半畳雑木林



●半畳雑木林のニューフェイス

 今年新登場のタネはザクロとムクロジ。ザクロは長居植物園で拾いましたが、果実が熟して地面に落ちたものはぐじゅぐじゅでとても気持ち悪い。5粒ほど撒いて一つだけ発芽しました。ムクロジはSさんからの頂きもの。東京みやげです。4個植えて一つだけ発芽しました。 昨年の秋、明日香村の橘寺境内で拾ったセンダンの種、一つも発芽しなかったのは残念です。ほかに、二度目になる「シナアブラギリ」は3個全部発芽して順調に成長中。一番リスクの小さい、タフな種子です。


ムクロジについての無茶詳しい解説はこちら・・・
http://poohchan-cute.net/category/etc/etc-mukuroji.html#mukuroji-germination

ムクロジの発芽
半畳


ザクロの発芽
半畳 






スポンサーサイト

半畳雑木林



●こちらは「十畳雑木林」のおうち

 庭がない。だけど園芸大好きな人がなんとか緑に囲まれた暮らしをしたいと思うと、こういうことになるのでせうか。家のまわり三方を大小の鉢植えでびっしり囲って、その面積、タタミ十畳分くらいはありそう。我が家の半畳雑木林の20倍も広い。地植えなし、みんな植木鉢で育てているようです。・・・で、気になるのは水道料金。半畳雑木林でも、夏は一日5リットルくらい使うので、このおうちなら30倍、150リットルは使うでせう。水道料金に影響する鉢植え雑木林です。

普通なら、塀やフェンスでマイホームをガードするところ、この家は植木鉢をびっしり並べて守っているように見えます。なんか砦のような感じもしますけど。(八尾市内にて)


 yao   
  


半畳雑木林



●紅葉ピーク・・半畳雑木林

ナンキンハゼの紅葉、今年は11月14日が色づきのピークでした。昨年より少し早かったような・・・。今日(15日)はもうハラハラと葉が散り始めています。


半畳雑木林 


捨てる前に・・落ち葉の集合写真
半畳




半畳雑木林



●半畳雑木林 色づく・・・

 トランプ氏優勢を伝えるテレビの後に紅葉した「半畳雑木林」。今年はナンキンハゼとモミジバフウの2種類で「全山紅葉」(笑)シーンを目指したのですが、モミジバフウがうまく育たず、狙いははずれてしまいました。土との相性がわるいのかも知れないが、不明です。これらの木に比べたら、クスノキやクヌギなんかはタフだということが経験で分かりました。



半畳



半畳雑木林 





半畳雑木林



●今夏の半畳雑木林

 植木鉢を並べた雑木林だから、毎年メンバーが入れ替わります。今年はナンキンハゼとモミジバフウを主役にしようとタネを蒔きましたが、成長が今ひとつ。うまいこといかんもんです。
 写真に写ってるのは、この二種のほかに、クルミ、センダン、ラクウショウ、シマトネリコ、など。

半畳雑木林

きなこさんから頂いたタネが無事、発芽しました。京大構内、湯川記念館まえで拾ったそうですが、樹種不明。葉っぱはセンダンに似ているけど、タネはサイズも固さも全然ちがう。

半畳







半畳雑木林



●♪こんにちは、赤ちゃん・・半畳雑木林発芽シーズン

 Sさんから頂いた京都土産。京都大学構内、湯川記念館のそばに落ちていたという、どんぐりサイズの固い殻の実を植えたところ、運良く発芽しました。場所からいうと、熱帯系の樹木のような気がするけど、名前は不明です。♪この木なんの木 不思議な木♪・・いつ、正体が分かるでせうか。
発芽16


シマトネリコを植えるのは2回目。葉っぱが小さくて、植木鉢でもサマになります。
発芽16



ラクウショウは3回目です。一回目は急成長しすぎて持てあました。2回目は逆に成長せず、途中で枯れた。今回はふつうに育ってほしい。
発芽16



半畳雑木林



●「半畳雑木林」はや五年目

 面白半分にはじめた、ベランダにタタミ半分サイズの雑木林をこしらえる貧乏趣味が五年目を迎えました。今まで植えた樹木のタネは20種類以上、発芽率は5~6割という感じです。みんなが成長すると、ベランダが樹木に乗っ取られてしまうので、高さはせいぜい1mまでにセーブします。(強風でコケてしまうという理由もあります)


 なので、五年目を迎えたのはクスノキだけです。昨年は、この木にアゲハチョウが卵を生み、無事成長して、羽化する瞬間を朝の食卓で観察することができました。私有雑木林のオーナーならではのリッチな経験です。このクスノキ以外は1~2年モノ。盆栽趣味ではありえない、めまぐるしい「更新」です。


わっ! えらいとこで生まれてしもた~。え、ウチはビールで育ったん?
5年目雑木林 


昨日はぽかぽか陽気だったので、種まきをしました。昨年はモミジバフウが育たなかったのでこれを撒き、クヌギとシマトネリコも。これは2回目です。そして、Sさんが送ってくれた、京大の湯川記念館そばの大木の下に落ちていたタネ2個も。樹木名は不明、無事に発芽するかどうか、楽しみです。


5年目




五年目 



にほんブログ村

半畳雑木林



●食べたくなる?・・雑木林からのお歳暮

 前回記事「雑木林からお歳暮」の一部をいちびって器に盛ってみました。お菓子や団子に見えませんか。モミジバフウの実は「機雷みたい」と書いたけど、そんな物騒な呼び方は失礼で「デカコンペイトウ」ってのはどない? 桐の箱に16個入れましたが、このタネを発芽、育てると、数百本の樹木=林ができます。タネ一粒のサイズは米粒より小さい。


ゴマ団子ふうに見えるモミジバスズカケも熟すと大変身するみたいで、数日、天日に晒して、変形、分解のようすを観察したいと思います。緑色の皿に入れたのは「チャンチンモドキ」というウルシ科の木です。ぶよぶよで、中はゼリー状? 来春、植えてみます。閑人やなあ。


モミジバフウ
歳暮木の実 



モミジバスズカケ
木の実



チャンチンモドキ
歳暮 



長居植物園のモミジバフウ
木の実 






半畳雑木林



●雑木林から「お歳暮」

タネ


 先日の強風で木々の実は大方落ちてしまいました。テキトーに拾い集めてギフト用の箱に入れると、ちょっと「お歳暮」のように見えます。まるで機雷のような形をしているのがモミジバフウ。ごま団子?みたいなのはモミジバスズカケです。固そうに見えるけど、なかにはふわふわの毛のような種子が入っています。いずれも、風で遠くへ飛ばす仕掛けがあって、強風なら100mくらいは飛びそうです。


紅葉風景が終わると、訪問者はガクンと減って寂しくなり、スケッチファンも人の目を気にせずに専念できます。(長居植物園)


モミジバスズカケの実(ほぼ実寸)
タネ


まだ枝に残るセンダンの実
タネ 



タネ 



タネ 








半畳雑木林



●「半畳雑木林」オフシーズンに

 半月前にはハデな紅葉風景を見せてくれたナンキンハゼも葉を落として枯れ木になりました、これ以上成長したら困るので、根元近くでプッツンです。来年、芽を吹くだろうか。(アカン気がする) で、視界には4年目のクスノキが一本だけに。30分もあれば整理整頓できるのが「半畳雑木林」の気楽なところです。今年の一番楽しい場面は、この小さなクスノキでアゲハチョウが羽化したこと。食卓でその場面を観察できました。 来年も見られるかな?


来年春まで、この風景です。
zoukibayyasi 


食卓で蝶の羽化を観察した。(6月18日)
 雑木 





半畳雑木林



●ナンキンハゼの紅葉

 久しぶりの「半畳雑木林」画像です。今年の雑木林は、ナンキンハゼとモミジバフウの二種類共演で紅葉を楽しむつもりでしたが、モミジバフウがなぜか成長せず、ナンキンハゼの独演になりました。植木鉢七つに、一年生、二年生、合わせて約20本による紅葉風景です。二年生は約1メートルに成長して不安定になり、鉢が小さいので少しの風でコケてしまう。これ以上の成長はアウトです。
 上手く写せないけど、午後の陽光で逆光になると紅の葉がきれいに映え、殺風景なベランダがちょっぴり華やぎます。


ナンキン 


ナンキンハゼ




南京 



ナンキン 







半畳雑木林



●食卓に蝶がいる風景  ~半畳雑木林余聞~

 植木鉢のクスノキにアオスジアゲハが卵を生みつけ、サナギになった事はすでに書きました。見つけたサナギは合計8匹。無事に蝶になるか、見守ったところ、全員羽化して娑婆へ飛び立ちました。

 最後の一匹は食卓で羽化するシーンを観察。蝶の羽化を間近に見るのは初体験です。前夜にサナギはきれいな緑色から黒っぽい色に変わり、午前6時30分ごろ、殻を破って出てきました。その間、わずか2分くらい。羽根を広げて身なりを整えるまでは10分くらいかかります。
 その後、数時間はじっとしています。世間にデビューする前のウオーミングアップらしく、近づいても逃げません。


すぐ近くに大きなクスノキがあるのに、わざわざ狭いベランダの植木鉢のクスノキに来るなんて、蝶にも貧乏性がおるのであります。飛び立った彼らは、羽化の場面を思い出して言うに「殻からにゅると身体をせり出したら、目の前に「金麦」って書いてあるじゃん。ぐえっ、うちら、ビールで育ったん? そんなアホな。だったら、プレミアム モルツにしてほしかったわ。なに、植木鉢の家主は年金暮らしやから金麦で精一杯やて? 嗚呼、親は貧乏性、家主も貧乏たれで、先が思いやられるわ」



きれいな緑のサナギが・・・
アゲハ羽化 


前夜に黒っぽく変わります。
羽化


殻を破って出てきた。缶がツルツルで、滑って前進しにくい。
羽化 


ぐわんばれ、もうちょっとや。
羽化


無事、デビューできました・・けど、ここって家の中かい?
羽化 



ビールはもういらん。あの・・うちもコーヒーもらえません?
羽化







半畳雑木林



●幼虫がサナギになった

 鉢植えのクスノキにアオスジアゲハが卵を産み付け、それが幼虫になったところを発見・・の記事を先日載せましたが、今朝、そのうちの一匹がサナギになっていました。鳥や他の昆虫に見つからないため?に葉っぱのような外装になっています。そのリアルな表現力に感心します。外敵除けに、洗濯用ネットを木にかぶせてあります。蝶々になる場面が見られたらラッキーですが・・・。


アゲハのサナギ


洗濯用ネットで保護・・のつもり
アゲハノサナギ 






半畳雑木林



●「半畳雑木林」に蝶の幼虫

 発芽4年目、半畳雑木林では一番サイズが大きいクスノキの葉っぱが盛大に食べ荒らされているので、よ~く見たら幼虫が6匹見つかりました。ネットで調べると、アオスジアゲハの幼虫です。

 昨年の夏に来たことがあるので、今年もやってきて卵を産み付けたのでせう。クスノキの蒸溜成分は「樟脳」という防虫剤の原料になるので、虫が寄りつくことは矛盾しますが、アゲハチョウは例外らしい。(詳細不明)


たった一本の、鉢植えのクスノキを選んで産卵するなんて、蝶にも変人がいるのか。もしや、ベランダなら鳥に見つかりにくいかも、という発想で産卵したのなら頭が良い。鳥のエサになるリスクが小さいということです。無事に成虫(蝶)になるかしら?


鉢植えのクスノキ 高さ約50センチ
幼虫




由注 



幼虫 



食べられてしまった葉っぱ
幼虫 


大量のフンが散らばってる
幼虫 









半畳雑木林



●「ベランダ雑木林」が増えたら嬉しい

 貧乏趣味の極めつけ「半畳雑木林」のことを産経新聞に投稿したら、5月15日の「談話室」に掲載されました。一万人くらい読んでくれて、そのうちの10人でも、いちびりで「やってみようか」とマネしてくれたら嬉しいですね。園芸趣味でなく、未経験者が単純な好奇心ではじめて欲しい。
 文末に「認知症の予防にもなるのでは、と思っている」と書いてますが、都会暮らしの高齢者は日常生活の中で「新しい生命」と出会うシーンがない。だから、こんな些細なことでも、ボケた脳を刺激する新鮮なデキゴトになります。ナマの生命と付き合う面白さは、どんなに優れたゲームより勝ると思っています。


<「談話室」掲載文>

 アパートの狭いベランダの畳半分ほどのスペースに植木鉢を並べ樹木を育てている。クスノキ、クロマツ、ナンキンハゼ、クルミ、モミジバフウ、コナラ、ユーカリなど十数種あり、名付けて「半畳雑木林」。殺風景なコンクリートの空間に緑が映えて、ちょっぴり癒やされる。


 こう書けば園芸を趣味にしているようだが、そうではない。道端で拾った樹木の種を植木鉢にまいたら芽が出るだろうか、という好奇心がきっかけだった。だから、運良く発芽しても、水をやるだけで手入れはしない。むろん失敗も多い。種は近所の公園やハイキングコースで拾う。クロマツの種は奈良の法隆寺の門前で拾った。
 多種多様な樹木の種が発芽し、成長する姿は新鮮で、いとおしい。生命とのふれあいは、認知症の予防にもなるのでは、と思っている。


<半畳雑木林>の情報は、右のカテゴリー欄<半畳雑木林>でどうぞ。


産経投稿




まずは「拾う楽しみ」からはじめる半畳雑木林
産経


夏場の半畳雑木林(昨年)
産経







半畳雑木林



●「半畳雑木林」に春がきた

 今年で4年目になります。去年はナンキンハゼとモミジバフウがきれいに紅葉したので、調子に乗ってこれらの鉢を増やします。
 2枚目の写真のクロマツは、昨年、なんとか発芽したものの成長せず、5センチくらいのままで年を越しました。このまま枯れると思っていたところ、先月から新しい芽を出し、生気が戻ったという感じです。もう一つの「テーダ松」も枯れそうだったのに、再度、成長をはじめました。捨てなくてよかった。(右のカテゴリー欄「半畳雑木林」で四季の様子を伝えています)


モミジバフウの発芽
もみじばふう2015



クロマツは法隆寺門前の広場で拾ったもの。タダの土産です。
くろまつ2015春





半畳雑木林



●「半畳雑木林」紅葉見ごろ

 ナンキンハゼとモミジバフウがきれいに色づきました。アパートの日当たりの良くないベランダで鉢植え、という悪条件でも紅葉シーンが見られます。盆栽と違い、水やり以外なんの手入れもしなくても、自らデザインしてるかのような樹形になっています。究極の貧乏紅葉見物です。


半畳雑木林紅葉2014 


テレビ画面の紅葉風景と一緒に・・と思ったが、うまく写りませんでした。
半畳 


ナンキンハゼ
半畳 


モミジバフウ
半畳



長居植物園のモミジバフウ
半畳 





半畳雑木林



●アオスジアゲハも来ました

 先日、半畳雑木林にキアゲハがやってきて「あんたも貧乏性やなあ」と同情したところですが、今日はアオスジアゲハがご来場。このあたりの蝶々は貧乏性ばっかりかい?と怪しんでるところです。
 念のため、「アオスジアゲハ」で検索すると、幼虫のころはクスノキの葉っぱを食べるとあって納得しました。ベランダのすぐ近くにクスノキがあるからです。この蝶々も団地暮らししていたのかな。


アオスジアゲハ 



半畳雑木林



●暑中お見舞い申し上げます。


半畳雑木林に珍客

 今朝8時頃、アゲハチョウが羽根を休めているのを見つけ、そろりと近づいて写真を撮りました。羽根が黄色だから、キアゲハ? 2時間くらい滞在していたので、居心地は良かったのかもしれない。

 近所に庭のある住宅がたくさんあるのに、なんでわざわざ「半畳雑木林」にステイ? あんたも貧乏性やなあ・・と、チョウさんに同情する駄目男でありました。



アゲハチョウ 



アゲハチョウ 







半畳雑木林



●夏姿「半畳雑木林」

 手間も金もかけない貧乏趣味「半畳雑木林」今年発芽したぶんも何とか育って元気に葉を伸ばしています。下の写真に写っていないユーカリとクルミは成長しすぎて、ただ今はフレームの外に置いてあります。一度、成長が止まったように見えたクスノキは鉢を一回り大きなものに変えると元気を取り戻しました。樹種は全部で15種類くらいあります。


半畳雑木林 



半畳