★なにわ快道 5600m ー 日本最長の連続商店街


●なにわ快道「商都コース」から・・

5600m 日本一長い「連続型商店街」写真ガイド

 「なにわ快道100キロガイド」では、100キロのうち、10キロが商店街を歩くコースになっています。その地図原稿をつくってるときに、上のタイトルのような、超長距離の商店街コースを発見しました。


天神橋筋商店街を同一名で統率された「単独型で日本最長の商店街」とすれば、こちらは複数の商店街を連ねて一筆書きコースに設定する「連続型で日本最長の商店街」と言えます。その距離は天神橋筋商店街の2倍、5600m。これを「日本最長」といえるかどうか、まだきちんと検証したわけではありませんが、一筆書き(同じところを二度通らない)の条件をクリアするのはかなり難しいのではと思います。さらに、物理的距離だけでなく、歩いて楽しいという、観光価値も条件にすれば、これを凌ぐ商店街はなさそうに思えるのですが・・。もし、情報をお持ちの方は教えて下さると助かります。


さて、どこからどこまで歩けば5600mになるのか。答えは、駅名で言えば、地下鉄本町駅~天王寺駅になります・・と書けば想像できるでしょうか。日常生活では、本町から天王寺まで歩いて行こうなんて考えませんね。それを非日常モードに切り替えると、楽しく、ときに探検気分で歩ける。そこがこの企画の狙いです。じっさい、一日のうちに心斎橋筋とジャンジャン横町を訪ねた人なんていないでしょう。


(注)「なにわ快道100キロガイド」で案内しているコースは、心斎橋~道頓堀間でアメリカ村や堀江、湊町も経由しているので、ここに紹介するコースとは若干異なります)

では、ご案内。
(この商店街は知ってる、知らん、とチェックしてみて下さい)

スタートはここです。中央大通りの船場センタービルのきわから
「せんば心斎橋」へ。東側に「丼池筋」があります。
5200mー1  

心斎橋商店街、実は三つに分かれていて、北から「せんば心斎橋」
「しんきた心斎橋」心斎橋筋商店街」が続いています。長堀通りから南側が
「心斎橋商店街」です。
5200m2 

長堀通りの北側は、正しくは「しんきた商店街」です。
5200m3 

道頓堀商店街 ここ知らん人はモグリですね。
52んm5 

法善寺横丁にも寄ります。
5200m6  

水掛不動にもお参りしませう。
5200m7 

千日前商店街 
5200m8 

おなじみ、よしもとの前を通って
5200m10 

「道具屋筋」へ入ります
5200m9 

すごい品揃えに見とれてしまいます。
5200m11 

道具屋筋を抜けたら「なんさん通り」です。
5200m12 

ちょっと東へ行けば、日本橋三丁目の交差点。 
このあたりで変わらない風景は立派な高島屋別館だけになりました。
5200m13 

オジン、オバンには縁のない街になってしまった、日本橋でんでんタウン。
「昭和は遠くなりにけり」実感させられます。
5200m14 

通天閣へのアプローチは「通天閣本通り商店街」です。
新世界界隈に四つか五つの商店街があり、ややこしい。
5200m15 

「大阪コテコテ文化センター」でございます。
5200m16 

ジャンジャン町(横町) このハイカラな看板を見よ
5200m17 

LEDの電飾なんかもつけて・・ジャンジャン横町、時代に追いついております。
5200m18 

人気の高い串カツ屋には行列ができます。
成長度ナンバーワンは「だるま」でしょう。
5200m19 

JR高架下商店街? 昔のようなションベン臭さは無くなりつつあります。
5200m20 


多くの大阪市民にとって、この先は「未知の世界」
「動物園前1番街」本名は「飛田本通り」と申します。
5200m1 

1番街と2番街の切れ目。ここは、昔の南海電車が横切っていました。
5200m 

2番街もそこそこにぎわっています。
5200m 

2番街から脇道へ入ると「オーエス劇場」ここの場末感はなかなかのものです。
5200m 

「本日午後は休演 バルサン使用中」 の張り紙が。ゴキブリ退治のために
休演というのが、なんか笑えます。
5200m 

本通りを左折して「新開筋商店街」へ入ります。
一挙に昭和30年代に戻ったような・・。
5200m 

いい感じですねえ、この光景。この通りの右手が24時間営業の飛田新地。
ご用心。
5200m 

古い建物の好きな人に人気の「鯛よし百番」
悪趣味も度を超すと感動してしまうという、過激インテリアが売り物です。
「なにわ快道」100キロ完歩の打ち上げ宴会にはぜひ訪ねてほしい店です。
(未成年者は連れて行かないように)
5200m 

新開筋商店街を抜けると、おおお・・別世界の風景。
5200m 

再開発のビルにも「あべのマルシェ」商店街が続きます。
残念ながら、おおむねシャッター通りになっています。
5200m 

上町台地の勾配が通路に現れて、こんな風景が・・。
5200m 

マルシェに続く「ポンテ」を抜けたところで商店街が終わります。本町から
5200m、ずいぶん歩きごたえのあるコースです。
土地勘のない人は、ここがどこなのか戸惑うでしょう。
天王寺駅まで6~7分です。ごくろうさまでした。
5200m 


■観光振興に生かしたい、大小「日本一の商店街」

 大阪には、単独、連続、それぞれで日本一長い商店街がある。さらに、日本一短い商店街(肥後橋商店街)もある。スケールの大小において三冠王というわけです。これを「商店街観光」のネタにして観光客を増やせないだろうかと思っています。

 上に紹介した5600m商店街は、「心斎橋でショッピング」の常連さんはゼッタイに歩かないコースですが、他府県からの観光客や外国人にはとても刺激的で興味津々のコースだと思います。大阪でしか体験できない商店街歩きは、楽しい土産話、自慢話になるのではないでしょうか。あとは、どうしてお金を使わせるか、が課題です。

大阪人でも、西成区の飛田本通りなんて、ほとんどの人には「未知の世界」でしょう。単に、おしゃれとか賑わってるとかだけでない、ディープなシーンも知ってもらいたいと思います。5600mが長すぎるのであれば、観光コースとして、新世界を終端にしても良いでしょう。(4000m程度になります)
 

スポンサーサイト