京快道ガイド



●田園風景消滅・・枚方市楠葉中之芝

 拙著「京快道」ガイドで紹介している京阪電鉄沿線の希少な田園風景が宅地開発のために消えてしまいました。楠葉~橋本駅間の線路のそばに田んぼが広がる長閑な風景でした。
 枚方市が約9㏊の規模で開発をすすめており、今年中には外形が出来上がるのではと思います。田園風景が無くなったのは残念ですが、計画では敷地の三分の一、約3㏊を使って「史跡公園」ができる予定で、これは救いになります。商業施設も出来るので、田園風景が一挙にモダンな住宅街に変身しますが、隣接する橋本駅近辺には戦前建築の元遊郭街の家並みが残っており、ニュータウンからウオークインすると、タイムスリップしたような感覚で戸惑うでせう。



田んぼが消えてしまった・・
楠葉再開発




楠葉



開発計画図 右手ブルーの部分が史跡公園予定地
楠葉 



昔の遊郭街の面影を残す橋本駅前の町並み
楠葉 







スポンサーサイト

★京快道

●歩きませんか、京都まで・・「京快道」てくてくガイド発行

 久しぶりに快道メーカーの出番です。京快道は1998年に発行した「さざなみ快道」(廃版)をベースにしたショート版です。大阪中之島ロイヤルホテル前から京都出町柳まで66キロを案内します。なが~い散歩道なので、スーパープロムナードとカッコつけてます。
 さざなみ快道との主な違いは、旧東海道の宿場であった、守口、枚方、淀、伏見のうち、守口と淀の町歩きコースを加えたことで、四宿場すべてを通過します。東海道が五十七次だったことを知らない人には、ちょっぴり新鮮な情報かもしれません。あと、伏見稲荷のお山巡りコースなど、細部でちょこちょこ変更しています。歴史街道とちがい、筆者の好みでカンタンにチェンジできるのが自家製「快道」のいいところ、いや、ええ加減なところです。


標準日程は6日間。一日の行程は7,5~13キロ。のんびり歩けます。終点の出町柳は「鯖街道」の起点です。元気人は若狭小浜を目指して下さい。

今回は、面白半分に「京快道八景」なるものをつくってみました。

●快道メーカーが勝手につくった『京快道八景』
 京快道66キロのコースで出会う風景の中から、これは地域のキャラクターになりそうと思う場面を選んで「八景」を名乗ってみました。コース地図の原稿を描いたあとで思いついたので、ガイド本文には説明がなく、写真のみ添付しています。名前に似合う写真がなくて、古いのを使ったり、間に合わせで撮影したりで、お粗末なものですが、とりあえずアップしておきます。風景写真が趣味の人には興味のもてるテーマではないかと、勝手に思っています。


■第一景 中之島のアーバンシーン
八景


■第二景 淀川の大観
八景  


■第三景 東海道五十六次 枚方宿の町並み
八景


■第四景 三川合流 背割り堤の桜並木
八景


■第五景 伏見の濠川と酒蔵街
八景


■第六景 御陵の森の深緑道
八景


■第七景 稲荷山の千本鳥居道
八景


■第八景 祇園花街と白川の清流
京快道 八景



******************************


●頒布をご希望の方には・・・
B4サイズ・白黒コピー(表紙とも全8枚)でお分けします。原図は2,5万地形図を使っています(国土地理院承認済み) 代金は送料とも500円(後払い・切手代用可)

●お問い合わせ・ご注文は・・・

kai545@violin.ocn.ne.jp

電話・ファクス 06-6692-1340 小西 へお願いします。 
  

第4日目・京阪橋本駅~巨椋橋の地図です。(地図はB4サイズ)
削除不可・京快道地図 
 

*************************** ***