fc2ブログ

お知らせ

お知らせ・ニュース
05 /04 2021
 

お知らせ・・ブログは引っ越しました
 このたび下記の<はてなブログ>に引っ越しました。内容丸ごと引っ越すワザがないため、新規登録者として一から再スタートです。投稿の書式はどの会社でも同じようなものと安易に考えていたら大違いでオタオタしています。なので、当分のあいだは原稿のストックがある「読書感想文」を再掲載しつつ、書き方の練習をします。何年続けても初心者レベルのままでした(汗)。

 タイトルは<今日もニコニコ現金払い>。自分の時代遅れぶりを表しています。興味あれば訪問して下さい。当ブログの<拍手ボタン>ははてなにもあって、文末の左下の黄色い★印(カラースターという)を押します。文章の書き込みはできません。

 当ブログ<快道ウオーキング~浪花閑人帳>は今回で更新を停止します。永らくご愛読いただき、ありがとうございました。みなさまのご多幸をお祈りします。

引っ越し先
今日もニコニコ現金払い (hatenablog.com)
スポンサーサイト



お知らせ・・・・

お知らせ・ニュース
04 /17 2021

******************** 
お知らせ・・ブログはしばらく休載します
  4月末頃までの予定で記事を休載します

******************** 

続きを読む

ウオーキング・観光

ウオーキング・観光
04 /04 2021
 

「亀の瀬地滑り資料室」見学
 人混みなしのウオーキングを、にぴったりの超地味見学記。大阪と奈良の境界、大和川沿いの山腹で起きた大規模地滑りの記録を公開する小さな資料室を訪ねました。普段は非公開なので事務所に「開いてますか」と確かめて出かけます。こんなとこ知ってるのは相当の物好きです。

 しかし、この地味施設が脚光をあびることになった。亀の瀬での長年にわたる自然の脅威との戦いの歴史が令和二年「日本遺産」に選ばれたのです。と書いても大方の人は「なんのこっちゃねん?」でありませう。地震や台風に比べたら「地滑り」って自然現象は地味でニュース価値が乏しい。しかし、この亀の瀬の地滑りは規模が大きく、タチが悪い点で日本一かもしれない。それを人間の知恵と技術でどう克服したか、に興味がありました。

 過去数百年間、大きな被害を生んできた地滑り対策工事のあらましを知ることができます。1960年から50年間かけての大規模土木工事で費やされた費用は何千億円というオーダーになる。しかし、もっぱら、ひたすら地中の工事なので地表を見ても何をどうしたのか想像ができない。このたびの「日本遺産」選定は何より困難な工事に携わった技術者や作業員への畏敬の念の表れだと思いたい。

 現場はJR大和路線の河内堅上駅と三郷駅との中間で両駅間の道はハイキングコースに適した静かな田舎道。但し、途中に休憩できる公園やトイレがない。今回の日本遺産指定でそういう観光施設の整備が進めばよいのですが・・。

線路沿いの道を進む
亀の瀬
 
地滑りで亀裂ができた山腹の果樹園の写真
亀の瀬

地中に浸透した水を集め、流す排水トンネル
亀の瀬

アートシーン 

アートシーン
03 /30 2021
 

Oさんの趣味、石絵続けて5年
 久しぶりにOさんに会って写真の石絵作品を頂戴しました。初期に比べたらずいぶん上達してもう「作品」と呼べるレベルです。
 愛犬愛猫を亡くした人から写真を借り、リアルなポートレート?を描いてプレゼントします。普通は写真だけを思い出の印にするものですが、立体の石に描くことでリアル感が強まるのでみなさんに喜ばれています。代金は?・・無料だそうです。一つ描くのに数時間、またはもっと時間がかかるものもあり、労作そのものですが、お金はいただきません、が彼の主義なので収入はゼロです。

 住まいは豊中市で自宅近くを流れる千里川の河原で「絵になる石」を探すことも楽しみだそう。、良い石は見たとたんに描く犬や猫の姿をイメージできるという。この話を聞いて、昔読んだつげ義春の漫画を思い出した。超貧乏の男が河原の石を陳列して商品として売る話で、もう究極のミジメ物語です。これに比べたらOさんは石に絵を描いて無料でプレゼントするのだから100倍はエライ。無料であることの自己満足とプライド・・これは理解できます。趣味で描いた絵画作品を友人にプレゼントすることに似ているけど、彼の場合、無料であっても注文に応えて描くという点が一方的な作品のばらまきと異なる。

 犬や猫だけでなく「こんなの、どない?」と見せてくれた「試作品」がモロ共感できる面白いもので、また楽しみが増えました。石ころを凝視することでひらめいた面白作品、脱犬猫のアートになるかもと期待しています。


石は絵の具を吸い取ってしまうので5回、10回と塗り重ねる。
石の絵

石絵




アートシーン

アートシーン
03 /26 2021
 

図書館で落語会

 ときどき紹介している「まちライブラリー@もりのみや」でアマチュアの落語会があったので拝見。下の写真のように閲覧室に演台を設け、コロナ対策で樹脂のガードもセットしての落語会。大阪府池田市が素人落語家の育成に熱心で、猪名川亭水車とかテキトーな芸名をつけてのお披露目です。
 プロに比べたら話術はガタ落ちですが、そこは熱演で点数稼ぎ、そこそこ笑いをとっていました。おなじみ「寿限無」を演じた人もいたけど、話のテンポがイマイチというだけでぜんぜん面白くない。プロと素人の差を実感しました。みなさんも一年間はコロナのせいで活躍する場がなくなっていたので、よい機会になりました。観客はおよそ20人。

DSCN2872 (2)

閑人帳

閑人帳
03 /20 2021
 

懲りない面々のいんちきメール
 下記のようなメールを信じてしまい、詐欺被害を受けてしまう人がいるのか。99,9%の人は大丈夫と思うけど、千人に一人くらいは騙される、または土壇場で気づいて助かるというケースがあるかもしれない。詐欺師の標的は正常人と認知症の境目あたりの人かも、と想像します。しかし、最近は詐欺師もいろいろ学習して作文が上手になっており、うっかりミスを誘う文章にも「こなれ」ができてきたように思えます。ご用心。

**************************
<以下が詐欺メール>
件名: 【楽天市場】注文状況が変更されました 2021/03/20 5:20:15

kai545様
  お客様の注文と楽天アカウントを変更させていただいております。請求先住所が変更されたなど、理由で発生する可能性があります。アカウントにログインして画面の指示に従うことで、アカウントの停止状態を解除していただけます。  下記にあるタブをクリックしていただき、注文情報をご確認または変更。

[注文番号] 674924-20210319-201
[店舗受付日時] 2021/03/19 5:20:15
[お支払い方法] クレジットカード決済

※クレジットカード番号・有効期限の入力に間違いがないかご確認ください。
※クレジットカードが利用いただけない理由については、ご利用のクレジットカード会社までお問合せください。下記連絡先までお電話でご連絡をいただきますようお願いいたします。

<ご連絡先>
楽天カード株式会社
信用管理グループ モニタリングチーム
電話番号 : 090-3034-1000 (受付時間:日本時間9:00 - 21:00)
※海外からの連絡の場合 :
81(国コード)-090-3034-1100
※海外からコレクトコールでの連絡の場合、
渡航先でのコレクトコール受付電話番号にご連絡いただいた後 :
81(国コード)-090-4740-3240
楽天株式会社  
**************************

この文案での詐欺師の致命的弱点は電話番号をケータイにしていること。こんなのありえないけど、固定電話にしたら発信場所を突き止められるから苦しい。念のために調べたら、ホンモノの楽天カード(株)ではカードや支払いに関する問い合わせは、本社、各地営業所でも一切受け付けていない。

プチ・ケチの研究

プチ・ケチの研究
03 /19 2021
 

百円ショップのお買い得品
 近所に「CAN DO」の店がオープン。百円ショップは「大創」の一人勝ちかと思っていたら「セリア」もがんばってるみたいだし、この「CAN DO」はひょっとしたら売り上げで第三位かもしれない。商品には100円以上のものも結構あって、たとえば直径20センチくらいの掛け時計が300円、というのは納得価格でせう。

今回買ったのは水道蛇口の「シャワー水栓」と「掃除機のすきま用ノズル」。シャワー水栓はホームセンターでは同程度品が400円くらいするのでお買い得。おそらく国内他社の製品をそっくりコピーして中国でつくらせているのではと想像します。パーツは10点くらいあり、これを原価30円くらいでつくるのは難しいから「赤字すれすれ商品」の一つと思われます。

「すきま用ノズル」こんなものがどうして百円ショップになかったのか、不思議に思いますが、なぜか今まで見かけなかった。ノズルの一部が蛇腹式で曲げられるのがウリ、かつ、長さも2本つなぐと1メートル近くあるので重宝です。気にはなっても掃除しにくい洗濯機や冷蔵庫の下のホコリがとれます。「ルンバ」は万能ではありませんぞ。

100enn syoppu

100yenn

100enn


閑人帳

閑人帳
03 /15 2021
 

20世紀の三悪人
 大阪城公園内の「ピースおおさか」で「生と死の間で ホロコーストとユダヤ人救済の物語」というテーマの展示会を見学した。ナチスのユダヤ人皆殺し計画のもと、徹底したユダヤ人捜索が行われるなか、なんとか生き延びようとする庶民を救済した「正義の人」の活動を記録したもの。

 ナチスに関する読み物は「アンネの日記」と「夜と霧」の2冊しか読んでいないので知識は乏しいが、当時のユダヤ人にとっては「命がけのかくれんぼ」体験だった。この展示で語られる「正義の人」と同じくらい、いや、もっと多くの「密告者」がいたからである。親戚にさえ密告者がいるのに、自分の命を捨ててでも他人を救おうとしたアカの他人もいた。他人どころか、他国人もいた。

 もう80年も昔の、ある国の、ある村であった小さな出来事を実名をあげて記録する。それを、当事者が全部亡くなった今、まるで、ついこの間の出来事のように伝える。主催者が伝えたいのは正義の人の美談ではなくナチスへの告発である。今のドイツ人にすれば「背中がぞぞぞ~」となる、やりきれない催事だ。しかも、欧州だけでなく、遠い日本でも出張展示する。

 この執念は「敵味方問わず、年月を経れば水に流す」日本人感覚では理解しがたいような気がする。日本国民の発想でアメリカや欧州で「原爆展」を催すとしたら国民の何割が賛成するだろうか。今更、何を言うか、という否定的反応が多いはずである。しかし、ホロコーストの被害者、遺族はなお告発をやめない。されど、問題の深刻さを考えたら、日本人感覚での「そろそろ矛を収めたら・・」の発想は安直という気がする。

 dameo の考える「20世紀の三悪人」とは、ヒトラー、スターリン、毛沢東である。この三人に共通するワルの内容は無抵抗の自国民を数百万人~数千万人殺害したことである。侵略や戦争で他国人を大量に殺したのではない。そして、どうにも理解しがたいのは、同胞を大量殺害した毛沢東が「英雄」として崇められていることである。(同展は3月30日まで・無料)

ピースおおさか


ウオーキング・観光

ウオーキング・観光
03 /13 2021
 

満開・・淀の河津桜並木
 京阪淀駅から西へ10分ほど歩くと細い水路があり、その岸に河津桜の並木がのべ300~400mくらいあります。地元の有志が育てているもので、まだ20年くらいしか経っていないから大木はないけど、色彩が派手なぶん、見栄えがします。見物人はほぼ地元の方ばかり?で至って地味な存在。住宅街だから駐車場がなく、徒歩か自転車でくるしかない。「河津桜の名所」として宣伝すれば地元住民とのトラブル発生必至です。

 なのに・・です。現場に一時間ほどいた間に少なくとも10人の外国人に出会った。半分くらいが中国人の若いカップル。みなさん、どうしてこんな超マイナーな観光スポット情報を見つけたのだろう。「桜」を入力するだけでここが出てくるのだろうか。ただいま入国制限中だから在日の学生や労働者かもしれないけど、関西で「河津桜並木」は珍しいから良い思い出になったと思います。

淀さくら







淀さくら

ウオーキング・観光

ウオーキング・観光
02 /25 2021
 
満開・・・大阪城公園梅林
 昨年と一昨年は夏の猛暑が災いして花が咲かず、見物客をがっかりさせましたが、今年はほぼ順調です。満開のピークは27~28日ごろと思われます。それに、数年ぶりに見物客がほぼ日本人オンリーの状態になりました。外国人は1割未満でせう。コロナのせい? コロナのお陰? う~ん・・。

 今年はメジロの数が多くて、なんだかメジロ撮影会みたいな光景があちこちで見られました。全然人間を怖がらないというか、最短50センチくらいで撮影でき、ガラケーの人は大喜びです。望遠レンズ持ってる人はカッコイイ写真がたくさんとれたと思います。(2月24日)


梅林2021  

梅林


梅林


梅林 


閑人帳

閑人帳
02 /23 2021
 

コニシ(株)元本社を見学
 かねてより内部を見学したいと思っていたビル街の木造建築。内装工事が終わってようやく見学可能になりました。近隣には緒方洪庵の「適塾」や大阪市立愛珠幼稚園など古い木造建築がありますが、コニシはほんの2年前までオフイスとして使っていたのがとてもユニークです。「番頭と丁稚」時代の雰囲気が残る建物でパソコン使うのだから、新入社員は慣れるのに苦労したでせう。

 創業は1870年(明治3年)近江出身の小西儀助が薬種商をはじめた。近隣には同業者がたくさんいて、近江屋(武田)長兵衛、田辺五兵衛、塩野義三郎などは後に日本のトップ製薬メーカーに成長する。小西も順調に業績を伸ばしたが、洋酒やビールの開発を目指した積極経営が裏目に出て借金まみれになった。その苦境を救ったのが奉公人だった北村伝次郎で、彼の努力でピンチを脱し、その功績で二代目の小西儀助となった。(婿養子になった)

 奉公人の一人に鳥井信次郎もいた。後に洋酒の開発に成功し、サントリーの初代社長になったことはご存じの通り。この縁は今も続いていて、サントリーにとってはコニシは先輩企業に当たり、お互い、礼を尽くした交流が続いてるという。この話は知りませんでした。

 コニシといえば木工用ボンドのメーカーとして知られているが、この商品だけの知名度が高すぎて困っているというのが実情らしい。自分もながらく中小企業だと思っていた。実際は年商1300億円の東証一部上場企業だった。
 
見学は下記のネット予約で可能。一回、10人未満しか受付ないので注意。
        http://www.bond.co.jp/konishishiryoukan/


場所は堺筋と道修町通りの交差点の角。
後ろの黒い高層マンションは元三越百貨店の敷地に建っている。

コニシ

二代目 小西儀助

コニシ 

昔の客間を復元した
コニシ


アートシーン 

アートシーン
02 /17 2021
 

原田慶太楼の「新世界」を聴く ~Eテレ・クラシック音楽館~
 カタブツN響にしては珍しい・・まだ実績のない若い指揮者を登用して「新世界」を演奏した。コンマスが「まろ」なので軽い扱いではないのだろうと判断した。ご本人は絶好のチャンスとものすごく意気込んだことでせう。ルックスも悪くない(政治家の石破茂氏に似ているという評判だけど、石破センセよりハンサムです)ので人気高まるかもと予想します。

 クラシック音楽ファンでなくても十分耳タコの名曲をどう振るか。演奏前のインタビューで「私のアイデア(解釈)であたらしい新世界をお聴かせします」と語っていたので、パソコン使いながら背中で聴いた。スローなところは丁寧すぎるくらいゆっくりと、フォルテはビシッと決めて、楽譜のオタマジャクシ、全部耳に届けますよ、という感じのメリハリのきいた演奏で好感がもてる。でも、それだけなら彼でなくてもできる表現だ。

 ??・・むむむ、これが新アイデアかい?と思ったのは、第一楽章と第二楽章のあいだ、休みナシで演奏したこと。(ふつうは10秒前後の空白をつくる)この「楽章間スキマナシ演奏」のアイデアを第三楽章と第四楽章の間でも用いた。休んだのは二~三楽章の間だけだった。これって、たしかに新案ですね。
 コーダ(終曲)をどうカッコよく表現するか、あれこれ考えて選んだのは「思いっきり、伸ばす」だった。彼にしたら「どない? こんなに丁寧に演奏しましたよ」のメッセージだったろう。(昔はフォルテで短く収める演奏が多かった)その効果ありで、音が消えてから拍手が起きるまでの無音時間、この曲の演奏では最長だったかもしれない。「まろ」さんの指導よろしく、オケは新米指揮者に本当に真摯につきあったこと、視聴者にも伝わりました。幸福感に満ちた演奏でした。

 話変わって、N響の男性奏者のネクタイがすべてシルバーだったのはなぜか。偶然でこんなことはあり得ない。かつ、シルバーであっても柄はバラバラだから楽団の支給物ではなく、メンバーの私物にちがいない。ならば、指揮者の要望で?かけ出しの指揮者がそんな厚かましい要求はできないはずですけどねえ。

 そこでdameo は想像した。指揮者、原田はコンマスの「まろ」にもみ手しながら「あ、あの、誠に勝手なお願いです。視覚的に統一感を出すために、ネクタイのデザインを揃えたいのですが、センセからお伝えいただけないでせうか、モジモジ」 「まろ」はぎょろりと目をむいて「お前、新米のくせにエラソーなこと言うやないか。ネクタイの色をそろえても演奏が上手くなるはずないやろ、アホちゃうか・・。そやけど、ま、今はN響もコロナでヒマこいてることやし、きいたるわ。おい、者ども、本番ではシルバーのネクタイするんやで。なぬ、もってへん?100均で売ってるがな」で落着。原田ファンクラブの皆様、真相を調べてくれませんか。

 先般の読書感想文で紹介した佐渡裕と同じ「アカデミックな音楽教育をうけていない指揮者」のニューフェイス登場であります。佐渡に追いつき、追い越せの情熱秘めて精進してくださいまし。(Eテレ 2月14日)


石破茂に似てるって?・・原田慶太楼(36歳)
原田慶太楼

閑人帳

閑人帳
02 /15 2021
 


結露  



じわり・・浸透するMMT(現代貨幣理論)
 数年前から主にネット世論で話題にされてきたMMT(Modern Monetary Theory)はほとんどの国民が知らない間に事実上経済政策に取り込まれているのではないか。世界に冠たる「借金大国」である日本が未だ財政破綻に至らないのはMMT理論の「意図せざる実践」のお陰?かもしれないと考えます。

 で、そのMMTって、何のこっちゃねん、でありますが、これを一言で説明するのはとても難しい。というか、そもそもdameo自身、ほとんど理解できていない(笑)。なのに、じわり浸透するMMTやなんて勝手に言って委員会?であります。

 MMTが国民に知れ渡らないのは、これに関してほとんどの政治家が語らないことと、マスコミもほとんどニュースにしないためですが、敢えて言うなら、政治家もマスコミも実はしっかり理解していないので公言しにくい。そういう側面もあります。いや、もっと大事なことを忘れてました。実は、経済界、経済学においても是と非が分かれていて、答えが出せないでいる。なのに、dameo がエラソーにMMTの是非を言えるわけがない。

 私たちが経済の常識としてわきまえてることは、たとえばこういうことです。「安定した生活を続けるには収入と支出のバランスがとれていることが大事」この発想で国家の経済を考えると、国家の経済も収入と支出のバランスがとれていることが大事」である・・となります。しかし、先日のニュースではこんな「国の借金」が報じられていました。(時事通信)

国民一人当たり983万円の借金
 国債と借入金、政府短期証券の残高を合計したいわゆる「国の借金」が2020年12月末時点で1212兆4680億円となり、初めて1200兆円を突破した。財務省が10日、発表した。同年8月1日時点の日本人の人口(1億2333万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約983万円に上る。(時事通信)
 
一時給付金、10万円は有り難いが・・
 素直に有り難いと受領した人も「国の税金で賄われたお金だから、いずれは消費税アップとか増税というかたちで返済を迫られる。そう思うと手放しで喜べない」

 この二つの記事と意見に「その通りや」と同感できる人はMMTをかじってみてはいかがでせうか。国家経済において収入と支出の良好なバランス(プライマリーバランス)にこだわる限り、1200兆円の借金の返済や10万円給付金の出処と負担をマジメに考えると、自分の今後の暮らし、日本国家の将来は絶望的でありませう。のんきにブログなんぞ書いてる場合ではありません。

 ここではwikipedia のみ紹介しておきますが、MTTで検索するとたくさんの情報が得られます。理解のキモになるフレーズは「自国通貨建てであれば政府債務がどれだけ増加しても、政府は通貨発行で当該債務の償還が可能なため債務不履行(デフォルト)には陥らない」でせう。そしてMMTの目下の仇敵は財務省です。

 この考えに同調する人と、反対する人、あまり目立たないけど、双方が侃々諤々言い争っているのが現状です。そして、この理論の壮大な実験を行っているのが現在の日本です。

 TVのワイドショーで取り上げればよいではないかと思いますが、キャスターほかスタッフがしっかり理解するには難しすぎるし、まず、視聴者にウケないこと確実です。NHKのEテレで解説したらどうか。これも賛否のバランスをとった解説はとても難しい。(自分が知らないだけで、テーマに取り上げた番組がすでにあったかもしれない)なんにせよ、国の財布の中身はどうなっているのか、借金1200兆円の日本って超貧乏国なのか・・MMTにちょっと触れてみませんか。

参考情報

閑人帳

閑人帳
02 /05 2021
 

◆ 白内障手術レポート (その3)

術前・術後 どう変わったか
 「視力はイマイチでも良いからメガネなしで暮らしたい」こんな勝手な望みを伝えての手術。直後の検査では視力が左右で逆転していました。手術前は左が乱視がきつくて0,3、右が乱視少なくて0,5でしたが、それが左が乱視減って0,4、右が乱視きつくなって0,3。新聞は左目の方が読みやすいと逆になりました。視力は向上せず、が現在の結果です。新聞文字読みでピントの合う距離は、以前は20cmくらいでしたが、40cmくらいになりました。(この先、多少の変化があるかも)

驚いたのは色の見え方。以前は、パソコンのスクリーンがなんとなく黄色っぽく見えていて、これは8年使ってるパソコンの経年劣化だと思っていました。それは間違いで「眼の劣化」のせいでした。 左目手術後は、左、右、両方の眼で見比べることができるから、このちがいは確認できます。LED電球の色は、より白っぽく見えます。青空の青さがやや濃くなったように見えます。近所の植物園で見ていたきれいな花々の色彩も今まではかなり「濁り」まじりの色でみていたわけです。それにしても「乱視を矯正せずに遠・近同じように見える」手術ってどんなワザをつかうのか・・想像できない。(注)すべての病院でこのような中途ハンパな手術をしてくれるかどうか、不明です。

一日に点眼32回・・術後のケアがたいへん
 手術後は一週間くらい目薬さして・・それで完結、と安易に想像していましたが、大ハズレでした。一回目の手術後、退院前に薬のケースを渡され、看護士さんは「この4種の目薬を、一日4回指して下さい。点眼は5分以上あけてして下さい。この○○という薬はよく振ってから指すこと」となにげに説明し、はいはいと生返事して帰ったのですが、なかなか面倒なことだと解りました。
 
 4種類の目薬を朝・昼・夕・就寝前 の4回さします。4種類の薬を続けてさすと混ざり合って効果がないので5分以上あけてさす。これが片目の場合で一日計16回。両眼の手術が終わると二倍の32回になります。なんか、一日中目薬さしてる感じです。「センセ、これ、いつまでやるんですか」「まあ、2ヶ月。まずい症状あれば3ヶ月」 あの手術時間の短さにくらべ、なんとヒマがかかるのか、とボヤキたくなります。

ケアをこんなに大層?にする一番の理由は細菌の感染を防ぐためだそうです。眼の働きが安定する前に細菌が入ると重篤な症状に至ることもあるらしい。点眼のときは手洗いはむろん、テーブルや薬の容器などもバイキンがつかないよう清潔に保ちます。(状態が安定するにつれ、薬の種類は順次減っていきます)

 以上がT病院で受けた白内障手術のあらましです。病院によって設備や技術が異なり、ケアの処方も一様ではないと思うので、あくまでT病院での手術例、参考情報として読んで下さい。白内障の治療は今でもどんどん新しい技術が開発されているらしく、さらに安全、快適な手術になると思います。20年前に手術した人の経験談はもう参考にならないかもしれません。無知な患者のレポートなので間違ったこと書いてるかもしれません。

質問等あれば画面下の【拍手ボタン】を押してコメント欄に書いて下さい。
内容は非公開です。返信要の場合はメールアドレスを書いて下さい

参考情報
http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/122/122-8/tanekinen08.pdf


4種類の目薬を、朝、昼、夕、就寝前 4回さします。
白内障

閑人帳

閑人帳
02 /04 2021
 


◆白内障手術レポート (その2)

手術はたったの10分で終了
 どんなマシンで手術するのか、興味ありましたが、ストレッチャーで手術室へ運び込まれるので天井しか見えない。定位置についたとき大型の顕微鏡みたいな機械がチラと眼に入ったが、すぐシートで顔面を覆われてしまい、わからずじまい。あとで看護士さんに尋ねると顔を覆うタイプの顕微鏡をのぞきながら作業するという。なるほど。

 麻酔は準備中に点眼で2~3回、手術中に注射で1~2回、チクリ感覚はあるけど痛いというほどでもない。一番驚いたのは、大型顕微鏡みたいな機械から発せられる強烈な光で、大目を開けて太陽を直視してるような感じです。わ、凄いな、と思ってると、閉じないようにクリップで強制的に開けられてる眼球にジョジョジョ~と殺菌、洗浄?の液体が注がれて、わ、目玉が溺れそう、とヘンな錯覚を起こしてしまう。麻酔は局部麻酔だから目玉以外は普通に感覚があり、話もできます。(しませんでしたけど)もし、麻酔効果が広範囲で長時間なら日帰り手術は難しいかもしれず、麻酔技術の進歩が白内障手術の普及に大きく貢献していると思われます。

 一回目は緊張して意識がワヤワヤでしたが、二回目の手術はやや落ち着いて受けたので音を聴きながら「これは古いレンズを粉砕して吸い出してる作業」とか「新しいレンズを挿入している作業」とか、感覚的にわかります。(パンフで手術の内容、順序を覚えておくと、時系列で現在の作業を推定できる)二回目は先生が「これで手術は終わりました」と告げたとき「ありがとうございました」と声を出す余裕がありました。・・と思っていたのに、看護士さんに「どうしたの、血圧180まで上がってるよ」と逆の状況を言われ、落ち着いてた、はウソでありました(汗)。

(注)直径10ミリのアクリル製人工レンズを角膜の3ミリの切り口からどうして入れることができるのか。不思議に思ってましたが、答えは「折りたたんで入れる」でした。中へ入れると樹脂の弾性で自動的にもとの形に復元するそうです。これらを秒単位ですばやく正確に作業するには経験の蓄積が大事です。眼科に限らないけど、手術実施件数が多い病院ほど高い評価を得ているのは、それだけ技術の蓄積があるからでせう。

 手術は、準備(60分)~手術(10~20分)~安静・ケアの説明・会計(40分)の合計で2時間程度で終わります。普通の白内障手術は「日帰り」が常識で、入院は重い疾患がある人に限られてるみたいです。手術費用は年齢と収入額によって大きな差があります。65歳以上の人で年金生活者なら、両眼で8千円~3万円程度です。術後のケアにかかる費用はかかりつけの医院での支払いになります。(1回500円~1000円ていど。のべ10回くらい?)

 気をつけたいことがあります。病院からの帰りは当然片目になります。視野が狭まり、遠近感が乏しくなって歩行には注意がいります。コケたら、失明とか大惨事になります。ゆえに、遠方の病院を選ぶと往来のリスクが大きい。足が弱ってる人は付き添いが必要です。また、手術した眼には看護士さんが美的配慮ナシで眼帯をテープでベチャリと貼り付けるため、そのまま電車にのると、みんな席をゆずってくれそうなくらいハデな顔面になります。気になる人は顔隠し用の帽子と大型のマスクを忘れないように。(つづく)


こんな感じの機器で手術する


白内障 


手術の順序
白内障 


 


閑人帳

閑人帳
02 /03 2021
 

◆白内障手術レポート (その1)

 老化による視力の低下は仕方ないとメガネで補正しますが、原因が白内障ならば手術で回復という方法もあります。dameo の場合、乱視が混ざった近視で視力は左が0,3右が0,5。おまけに一年くらい前から左目はモノが15度くらい右へ傾いて見えるという症状があらわれ、近所の医院でも、大学病院でも「治らない」と言われました。やむなく諦めましたが、時間がたつとあまり不便や不安を感じなくなりました。

 しかし、最近はブログの原稿を書くと、一行に一箇所は間違えるうえ、眼の疲労で長くても30分くらいしか作業できない。なので、近くの医院の医師に相談し、白内障手術を受けることにしました。以下はその体験記です。3回に分けて掲載しますので関心ある方はご覧下さい。

病院を選ぶ
(1)徒歩圏にある「手術のできる病院」を選ぶ。これがあれば最高です。手術も通院も徒歩で済む。時間、費用の節約効果も大きい。
(2)徒歩圏にある眼科医院で診察をうけ、手術は別の病院でうける。(3)知り合いや経験者に勧められて遠方の「手術のできる病院」で診察、手術を受ける。親切は有り難いけど、不便や負担も大きくなります。

dameo は(2)の例で、自宅近くのK医院で診察、検査を受け、紹介されたT病院で手術。術後のケアはK医院で行うので通院はラクです。この手術は術後のケアが大事なので「いつでも、かかりつけの医師に相談できる」環境をつくっておくことが大切だと思っています。T病院に限らず、紹介状のある客に比べて、一見客はやや不利な扱いを受けるのは病院の受け入れ態勢からして仕方ないかもしれません。(紹介状があると患者の基本情報が伝わるので、診察、検査が円滑に進みます)

レンズを選ぶ
 T病院では検査に二日、手術に二日を要します。手術は左右で二週間の間隔をおいてします。日帰り手術でも合計4日を要します。検査は視力検査を除いては初体験のものばかりで、何を調べてるのかよく解らないまま終了し、最後に希望のレンズを選びます。遠方中心のレンズ、近くが見えやすいレンズ、どちらかを選びます。メガネがいらない遠近すべてがシャープに見える多焦点レンズもありますが、費用の大半は自己負担なので両眼で70~100万円前後かかるという話です。(今後、一部保険の適用と業界の競争で費用はだんだん安くなると思われます)
 
 dameo の選択は、遠、近、ではありませんでした。死ぬまでメガネはかけたくない。視力アップより「メガネなし」で暮らせるレベルでよい、というものでした。(お金があれば多焦点レンズを選びます)
 このことはK医院の先生にも相談しました。わがまま言うな、と怒られるかと思ってましたが、「できんことないけどなあ・・」の返事です。一回目の手術当日、準備中に検査担当の看護士が来て「先生(手術する医師)と相談の結果、前例があるので、乱視の矯正はしないという条件で希望に沿う手術をする」との説明。なんのこっちゃねん?と思いましたが説明されてもどうせ理解できないし、ま、ええか、と納得?して手術室へ。(つづく)


閑人帳

閑人帳
02 /01 2021
 

節分「厄除け祈祷」もオンラインで・・嗚呼

 「厄除け観音」として大阪市内で一番集客力の大きい「あびこ観音」がコロナの災いのせいで参拝自粛を呼びかけています。こんなときこそ「厄除け観音」さんの地力発揮してコロナ禍を追い払うべきなのに、あっさり白旗挙げてしまってる感じです。で、お寺へは来ないで、祈祷もオンラインで申し込んで下さいと。なんだかなあ。
 
 ネットで祈祷を申し込むと、約一ヶ月後に「祈祷札」が郵送される。費用にはランクがあって高いのは1万円。こんな素っ気ないやりとりで有り難みを感じるだろうか。お寺まで歩いて行って線香の匂い、烟りの立ちこめる境内に参拝し、順番待って祈祷してもらう。これで祈りや感謝の気持ちが湧き、来年もまた来ようと元気をもらって帰る。・・というのが「お参り」です。厄除け観音さん、コロナ厄に完敗・・は今年きりにしてくださいよ、たのんます。(今年は交通規制もありません)


NK子さんから時節に合った素敵なイラストをいただきました。
節分鬼



閑人帳

閑人帳
01 /27 2021
 

コロナ禍・・dameo の一年前の無責任予想が当たる

 昨年3月29日に掲載した「閑人帳」記事の最後に、dameo の大胆無責任予想として「世界規模でいえば、年末に感染者数1億人、死者300万人」と書きました。東京、大阪の感染者数が一日に50~100人で推移していた、今から思えばずいぶんのどかな時分でした。
 その時点で年末に世界で1億人って数字は口から出任せの無責任な数字でした。しかし、その後は現実がデタラメ数字に追いついてきました。昨日の報道では感染者は1億人に達した。死者も200万人を超えた。約一ヶ月のズレはありますが、当たらずとも遠からず、であります。


 以下は昨年の予想記事の原文です(略)「4月末時点で東京都の感染者数が5000人超(一日平均160人)となれば、おそらく医療の対応が困難になる。感染経路が不明な患者が常に5割を超えるともう「爆発」は防げない。出来たて「特措法」発動です。
  この際、駄目男の大胆無責任予想。世界規模でいえば、今年末までに感染者数1億人、死者数300万人、と勝手に予想します。これが楽観的予想なのか、悲観的予想なのか、どちらとも言いにくい。これくらい大きな犠牲を払ってようやくワクチンが登場する・・う~ん、厳しい」(2020年3月29日掲載)


プチ・ケチの研究

プチ・ケチの研究
01 /23 2021
 

食器用洗剤節約の記録更新したのに・・・

洗剤使用量は前年の半分に
 食器用洗剤を一日どれくらい使ってるか、なんて、みなさん興味はないでせうが、プチ・ケチ研究者dameoはこんなしょーもないことも調べるのであります。方法は簡単、ボトル(商品名 キュキュット)に使用開始日を書いておき、空っぽになった日までの日数を数えるだけです。ひとり暮らしのデータですが、前回に比べ、大巾に節約できました。


 770cc入りのボトル、前回は7ヶ月で消費しました。一ヶ月で110ml、一日では3,7mlでした。同じボトルで今回は13ヶ月使えました。一ヶ月では59ml、一日では2cc、実に5割近くの節約になります。


前回に比べ、こんなに節約できたのは
・前回より節約を意識した。
・健康上の理由からフライパンを使う料理を減らした。
・洗い桶でのつけおき洗いをやめた。


しかし・・自慢できる節約ぶりではなかった
 主にこの三点が節約効果を高めたと思います。「スポンジのサイズを小さくする」という節約方法は前回も実施していました。一日の消費わずか2ml、これは自慢できる節約成果だと思いました。それで、参考のために、日本の都道府県別の食器用洗剤使用量を調べたところ、あちゃちゃ・・、意外と少ないではありませんか。ガッカリです。


・dameo 宅の年間使用量・・・720ml
・全国平均・・・・・・・・・1760ml

2倍以上の差がありますが、全国平均は世帯人員が平均2,2人くらいなので、一人当たりの消費量で見るとほとんど変わりません。(1760÷2,2=800ml)


因みに、全国で一番消費の多いのは神奈川県で2200ml。一番少ないのは鳥取県で1403ml。えらい差があります。大阪府はどうかというと1513ml。順位は42番目、大阪のおばちゃんはdameoと同じくらいのけちん坊でした。洗剤の値段はml入りで278円、これを一年間で消費すれば、一日あたり1円弱になります。


 この数字の差は、食事ごとの洗剤の使用量の多少だけでなく、料理の内容や外食機会の多い、少ない、なども影響していると思われ、無駄遣い、ケチの判断は難しい。使用量最少の鳥取県の人がケチで粗食で外食好きなんてこと、まあないだろうと思ってます。


 ・・というわけで、せっかく一年間ケチを続けてきたのに自慢できる成果はあげられませんでした。しかし、言うまでもなく、環境への負荷を考えると日本中で消費をケチって総量を減らすのが正しい考え方です。洗剤の洗浄力がぐんと高まっているのに、それに気づかず、20年昔の感覚でブチュ~~と放出するのはまちがい、ほんの少しの気遣いで2~3割の節約ができます。

参考情報
https://region-case.com/rank-h29-washing-up-detergent/


洗剤の単純な節約方法はスポンジを小さくすることです。水の量も減らせます。(標準サイズを買ってハサミで半分に切ります)
洗剤ケチ 

アートシーン

アートシーン
01 /22 2021
 

おっさんデザイナーの眼


コレはなにですか?


アートシーン



碁石ですよね!

大人の 99.9%は そう答える

イイエ! 違うんです

孫が 遊びに来て 

碁石を 出せと言う

オオッ! イイね!

先日教えた 五目並べ する?

ジイチャン ジャマ

なにか おとなしく 遊びだした

出来たのが コレ!

01碁石の絵 (2)



小学1年生の 孫娘作

雪だるま

碁石で 囲碁や 五目並べ

先入観など マッタクない

白色と 黒色の 「丸いもの」

何に使うか 自由

白と黒の 画材です

5歳の 孫娘は おもちゃ茶碗に

白色を 入れて はい! ごはん

『子供は 誰でも芸術家だ

問題は 大人になっても

芸術家で いられるかどうかだ』

パブロ・ピカソ

『子供は 誰でも発明家だ

問題は 大人になっても

発明家で いられるかどうかだ』

おっさんデザイナー?

セミナーで エラそうに

「先入観持つな!」と 言い続けているが

孫に いつも 教えられる

老いては 孫に・・・

イヤー! 知識・経験 

ジャマ しますな

************
おっさんデザイナーの眼
kuniharuichi.blogspot.com
************

知識や経験が<dame人間>をつくる
 上の記事はデザイナーIさんのブログを許可を得て引用したものです。小学一年生の孫娘さんのつくった「雪だるま」作品。このアイデアを羨ましく思わない大人はいないでせう。学習で培った知識や経験が自由な発想を妨げている。大人は、より「無能」になるために努力、精進している。

ウオーキング・観光

ウオーキング・観光
01 /14 2021


沢木耕太郎が語る<旅の魅力>論を紹介

 コロナ禍のせいで日本全国旅行禁止みたいな風潮になってしまいました。当面、リアルな旅はしにくいなか、ネットで出会った新潮社のPR記事を紹介します。沢木耕太郎の「旅のつばくろ」刊行に際してのインタビューです。
引用元 https://www.shinchosha.co.jp/book/327521/
***********************************

 つばめのように軽やかに。人生も旅も――。沢木耕太郎、初の国内旅エッセイ

編集者―この作品は、日本国内の、とりわけ北の地方を歩いて書いたエッセイ集ですが、沢木さんの「はじめての旅」をなぞるようなところがあるのが印象的です。十六歳、高校一年生の春休み、国鉄の東北均一周遊券と三千円ほどのお金を持って出かけた旅でした。

沢木 当時ちょっとしたアルバイトをしていて少しお金が貯まっていたんです。それを使って、ザックに毛布を詰めて上野駅から奥羽本線に乗り込みました。でも、長い年月のあいだに、どこをどう歩いたのか、記憶が曖昧になっていたんです。いつかその旅を「再構築」してみたいという気持ちはずっと持っていたんですが、折よくJR東日本の「トランヴェール」という車内誌が、旅のエッセイを書いてくれないかと声をかけてくれました。はじめての旅から五十年以上がたった今、新たに北の土地を歩いてエッセイを書くことで、はじめての旅を再構築できるかもしれないと思いました。十六歳のときの旅が蘇るかもしれない。あるいは全然蘇らないということがわかるかもしれない。はじめての旅の記憶がひとつの層としてあり、そこに新しい旅をして生まれる層を重ねて書いたら面白いんじゃないかと思ったんですね。

司馬遼太郎の旅
――旅を重層的に書くということですか?

沢木 司馬遼太郎さんが『街道をゆく』という一連の作品を書いていますよね。司馬さんの旅というのは、出版社が何もかもお膳立てして、記者や編集者、挿絵画家、その土地に詳しい人なんかがマイクロバスに乗って大勢同行するというものです。それじゃあ旅というよりは「大名行列」じゃないかなんて、ちょっと冷ややかに見ていた(笑)。

 だけどある機会があって、青森を歩いて書かれた『北のまほろば』を読み返してみて、印象が変わったんです。そんな単純な話ではないぞと思って。この作品の一番の表層は、もちろんその大勢の同行者たちと土地を歩いて取材していくというものですが、そのすぐ下に司馬さんが産経新聞の記者だった頃に取材をしたり、会った人々の記憶の層が加わる。青森出身の棟方志功と一度だけ会った時の印象なんかが語られるわけです。さらに作家として生きてきた時間の中で交わった、作家や文化人とのかかわりから生まれてきた記憶の層がある。
 たとえば直木賞の選考委員だった今日出海やその長兄の今東光。二人も青森に縁の深い人で、素敵なお母さんの話が出てくる。そして司馬さんが小説を書くために取材をし、勉強もした、戦国時代から幕末、明治に至る歴史の層がある。最後に「仮説の証明」という層も加わってくる。縄文時代に青森を中心とする北の国に豊かさや美しさがあったという司馬さんの仮説がいろいろな形で明らかになっていく。あるいは自分自身で深く納得していく……。

 『北のまほろば』という作品はこうした五つの層が豊かさを生んでいるんです。それに比べると、僕のこのエッセイ集は、たったの二層にしか過ぎません(笑)。まあ、僕が大学を卒業して、フリーランスのライターとして取材をし、人と出会い、触れ合ったり、付き合ったりしたという層が加わって、かろうじて三層ぐらいになっているかもしれませんが。

――就職した会社を一日で辞めて、フリーランスのライターになり、しかし先が見えないという時期のことも書かれています。永六輔さんや小澤征爾さんに取材したときのエピソードも印象深いですね。沢木さんにもこういう時代があったんだな、と。

沢木 でも、重層性ということでは司馬さんの足元にも及ばない。だから司馬さんには、心の中で密かに「生意気なことを思っていて、申し訳ありませんでした」と謝りました(笑)。

「旅の性善説」

――十六歳のとき、はじめての旅の行き先に東北を選んだのはどうしてだったんですか?

沢木 それはごく単純な話で、東北には長い夜行列車の路線があったから。それに乗ることで宿泊代を浮かせることができるわけです。少年の僕には、一人でどこまで長く旅を続けられるかが大事でしたからね。その旅の前年、つまり中学三年生の時、船に乗って大島まで行って、三原山に登ったんです。途中で親切なお兄さんに出会って、「このテントに一緒に泊まってもいいよ」と言われたんだけど、急に不安になってしまいましてね。どこかで罪を犯した逃亡者じゃないかと下らない妄想をしてしまって、三原山から下りたあと、まっすぐ波止場に戻って船に乗りこんで帰ってきちゃったということがあったんです。「あら、一週間は帰ってこないんじゃなかったの?」なんて、姉たちにからかわれました。よし、今度はちゃんと行くぞと思ったんでしょうね。いま思うと、よく親が出してくれたなと思うけど。

――宿を予約しているでもなく。

沢木 そう、まったく。車中泊と駅のベンチが大半で宿には二泊だけでした。なのに、帰ってきても「ああ、お帰り」というぐらいだった。でもそれが僕にとってはよかったんだろうと思います。あらゆることを任せてくれたということが……。いま思い出すと、僕は特別に早熟な子どもではなかったと思います。平凡な、ごく普通の高校生だった。ただ、一人で何でも決めて、一人で何でもやるということが、ほかの人よりほんの少しだけ早かったかもしれない。一人で何かをするという経験は、その後の僕にとって決定的に重要だったような気がします。

――旅ではいやな思いはしなかったんですか。

沢木 それが全然なかったんです。上野から奥羽本線に乗って、まず最初に秋田県の寒風山に行きました。そのときの僕の旅の基本的な方針は、かっこいい名前のところに行くという、ただそれだけだったもんだから(笑)。寒風山って、かっこいいじゃないですか。それで山から下りて道を歩いていると、トラックが止まって、「あんちゃん、乗んな」って言って乗せてくれた。運転席の前にリンゴが置いてあって、運転手さんが「そのリンゴ、一個持っていきな」と言ってくれました。

 今はみんな、旅をするときにミネラルウォーターをザックに入れて歩くでしょう。昔はミネラルウォーターって高かったので、その代わりに僕はいつでもリンゴを一個用意していました。水分補給できるし、何かあったときにはお腹の足しにもなる。今でも旅していると、ホテルの朝食のュッフェで必ずリンゴを一個失敬して、ザックに入れておきますが、あの旅のあの経験が原点だったんだなあと思います。寒風山のトラックの運転手さんにリンゴをもらう。あるいは北上の駅でベンチで寝ていたら、ホームレス風のおじさんが滑り落ちた毛布を掛け直してくれる。

 僕は「旅における性善説」の信奉者ですが、その十二日間の旅は、そういう親切に満ち満ちていたんです。まさに、旅の神様の「恩寵」に満ちていた。そもそも、最初の、上野からの奥羽本線でも、向かいに座った人にヤクザみたいなおじさんがいて、東京の裁判所から召喚状が来たから行ってきたんだとか意気がっていたんだけれど、僕が何も食べ物を持ってきてないということを知ると、バッグからあんパンを取り出して、「食べな」と言ってくれたりしてね。

長く旅を続ける方法

――そもそも(笑)、少し楽観的でないと、旅って楽しめないのかもしれませんね。

沢木 どちらかと言えば僕は楽天的な人間だと思う。文章を書く人間には向いてないのかもしれないんだけど(笑)。僕だってもちろん過去を回想して文章を書いたりします。けれど、行動においては、過去のことに拘泥するということはあまりないんですね。たとえ、うまくいかないことが起きたとしても、それを面白がるということが、とりわけ旅を続ける上では大事だと思います。家族の者には「一晩眠ると、みんな忘れちゃうだけでしょ」なんて言われるけど(笑)。実は、そうなんです(笑)。旅をしていく中で、それが強化されていったということはあるかもしれません。過ぎたことに拘泥すると前に進めなくなりますからね。旅を続けていくにはフットワークを軽くしたい。だから可能なかぎり荷物を少なくする。それと同じように、生活もできるだけ簡素にしておくと、動きやすくなる。生活を大きくしなければ、無理にお金を稼がなくても済むし、借金もせず、贅沢もせず、軽やかに生きていくことができる。旅も人生も、きっと同じなんでしょうね。

――いつでも旅に出ることができるというのは素敵なことですよね。

沢木 僕はできるだけ予定を入れないで済む人生を歩みたいと思ってこれまで生きてきました。締め切りなんていうものをなるべく抱えないでね(笑)。もちろんたまには雑誌の連載を引き受けたりもするわけだけど、そんなものはその気になれば、全部書いて、編集者に渡しておくことだって可能なわけで、さほど行動を制約されるものでもない。手帳に先の予定が埋まっていないと心配だという人がいるけど、僕はどれだけ手帳を空白にしていられるかということに、人生を懸けてきたようなところがあります。

――長い空白があるとホッとする。

沢木 そう。今年なんか、本当の意味での約束なんて、二つぐらいしかないんじゃないかなぁ。それを除けば手帳は真っ白という感じですね。そういう人生を生きたいと思ってきました。そして、ほぼ、そういう人生を送ることができてきたと思います。

好きなものが一つあれば人生はOK

――若い人たちが旅に出ない、内向的になっていることを嘆く向きがありますが……。

沢木 よくそういうことについて意見を述べよと求められるんだけど、基本的には何も言わないで来ました。これからもたぶん言わないでしょう。誰かに何か偉そうなことを言われるの、やっぱりいやだなと僕は思うから。でも、単純に何かに興味を持てば人は動き出すというところがありますよね。人生にとって一番大事なことって、好きなものを一つ持つということだと思うんですよね。

――そうですね。

沢木 どんなことでもいいから、好きなことを一つ持っていればいい。それは何でもよくて、趣味であったり、あるいは好きな人であったり、ペットだったり、とにかく好きだというものが一つでもあれば、人生は一生、楽しく生きていけると思う。それはきっと巡り巡って、例えば外国に出かけるといったことに結びつく契機になるかもしれない。とにかく好きなものを一つ持てば、人生はそれでOKだと僕は思っています。

――内向的になって、外に向く目が弱くなるということは、好きになる気持ちが弱くなることなのかもしれません。

沢木 外に向かう感情、他者に向かう感情の架け橋がなくなっていくのはあまりよくないことですよね。好きになるということは、関心を持つということで、関心を持つということは、ほとんどもう好きであるということと同じことのはずですから。何かに関心を持ち、何かを好きになるという感情が痩せてしまうと、ちょっと困ったことになるとは思います。

(さわき・こうたろう ライター) 「波」2020年5月号より

                                            ~引用おわり~

sawaki

****************************

閑人帳

閑人帳
01 /09 2021
 

詠み人知らず・・コロナ禍を恋歌に「変異」させた才能に感心

 NKさんからお洒落なコロナ情報が届きました。こんな楽しい変異種なら世間で感染流行大賛成です。LINEで拡散中とのことですが、どなたが創作されたのでせうか。えらい!

    しばらくは 離れて暮らす コとロとナ
             次ぎ会うときは 君と言う字に

下のNKさんのイラスト書を見ると子供でもわかります。日本語でしかつくれない落首(ざれ歌)です。これを読んで思いだしたのは江戸時代末の「泰平の眠りを覚ます上喜撰  たつた四杯で夜も眠れず」という有名なざれ歌。コロナも蒸気船も日本中を怖がらせた災厄ですが、ビビルだけでなく、ユーモアでいなすセンスも健在です。


コロナの替え歌




閑人帳

閑人帳
01 /07 2021
 

NHKニュース 新年<初ドジ>?
 めったに見ないNHK「ニュースウオッチ9」の画面を見てめまいを起こしそうになった。自分以外にもおられたのではないか。 大きなグラフ画像なので分かりやすいのがアダになった。何気にみてグラフの棒の高さと数字が合わない。なんかヘンやな、と思ってるうちに画像が消えた。

 巷にはNHKのアラ探しを趣味にするウオッチャーがいるのか、問題の画像がネットにでていたので、もう一度よく見ると、やはり表示が間違っていた。単純ミスだと思うけど、正月早々みっともない。(1月4日)


棒グラフ 左から二本目の944人より、右端の884人のほうが多く表示されている。もしや、数字を入れ間違えたのかもしれない。右が944人なら棒の高さと合う。
NHK

閑人帳

閑人帳
01 /05 2021


お正月に見たテレビ番組(12月31日~01月03日)


◆奇蹟のピアニスト 辻井伸行 (BS朝日)

 正月ではなく、大晦日の晩でした。この人のライブを聞きたくても大阪では機会がすくなく、チケットが取りにくいので未だに未経験です。2時間の番組は演奏そのものより彼の「成功物語」をたどる内容で、長い曲をフルバージョンで弾いたのはショパンのピアノ協奏曲1番だけでしたが、なかなか味わい深い、成熟味を感じる演奏でした。この曲をナマで聴いた最初の演奏会はもう50年以上昔?・・弾いたのは中村紘子、まだアイドル的人気もあった時代だったから満員御礼の演奏会だった。(フェスティバルホール)


 ショパンのつくるピアノ曲の魅力の一つがメロディに演歌でいうところの「小節」を効かせることで、この1番の協奏曲や夜想曲集などで頻繁に使われる。メロディラインにオタマジャクシ一個分だけ装飾音を加えることでとても艶っぽい旋律になります。そのコツを覚えたショパンは「これで女心をとろけさせたる」と自信をもっていたのでは(笑)。・・いや、これは dameo の勝手な妄想で世間では「なんのこっちゃねん」と笑われる、しょーもない思い込みです。


 協奏曲では、ピアニストは指揮者をチラチラ見てテンポなどを阿吽の呼吸で合わせるのですが、全盲の辻井さんはそれができない。どうするのか。おそらく身辺の空気感で測ってるのではないか。指揮者のタクトが心眼で見えてるのではないか、と想像してしまう。オケとの共同作業なのだから意志疎通は必須です。「見えない」のはこちらの単細胞判断で、実は見えてるのかもしれません。(12月31日)


◆歌舞伎座中継「らくだ」(Eテレ)

 落語ネタをパクッたおなじみの喜劇。役者によって笑いのボリュウムがずいぶん違います。今回は愛之助、左団次、芝翫、ほか。死体役・・不詳。紙屑屋をやった愛之助、熱演だけど笑いをとるチカラは今ひとつ。無難にこなしたという感じ。大家老夫婦はもっとハデに死体を怖がってほしい。アドリブも使えるのだから、正月らしい笑いがほしかった。


◆100分で萩尾望都(Eテレ)

 これが一番面白い番組でした。少女コミックなんて無縁だったから刺激十分です。紹介された作品の一つ「半神」をさっそく図書館で借りました。少女漫画業界については何の知識もないのですが、見終わって気づいたのは萩尾さんって、男性作家なら手塚治虫に該当する資質をもった作家もしれない、ということです。表現は三次元だけど、発想、思想は四次元的世界。そして、コミック=楽しいの概念をハナから無視している。四次元といってもドラえもんのそれとは違う深刻世界です。


 文学界には「純文学」という、なんかよう分からんジャンルがありますが、漫画界でも「純漫画」なるジャンルを認知したらどう?という考えも可能ではと想像します。売れ筋を量産するのではなく、作家の書きたい作品を書く。コミック売り場では売らない作品があってもよいとおもうのですが。例えば、池田理代子センセの伝記作品シリーズのグレードアップ版みたいな作品。(そんな作品、すでにあるかも知れません)


 優れた原作があり、ジブリのような優れた制作スタッフとの共同作業で、さらに日本のアニメ作品のレベルが上がる。これで外貨を稼ぐ・・おいおい金儲けの話かい? まあ、半分はそれを目指してもよいかと。 あの独裁者、ヒトラーを描いた漫画があるのだから、と言い訳を用意して、中国の文化大革命~天安門事件のドキュメントを漫画仕立てにした作品あればええのに、とまた妄想が湧きました。(出演はヤマザキマリ、夢枕獏、中条昇平、カズレーザー他とインタビューで著者当人)



古墳カラー


◆英雄たちの選択SP (NHKーBS)

 「古代人のココロに迫る」というテーマで、縄文時代から古墳時代に至る一万年以上のあいだに原日本人は何を考えて生きて来たのか、を想像します。未だに謎だらけの縄文文化は土器などのユニークなデザインから当時の死生観、民族継承の智恵、などを思い測る。弥生時代後期には「日本で最初に書かれた文字」なる資料も紹介されて興味津々です。

 
 面白い土偶のデザインを見ると、縄文時代も現代も美意識や表現力についてはほとんど変わっていないのではと思うくらいです。裸婦とか、土偶の人物像をキャンバスに描けばピカソの作品になりますからね。一昨年だったか、京都の国博で土偶の現物をみたときは、そのデザインのかっこよさに圧倒されてしまった。縄文人に負けてるやんか、が正直な感想です。

 
 脳科学者の中野信子センセの独自の見解も楽しい。日本列島では一万年昔から大規模な内乱がなかったとされる。集落の規模が大きくなり、人口が増えると、食糧問題などで争いが起きるのが常識だけど、少なくとも遺跡調査ではそんな争いは起きなかったと。殺し合って得る利益と、折り合いをつけて損害を小さくすること、そんへんの案配を智恵で解決する術を心得ていたのではないか。むろん、島国で単一民族に近い構成だったのも幸いした。


 後世、神話時代になって英雄は存在しても敵を皆殺しという征服はしなかった。神武天皇東征の話なんか、進む道すがら、あちこちで「折り合い」つけまくりです。そんな日本人のDNA、今も残っています。 福岡県の王塚古墳のカラフルな彩色空間。誰がこんなアイデアを出したのだろう。一番見たい古墳はどれか、と言われたら断然、ここへ行きたい。(出演 荒俣宏 中野信子 ほか)

カラー古墳




お知らせ・ニュース

お知らせ・ニュース
01 /04 2021



お知らせ・・・

再度、看板のかけ替えのお知らせです。
2021年1月4日より「浪花閑人帳」に変更しました。
URLは変わりません。

 dameo

■10年続けた<快道ウオーキング>を改題しました。
■《手づくり本》の研究は、大事なことは紙に記録しようという、アナログ爺のレジスタンスです。お問い合わせは【拍手ボタン】押してコメント欄からどうぞ。内容は非公開です。
■下記のカテゴリーが趣味をあらわしています。
■ニックネームはdameo(丸出駄目男)です。
■1939年大阪生まれ