・うちのの館 藤岡家住宅
忘年会


B・西成区「ココルーム」
忘年会


C・北新地「カンパネラ」
忘年会